挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
とんでもスキルで異世界放浪メシ 作者:江口 連
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

35/391

第三十四話 スイと異世界ゴミ

今日は33話と34話更新です。
感想で水玉金魚さんが食材を食べたら分かると書いておられて、それもそうだと思いました。これからのスイのレベルアップにもつながる話なので、はっきりさせておいた方がいいと思いこのお話を急遽書きました。
 スイのレベルアップの検証をするためにスライムを探していたのだが、ふと思った。
 食材かそうじゃないかの違いでレベルが上がるのかってことなら、普通に食材食わせてみれば分かるはずなんじゃねぇのってな。
 いやー異世界のゴミばかり食わせてたから、こんな単純なこと見逃してたよ。
 バカだよなぁ。
 考えてみたらスイはどら焼き普通に食ってたよ。
 何でも食っちゃう雑食なんだから当然だわな。
 あんときに気付いてれば良かったんだけど、普通過ぎてスルーしてたぜ。
 そういうことなので、スイの検証のために今日の食事はスイの分も作ることにした。
 いつも食ってもらってる異世界のゴミは保管しておいて、明日食ってもらうことにしよう。
 まずは食材を食う前のスイの鑑定をしておく。


 【 名 前 】 スイ
 【 年 齢 】 8日
 【 種 族 】 ベビースライム
 【 レベル 】 10
 【 体 力 】 28
 【 魔 力 】 27
 【 攻撃力 】 25
 【 防御力 】 28
 【 俊敏性 】 27
 【 スキル 】 -----


 スイってばもうレベル10じゃんか。
 ステータス自体はまだまだ弱っちいけど、レベル上がるの早すぎだぜ。
 これが食後にどうなるかだよな。
 食後のお楽しみだな。


 今日は、米に良く合うものを仕込んでいたからそれを料理しようと思う。
 作るのは豚の味噌焼き丼だ。
 昨日のうちにオークの肉を仕込んでいたのだ。
 オークの肉を厚めに切って味が染み込むようにフォークで少し刺しておく。
 味噌、酒、みりん、砂糖で味噌ダレを作ったら、ジッパーのついたビニール袋にオークの肉を入れて味噌ダレを入れてあとは味が染み込むまで置いておく。
 ちなみにこのタレにお好みでおろしニンニクとかおろし生姜を入れても美味いぞ。
 アイテムボックスに入れてあるから時間経過はしてないけど、アイテムボックスに入れる前に仕込んで2時間くらい置いてあったからちゃんと味も染み込んでると思うぞ。
 肉を焼く前に飯を炊いておかねばな。
 いつものように土鍋で炊いていく。
 そしてこれが大事。
 肉の下に敷くキャベツだ。
 これがあるとこってりした味噌味をさっぱり仕上げてくれるのだ。
 キャベツは千切りに。
 たまに太いのがあるのはご愛嬌だな。
 メインのオークの肉をフライパンで焼いていく。
 味噌は焦げやすいから注意だ。
 米が炊けたら丼によそって、その上に千切りのキャベツを敷いていく。
 そして食べやすいように切ったオーク肉の味噌焼きを乗せて完成だ。
 フェル用には丼じゃなく深めの皿に用意した。
 「フェル、スイ、飯だぞ」
 『おお、これは食欲をそそる匂いだな』
 食欲をそそるって、フェルはいつだって食欲湧きまくりだろ。
 いつものごとくフェルはガツガツ食い始める。
 「スイも今日はこれ食っていいぞ。ただこの器は食ったらダメだからな」
 そう言うとスイはプルプル震えたあと丼を取り込んでいった。
 それでは俺もと食い始める。
 相変わらずオーク肉美味いぜ。
 どうしてあれがこんなに美味いのか、まったく異世界の不思議だな。
 味噌もいい感じに染み込んで美味い。
 肉でキャベツと米を巻いて食うと最高。
 『おかわりだ。肉を多めにしてくれ』
 はいはいって、やっぱ肉なんだな。
 フェルのおかわり豚の味噌焼き丼(肉多め)を作って渡す。
 スイももっと食べたそうにしてたから、スイにもおかわりを作ってやった。
 味噌焼きはフェルにもスイにも好評のようだ。
 味噌ダレにおろしニンニクやおろし生姜を入れたり、砂糖の代わりにはちみつ使ったり、塩麹を入れるのもおいしくなるみたいだから、今度また作ってみよう。
 今回はオーク肉を厚めに切ったけど薄切りで試しても美味しそうだな。
 よし、また味噌ダレで仕込んでおこう。
 さてと、食材だけ食ったスイのステータスはどうなってるかな?
 満足そうにポヨポヨ揺れているスイを鑑定してみる。


 【 名 前 】 スイ
 【 年 齢 】 8日
 【 種 族 】 ベビースライム
 【 レベル 】 10
 【 体 力 】 28(+1)
 【 魔 力 】 27
 【 攻撃力 】 25
 【 防御力 】 28(+1)
 【 俊敏性 】 27
 【 スキル 】 -----


 おっ、プラスが付いてる。
 ということは、食材が時間制でステータス値を上げて、食材じゃないものはレベルが上がるってことか。
 でも、これって誰得?
 そもそも食材以外を体内に取り入れることができるのってスライムくらいじゃね?
 ってことはスライム得?
 スライムだけレベル上げ放題って、なんじゃそれ。
 よくわかんない仕組みだよなぁ。
 そもそもが異世界のものだから、仕組みとか何とかじゃなくこっちの世界きたらそうなっちゃいましたってなことなのかもしれないけどさ。
 まぁ、何にしろスイだけは簡単にレベル上げできちゃうってことだな。
 今はまだ弱っちいけど、異世界のゴミをたんと食べてどんどんレベル上げしていってほしいよな。
 そんでフェルとともに俺の安全に貢献できるようになってちょうだい。
 安全第一、これ大事。




+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ