挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
とんでもスキルで異世界放浪メシ 作者:江口 連
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

146/391

第百三十七話 ポークチャップバーガー

今日は137話と138話更新です。
 フェルもドラちゃんもスイも起きて飯を待っている。
 飯を食ったらいよいよボス部屋突入だ。
 昨日のテンペストのみなさんの状況を見たり話を聞いたら、不安が無いと言えば嘘になる。
 だけど、今は腹を空かせたみんなに飯を用意するのが先決だな。
 今日は何にしようか……。
 朝から揚げ物は却下だろ、うーん、ポークチャップでいいか。
 俺はポークチャップサンドにするつもりだけど、みんなはどうするかな?
 聞いてみたら、フェルは肉だけがいいってことだから皿にポークチャップを山盛りにして出してあげた。
 ドラちゃんとスイはパンに挟んでポークチャップサンドがいいってことだから作っていく。
 丸い黒パンを水平に切ったら、下の黒パンの上に千切りキャベツを挟んでその上にポークチャップを乗せて、ポークチャップサンドの出来上がりだ。
 これはポークチャップサンドっていうよりポークチャップバーガーか。
 それをとりえあず5個ずつ作ってドラちゃんとスイに。
 ドラちゃんは器用に前足で持ってかぶりついてるよ。
『この少し酸味のある味付けの肉が美味いなー』
『ホントだね。美味しいね~』
 ドラちゃんもスイもポークチャップバーガー気に入ってもらえたようだ。
 さて俺も食おうかと思ったところでフェルの『おかわり』が。
 フェルの皿にまた山盛りポークチャップを盛ってやったよ。
 フェルは肉だけがいいっていうからポークチャップだけだけど、ガツガツ食ってる。
 本当に肉好きだねぇ。
 さて、おれも食うぞ。
 ガブリ。
 黒パンとキャベツとポークチャップって案外合うね。
 やっぱこのケチャップベースのたれが美味い。
 それに黒パンが噛み応えあるからこれ1つで十分腹一杯になりそだってのもいいね。
 もう一口と、ポークチャップバーガーにかぶりつこうとすると熱い視線を感じた。
 視線の先を見ると……。
「「「「「「ゴクリ」」」」」」 
 テンペストのみなさんが俺をというか、ポークチャップバーガーを凝視していた。
 えーっと、何か食いにくいんだけども……。
「ダンジョンの中で食い物がどれだけ大事のもんかは分かってる。だが、もし、もしも余裕があるなら……代金は払うから、俺たちにもそれを分けてくれないか?」
 テンペストのリーダーの男がそう言った。
「それはいいですけど……」
「そ、そうかっ。ありがたい。それで代金はいくらになる?」
 そうなんだよ、代金払うって言われてもいくらにしたらいいだろう。
 銅貨5枚くらいか?
 いや、バーガー1個で銅貨5枚は高いかなぁ?
「ダンジョンの中ってことを考えて、銀貨1枚でどうだろう?」
「え?」
「やはり銀貨1枚では安すぎるか……では」
「い、いえいえっ、ぎ、銀貨1枚でいいです」
 安すぎるとかじゃなくって、バーガー1個で銀貨1枚って言うもんだから驚いてたんだけど。
「それじゃ、すまんがこれで6人分お願いする」
 リーダーの男がメンバーから銀貨1枚ずつ徴収して、銀貨6枚渡してきた。
 いいのかなぁ、バーガー1個で銀貨1枚もとっちゃって。
 うーん、あ、そうだコーヒー飲もうと思ってお湯をアイテムボックスにしまってあるし、確かインスタントのコンソメスープがあったから、それをおまけでつけてやろう。
 それでもちょっと高過ぎるような気もするけど、そこはダンジョンの中ってことでいいかな。
 6人分のポークチャップバーガーとインスタントのコンソメスープを作ってテンペストのみんなに出してやった。
 もちろんコンソメスープは見えないようにこっそり作ったよ。
「ああ、ウメェ……」
「ダンジョンの中で温かいもんが食えるって最高だな」
「今までは固いパンか塩辛い干し肉だけだったんですもの……。それに比べたら天と地の差だわ」
「確かに。ダンジョンに潜ってて何が1番辛いかって聞かれれば、食いもんだもんな……」
「久しぶりにまともなものを食べた気がするわ」
「やっぱアイテムボックス持ちはいいな。ダンジョンの中でこんな美味いもん食えるのは羨ましいぜ」
 テンペストのメンバーはポークチャップバーガーを食いながら、そんなことを口々にしている。
 見えちゃいけないものが見えていたダミアンさんも、すっかり元気になったみたいで、がっつりポークチャップバーガー食ってるよ。
 回復早いな。
 というか、うちのスイちゃんが作ったスイ特製上級ポーションの効果がすごいのかもしんないけど。
『おかわりをくれ』
『あるじー、おかわり』
 あ、フェルとスイのおかわりだ。
 ってもうポークチャップなくなっちゃったぜ。
「あー、さっきのポークチャップはなくなっちゃったから、牛丼ね」
『何でもいいから、早くしろ』
『あるじが作ったのはみんな美味しいから何でもいいよー』
 フェルとスイにブラッディホーンブルの牛丼特盛りをだしてやる。
 牛丼特盛りを2度ほどおかわりして、フェルもスイもようやく腹いっぱいになったようだ。
「それじゃ、世話になったな。俺たちは地上に戻るとするよ」
 いえいえ、こちらこそ。
 ダンジョン内でなぜか小遣い稼ぎが出来ちゃったよ。
「お気をつけて」
 そう言うと「あんたもな」と言ってテンペストのみんなが去っていった。
『おい、我らも行くぞ』
 い、いよいよか。
 フェルの声を合図に、俺たちは22階層のボス部屋へと向かった。




+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ