挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
僕の部屋の押し入れは異世界ダンジョンへの通路。能力を獲得し、復讐を。 作者:蘭能圭斗
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

2/2

第1話始まりのスキル

出すのが遅くなってしまい申し訳ございません
<(_ _)><(_ _)><(_ _)>
なかなか時間が無く出すことが出来なくて
ですが、明日から二日に1度は更新しようと思っているので

よろしければ感想、ブックマーク等よろしくお願いします(o´艸`)
「え、ここって、なんで?」
僕は昨日までただの物入れだったはずの
押し入れの中が洞窟になっていることに
驚いていた…

ヒュォォオーー

洞窟の中を風が通る音がする。

ペタ ペタ ペタ

僕は一度引き返そうと思って後ろを向いたら
あったはずの扉が無くなっていたので
仕方がなく歩いてみた

「ここ、ほんとになんなんだろ…」

僕は少しニコニコしながら考えていた。
ここが怖いとかそんなことは思わなかった。
なぜならあの、嫌なところに居なくてもいいってこと。
正直、もういっそ、帰りたくない。
とまで思っていた。


そしてかなりの時間を歩いたと思う。

裸足で歩いていたからそこらじゅうぼこぼこの地面は痛い
足が限界に近ずいていた。

「っ…痛いな、何かないかな」

僕は周りを見渡してみたが
当たり前のように何も無い、ただ一本道が続いている。
やっと今頃になって少し怖くなってきた

「お母さん………」
僕は少し涙目になってまた少しずつ歩き始めていた

ペタ ペタ ペタ ペタ

洞窟の中は気温が低く水滴が落ちてくるほど。
次第に体は冷えだし体が小刻みに震えだした。

「寒い…寒いよ…」

僕はもう耐えきれなくなりその場に倒れ込んだ

「はぁ…はぁ…はぁ」

次第に視界がぼやけて来た、
そろそろやばい、と自覚した

(もう…僕ダメなのかな…)
そう思った瞬間

ドッ ドッ ドッ

何かが近ずいてくる足音が聞こえる
その足音は人のものではないとスグにわかった。
その足音はいおうな重さがあり
ビリビリと足音がするたび体に伝わる

「へへへ、いるじゃねぇか、いるじゃねぇか、いつもここにいんだよなぁ、死に際の人間前回は逃がしちまったからなぁ」
ジュルル

ものすごい低い声で話すそいつは
よだれを垂らしながらこっちにちかずいてくる

(なんだ…なんだよ)
僕は精一杯目を開いて見てみると
そこには身長はおよそ3メートル位あるであろう
牙が鋭く手には太い棍棒をもった大男がいた。

僕はそいつを昔見たことがあった。

あれは数年前僕が幼稚園生だった頃

ある日僕はお母さんと一緒に帰ってきて
お母さんがご飯を作りに台所に行き
僕は人形で遊んでいたんだ
そしたら、押し入れの隙間が少し開いており
その幅は丁度幼稚園生がピッタリ入れるぐらいの

そこに僕は入ったんだ。

そうだ、
「あの時も僕はここに来たことがあったんだ」
あの時はどうやって逃げれたのかは
覚えていない。

僕がそんなことを考えている間にも大男は近ずいてくる

ドッ ドッ

「一撃入れてグチャグチャにして食うか、」
「ひっ…」
大男はそう言って棍棒を振り上げる
ヒュォ

僕は恐怖と寒さで動けず、目をつぶった

(まだ死にたくない!だれか!)

僕がそう思い大男が棍棒を振り下ろした時だった

ガシュッ

「ぐぁぁあ…いてぇいてぇ、」
大男はうめきだす、ぼくはなにがなんだか分からず少しだけ目を開いた
するとぼやーと明るいものが見えた
僕は目を出来るだけ開いてよく見てみた

!?

「なに…」
僕の前にいたのは大男ではなく
松明を口に咥え、角が生えていて、鋭い牙を持った
「狼…?」

「誰が!狼だ!」
いきなりこっちを向き怒鳴ってきた
「うわっ…ていうか、狼が…喋った…」

「だから!狼じゃない!私の名はベイレフトウルフ高ランクの幻獣だ」

「え、その、ベイ…?ベーコンウルフ??」
よく聞こえなかったから僕がそういうと
「ベーコンじゃない!豚じゃないわ!ベイレフトウルフ!だ!」
また怒鳴られてしまった

「その、ベイレフトウルフ?ってなんで喋れるの?」
僕はそう尋ねるとベイレフトウルフは僕の方に来て松明を渡してきた

「話は後で、一旦このラーズゴブリンを倒してからだ」

突然のことで驚いており
そういえばすっかり大男ことラーズゴブリンの存在を忘れていた

「この、てめぇ、てめぇか!前もそいつを逃がしたのは!」

ラーズゴブリンは血相をかえ頭に血が登っている

よく見ると腕が片方しかない、もう片方は切断面から血がダラダラと出てきている

(多分あのベイレ…狼さんが掻っ切ったのかな?)
と思っていたら
ラーズゴブリンが動き出した

ラーズゴブリンはベイレフトウルフ目掛けて棍棒を振るう
スドォン

それを軽々と飛びかわすベイレフトウルフ
そのまま鋭い牙が伸びゴブリンの首元に噛みつき
勝負はついた

ズズゥゥウン

シュタ

倒せて満足したのかベイレフトウルフは尻尾を振りながら僕の方に近ずいてきた

「あの…ありがとう、ベイ…ベイレフトウルフさん」
「会うのは二度目だな涼」
ベイレフトウルフは僕の名前を呼び
これ出会うのが二回目だという
だけど僕はあったことも無いしましてや名前を言った記憶もなかった。

「????」
僕が不思議そうにしているとベイレフトウルフが振っていた尻尾がピタリと止まり尻尾がシュン
となった

「覚えていないのか、涼、あの数年前のことを、涼が初めてここに来たとき、俺はここで重度な傷を負いもうダメだと思っていたんだ、その時に涼が俺の前に現れて俺の頭をニコニコしながら撫でてくれたじゃないか、その後に何故か俺の体は回復した、」
ベイレフトウルフは僕が幼稚園生の時に
一度ここに来た時の話をした、
僕は少しのことしか覚えていなかったから
そんな事があったんだと思った。

「そうなんだ…僕そんなことしたんだ」
「そうだ、それでその後涼はどこかに歩いていったからゆっくり後ろから着いて行ったらこいつ、ラーズゴブリンがいて今回と同じようなぬ涼を襲おうとした、」

「その時、助けてくれたんだね?」
僕がそういうとベイレフトウルフはこくんと頷いた
「そして、その後涼の居たところを見るともう居なくなっていてそれから俺はずっとまた涼に会えるかと思いここで待っていたんだ、」

「そっか…ありがとう、」
僕はそう言ってベイレフトウルフの頭を撫でた

…!?

ベイレフトウルフは少し驚いた顔をして
また再び尻尾を振りだした

「あと、ひとつ言いたいことがあるんだ」
ベイレフトウルフはそう言って僕の方を見た

「なに…?」
「涼には恐らくあの時から思っていたんだが
回復スキルか、回復魔法を持っているんじゃないか?あの時、俺を治したのは間違いなくそれだと思う」

僕は突然のことで驚いた
だって僕に回復させたりしたりすることが出来る能力があると言われたから、そしてそう言えば昔から擦りむいたり血が出てきたりした時は治るのが早かった、

そしていきなりベイレフトウルフは自分の牙で前足ををかんだ

「!?いきなり何してるの!?」
僕が慌ててそういうとベイレフトウルフは前足を僕に向けた

「この傷を治してみてくれ、そしたら本当かどうかわかる」

「え、でも、やり方なんて」
僕がそういうとベイレフトウルフは
「あの時の涼は俺の傷の場所に手をかざしてた」

僕はそう言われたので、何となく手をベイレフトウルフの前足にかざした

シュウウウウ

体の中から何かが出ていっているような感覚が伝わり
ベイレフトウルフの前足をよく見ると完璧に完治していた

「ほんとうだ…」

「本当だったな」
ベイレフトウルフは尻尾をフリフリして僕に言った




こうして僕は回復スキルを手に入れた。
ここまで見ていただきありがとうございます!
よろしければもう一作
『突然始まる異世界チート生活』
という題名で出させていただいているので
そちらも見ていただけたら嬉しいです

ですが、一話目は在り来りなトラックに主人公が轢かれそして異世界に
という感じなのでよくあるパターンなのですが
読んでいって頂ければ自分的には良くなってきていると思っています(´・ ・`)
バトルシーンも結構いれているので
よろしければ(o´艸`)
まだまだ初心者ですので至らない点があるかもしれませんがよろしくお願いします<(_ _)>

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

クラスごと集団転移しましたが、一番強い俺は最弱ランクの商人に偽装しました。

 召喚の度にステータスを引き継いで「強くてニューゲーム」状態を繰り返していた俺。今回はクラス全員を巻き込んでの勇者大召喚。面倒な勇者なんてしたくないのでステータ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全167部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/09/06 00:01
スキルトレーサー

両親が亡くなった4歳の頃から人間国宝の祖父の下で古武術を学び、日本にいながらも戦いや殺す技術を学んだ。 そろそろ高校卒業となったある日、「異世界から無理矢理呼び//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全111部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/04/05 08:09
生産多めの戦闘少なめでお願いします

ある日突然、妹にVRMMOゲームに誘われる若葉。なんでもポーション類をつくる人が足りないらしい。根気がいる地味なスキルらしいが、お姉ちゃんならきっと好きなはずと//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全26部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/09/21 14:13
逆成長チートで世界最強! ~勇者も魔王もただの村人の俺には敵わない~

※ヒーロー文庫から第2巻が7月31日に発売されます! 魔物がはびこり、農民ですら鍬を手に戦わねばならなくなった時代。15才になった者は女神と契約し、特別な加//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全128部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/22 16:28
必中の投擲士 〜石ころ投げて聖女様助けたった!〜

幼い頃から、遊びでずっと投げ続けた石ころ。 それはいつしか技術として極まり、強力なスキルとなった。 少年が投擲すれば百発百中。 届く範囲なら、小さな虫にだって当//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全89部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/06 20:06
俺だけ超天才錬金術師 迷宮都市でゆるーく冒険+才能チートに腹黒生活

 転生者アレクサントは7つにして生前の記憶に目覚めた。その後すぐに旅商人の父親が他界し契約農夫にまで落ちぶれる。だが彼の才能はやたらに要領が良く腹黒いところにあ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全294部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/22 22:11
魔眼と弾丸を使って異世界をぶち抜く!

銃好きの本城アタル、社会人三年目の彼はひょんなことからその命を失ってしまった。 目覚めた先で待つのは神。神が求めるのは異世界に一石を投じること。 それを好き//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全205部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/18 11:00
レベルリセッター ~クリスと迷宮の秘密~

痛みで目を覚ました時、まだ五歳になったばかりの少年は、たくさんの物事を考えられるようになっていた。 頭に痛みが走る度、少年には不思議なことが起こるようになり、そ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全67部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/09/13 20:00
白き呪殺士は魔王と嗤う~忌み子から成り上がる革命劇~

辺境の村の少年、ファルマは、拾われ子であった。 白い髪を持っていたため忌み子として扱われており、村の住民からは疫病神扱いされている。 成長し、15歳となったフ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全33部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/01/28 21:02
異世界薬局

研究一筋だった日本の若き薬学者は、過労死をして中世ヨーロッパ風異世界に転生してしまう。 高名な宮廷薬師を父に持つ十歳の薬師見習いの少年として転生した彼は、疾患透//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全96部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/09/22 12:00
マジック・メイカー -異世界魔法の作り方-

三十歳にもなりながら魔法を使いたいと思っていた男は不意に死んでしまい、目覚めると異世界に転生していた。シオンと名付けられた彼は、異世界ならば魔法もあるだろうと期//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全114部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/22 18:00
MidgardOnline~錬金術を極めるもの~

 榊原圭(さかきばら けい)は世界初のフルダイブ型VRゲーム「MidgardOnline(ミズガルズオンライン)」通称MOを手に入れてプレイを開始した。  プレ//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全30部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/03 12:00
チート能力でステータスの差を埋めました。

ある日突然学年ごと異世界に勇者として召喚されてしまった渡部優太。 与えられたステータスは平均以下。絶望を覚えた優太だったが固有スキルがチートだった。固有スキル//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全29部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/11 12:15
運は剣より強し! ハルの気ままな生産生活

リアルラックの高い主人公ハルが、ゲームの中でも【幸運】極振りで気ままに楽しむお話です。

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全25部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/09/18 10:30
人喰い転移者の異世界復讐譚 ~無能はスキル『捕食』で成り上がる~

 『捕食』――それは他者を喰らい、能力を奪うスキル。クラス転移に巻き込まれた白詰 岬は、凄惨ないじめで全てを奪われ、異世界召喚の失敗で性別すら奪われ、挙句の果て//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全100部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/09/06 12:06
転生したら竜に食べられた?! ~胃の中で強くなった俺は旅に出る~

 前世の記憶を持ちながら平民の三男『レイ』として赤ん坊に転生した浩太は、いつかは冒険者になり、様々な冒険をしたいという夢を持っていたが生まれてすぐに村を襲ってき//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全170部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/15 22:00
グリモワール・オンライン

新世代型インターフェイス『アライン』の発売が、VR世界の扉を開いた。 医療、商業、教育と様々な新しいシステムが形成される中、娯楽を求める者たちも静かに行動を開始//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全114部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/12/11 20:56
捨てられた勇者は魔王となりて死に戻る(旧題:捨てられた勇者の英雄譚)

ある日、桂木大地を含むクラスメイトたちは気がつけば異世界にいた。異世界転移させた神は自分の力を分け与えて、勇者である大地たちに魔王を倒してほしいと言う。 しか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全88部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/22 23:24
幻界のクロスオーバー

「あなたが見ているものをわたしも見たい」ゲーム大好き!でもVRは初めての女子高生結名が、「攻略がすべてではないけれど、攻略できないとつまらない」と攻略最前線で戦//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全280部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/23 00:05
サモナーさんが行く

リハビリがてらで。 説明を碌に読まずにゲーム始める人っていますか? 私はそんな傾向が強いです。 βテストを終え本スタートを開始したVRMMOに参加した主人公。 //

  • VRゲーム〔SF〕
  • 完結済(全1280部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/12/11 00:00
裏切られた俺と魔紋の奴隷の異世界冒険譚

親友だと思っていた相手に裏切られ、怒りを抱えたまま死んだと思っていた主人公の神野力(カンノリキ)。 目を開けると知らない世界。 元親友の裏切りに対する怒りを抱え//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全168部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 07:00
Different world

ただのアラサー独身女がひょんなことからVRMMOをすることになって…

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全25部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/18 14:01
VRMMOはウサギマフラーとともに。

■離島からやってきた少年、因幡白兎(いなばはくと)は、とある令嬢誘拐事件を防いだお礼としてVRMMO『デモンズワールド・オンライン』を手に入れる。 その幼い令嬢//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全93部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/09/07 20:47
創生の魔術師は理不尽なんかに屈しない〜とりあえずチートを駆使して世界最強になる〜

九条 冬夜は幼き日に交通事故で父親を亡くした。そして時は流れ、十六歳。冬夜は高校生になり、不幸なことに通り魔事件に巻き込まれ母親と共に自身も死んでしまうーーその//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全14部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/06/11 20:17
地龍のダンジョン奮闘記!

 目が覚めると地龍に転生していた主人公。  まあ、成ってしまったものは仕方が無いと地龍生活を謳歌するが、ある時主人公は自分が人間たちにとって極上の素材であること//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全269部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/01 19:00
LIBERTY WORLD ONLINE

『LIBERTY WORLD ONLINE』通称 LWO は五感をリアルに再現し、自由にゲームの世界を歩き回ることができる体感型VRMMMORPGである。雨宮麻//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全29部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/23 00:00
製造業者の邪眼工房 ー異世界でもモノづくりライフー

製造業に転職し、ようやく己の人生に希望を持ち始めたある男。 だが通勤途中に交通事故にあって命を落としてしまう。 嘆く間もなく、謎の場所で謎の男の手によって異世界//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全75部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 23:07
最下位職から最強まで成り上がる~地道な努力はチートでした~

凡人がコツコツと努力を重ねて世界最強へ。 辺境の村で幼なじみだったルークとリリ。 2人はスキルと天職を天啓される『祝福の儀』を受けたが、最高位の職業をもらった//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全96部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/18 12:00
魔物使いでチート野郎!!

魔物使いである3作目の作者の作品です。 今までの魔物使いの2作の作品のいいところ取りをしたかのような、無茶苦茶な話しとなるでしょう。 テンプレありますよ。ですけ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全154部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/05/03 18:00
ゲート・オブ・アミティリシア・オンライン

VRMMORPG『ゲート・オブ・アミティリシア・オンライン』 五感を刺激するというファンタジー系仮想現実世界に、リアルにない未知の味を求めて参加した狩野拳児。ア//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全155部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/11 20:13
マギ・マテリアル・ワールド

人見知りする系主人公、七星零。 彼は最新ゲーム『マギ・マテリアル・ワールド』の中で友達を作り、楽しい冒険者生活を送れるのか!? カッコよくて可愛くて、ちょっ//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全16部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/07/08 01:19
World Seeds Online

2084年 会社で食事をしていた主人公西藤克己は 発売間近のゲーム〈World Seeds Online〉をやろうと後輩から誘われた。 無数に広がる可能性を楽//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全63部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/11 07:00
転生少年の成長記 〜努力すればするほど強くなれる⁉︎〜

普通の学生だった桂木 隼人は、学校の帰り道に交通事故に遭い亡くなった。 その時女性を助けた事によって、転生神と名乗る女神に新しい世界に転生させてもらう事になる。//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全340部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/09/11 07:54
強欲の花 ~クラスごと勇者召喚された結果がこれだよ!~

自称普通の高校生如月誠一はいつも通り学校に来ると突然神と名乗る男にクラスごと異世界に転移される。ゲームのようなステータスやスキルに戸惑うクラスメイトが送られた先//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全128部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/11/22 02:00
NO FATIGUE 24時間戦える男の転生譚

ゲーセンから出たところで通り魔事件に出くわした主人公は、女子高生を助けようとして通り魔ともみ合いになり、通り魔を刺殺してしまう。主人公はそこに折悪しく現れた警官//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全185部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/09/24 06:00
金貸し魔剣王のギルド日誌

VRMMORPG『Masters' World』では、種族を鍛冶妖精<ドワーフ>、職業を古代魔法使い<エンシェントメイジ>とし、【魔剣職人】と呼ばれ、数多のトッ//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全53部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/10 20:00
↑ページトップへ