挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
殴りマジ?いいえ、ゼロ距離魔法使いです。 作者:夢・風魔

バーション1.01【始まり】

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

85/103

85:マジ、地雷を踏む。

 合成剤の材料を命懸けで確保して晩飯ログアウト。
 今夜のおかずは『豚のしょうが焼き』と『中華風春雨』。かき込みながら、夜は何をするか考える。
 新エリアにでも行くかなぁ。
 いや、ダンジョンもいいな。装備も整えなきゃいけないし、素材のドロップ狙って行ってみるか。
 それに、ダンジョンといえばボスだろ?
 運良く見つけられて、運良く装備をドロップしたら万々歳だ。

 とりあえず防御力やHPの補強の為に、12装備のコートを今のズボンに合成しておかなきゃな。
 まぁ……上半身裸族なのは変わらないけど。





『お帰りなさいませ、彗星マジック様』
「十一時半に連絡をくれ」
『畏まりました。本日二十一時より、港町クロイツ西海岸にてイベントが開催されます。是非ご参加くださいませ』

 へぇ、公式イベントか。
 せっかくだし行ってみようかな。
 って事は遠出出来ないな。
 ダンジョンは明日にして……あ、トリトンさんに合成屋の事を伝えておこう。





 ログインして早速トリトンさんに会いに行く。

「あ!ピリカの勇者さまだ〜」
「おう。元気か?」
「うん。勇者さまに会えたから、今日は何時もより元気だよ」

 くぅ、嬉しい事言ってくれるなぁ。
 シンフォニアといい、ぷぅといい、ピリカの爪の垢でも飲ませたいぜ。

 お父さんを呼んで欲しいとピリカに頼むと、すぐに呼びに行ってくれる。
 程なくして出てきたトリトンさんに、合成屋がダークエルフを騙していた事、その件でダークエルフと商業組合が手を組んだ事などを説明した。

「えぇ、その話は耳にしております。やはり汚い手を使っていたのですね。まったく、何も変わらない人だ」

 なんかいろいろ訳有りっぽいな。
 それを聞いたら、またイベントにでも発展しそうだ。
 今は何も聞かず、公式イベントまで時間を潰そう。

 で、せっせと合成剤の材料集めをするわけで……。さらに調合を頼みにブリュンヒルデを訪ねる。

「沢山作ったですのに、もうなくなったですの!?」
「あぁ。ちょっとな」

 かくかくしかじかで、ぷぅのせいで合成団子を配布しなきゃならなくなったと伝える。
 すると彼女がシンキングタイムに突入した。

 動きだしたブリュンヒルデは、

「じゃあ、ペットフードの合成依頼はお断りしておくですの」
「は?えっと、なんで」
「だって、その方がマジックさんの儲けに繋がりますの」

 そんな事で気を使わなくたっていいのに。寧ろ俺の代わりにやってくれと思うんですが。
 まぁ技能のレベル上げと思えばいいんだけど。
 実際、ペットフードの合成で、技能レベルは12まであがっている。
 一度に百回以上やったもんな。
 けど何度もとなると、材料集めに追われてしまう。
 合成剤も持参にして貰うかな。

「出来たですの。――考えてごとですの?」
「あぁ。他の戦闘技能も習得したいし、合成剤の材料集めばかりもしてられないなぁと思って」

 取引要請で受け取った合成剤は百五十個。これだとピッピ友の会メンバー全員に十袋ずつぐらいか。
 ぷぅの分も必要だし、セシリアにも分けてやらなきゃな。
 やっぱ合成剤は持参してもらおう。

「戦闘技能ですか。何を学びたいですの?」
「水属性とか?他は――」

 重力操作とか欲しいな。
 隕石召喚!とか。
 あ……

「なぁブリュンヒルデ。俺に召喚魔法、教えてくれないか?」

 あるじゃん!
 重力操作じゃなくても、隕石召喚メテオ使う方法が!
 あとはブリュンヒルデが頷いてくれたら……。
 フラグ用お使いクエ、ばっちこい!
 大賢者で鍛えられたからな。何度でもやってやるぜ。

 さぁ!

「いいですの」
「よっしゃ!お使い内容は――え?」

 今、何と仰いましたか?

「召喚魔法、教えてあげるですの」

 大賢者より優秀な講師見つけた!?





「まずはこの本を読むですの。全部しっかり読むですのよ」

 ……どこから出したこの本。人を殴り殺せそうなほど分厚いじゃないか。

 大賢者は杖で額をこ突くだけで技能を伝授させていたが、ブリュンヒルデはそうはいかないようだ。
 なんか普通に勉強させられそうな予感。

 本を受け取り、ページを捲ろうとしたところでシステム音が鳴る。

『イベント開催までそちらの時間にして、後三十分です』

 お。なら勉強は後にして……

「ちょっと用事があって、そっちに行かなきゃならないんだけど」
「はいですの。いつでも来てくださいの。その本はお渡ししておくですから、しっかり読むですのよ」
「お、おぅ。サンキュー」

 借りれるのは助かる。
 けどまさか、テストがあるとかいわないよな?





 海岸に到着すると、突然アナウンスが鳴り響いた。

《まもなく港町クロイツ西海岸にて、『第一回ナンバーワン称号決定戦』が開催されます。露店商必見の、客寄せ効果抜群間違いなし!》

 お、このイベントで勝つと称号が貰えるのか。
 アナウンスの内容からして、生産系の人に良さそうだが。
 俺には関係なさそうだな。

《最も人気のあった方に付与される称号となっております。客側としての参加もお待ちしております》

 あ、なるほどね。
 イベントを盛り上げるために、客参加のプレイヤーも必要なわけか。
 オッケー。貢献しようじゃないか。

「あ、彗星君だ。え?なに、なんで半裸なん?」

 聞き慣れた声に振り返ると、夢乃さんが居た。
 しまった。合成でコートが消失したとは言いにくい。

「彗星君……」
「う……ゆ、夢乃さん、実はこれには――」
「彗星君も目覚めたんやね!!」

 はい~?
 い、いったい俺が何に目覚めたってんだ。いや、何に目覚めたと思っているんだこの人は!?
 にっこにこ顔で「じゃあ次からは性能重視の装備作るけんね」と言う。
 それ自体は嬉しいんだが、何を勘違いされているのかだけは不安で仕方が無い。

「おっす、マジ。っぷ。なんで裸族なんだよ」
「ようドドン。馬鹿には見えないだろうが、ちゃんとコートは着ているんだぞ」
「おおお! 見える。見るぞ俺には!!」

 どんなのが見えてるんだよ。

 この二人がイベント会場に居るってことは、やっぱ参加者側なのかな?
 尋ねると、夢乃さんは頷き、ドドンは首を振った。

「マジ、お前さ、ナンバーワンホストの称号持ってただろ?」
「ああ。あのキラッキラな奴な」
「その称号、今でも持ってるん?」

 夢乃さんに言われてステータスを確認すると……無くなってる!!

「ヒャッハー! あの恥ずかしい称号が消えて無くなったぜぇ~っ」
「その称号の争奪戦なんだよ、このイベント」
「女の子には『ナンバーワンスマイル』っていう称号が付与されるみたいなんよ。効果は、たぶん同じなんじゃないかな」

 たぶんってことは、まだ確認されていない称号なんだろう。
 なるほど、生産職にとっては客寄せ効果があるんだし、ありがたい……いや、あれが有り難いか?
 なんかキラッキラして見世物になってるだけだと思うんだが。

「俺はさ、ドワーフだし、あの少女漫画みたいなキラキラはちょっと、なぁ?」
「あ、ああ。そうだな。なんかキモぃっていうか、ガチムチのホモ臭くなりそうだな」
「んだ……」

 ガチムチドワーフが背中に薔薇背負ってキラキラしてる姿なんか……うぉえ。想像するもんじゃないな。

 じゃあドドンは何をしに来たのか。
 客側?

「いや、どさくさ紛れに自作宣伝」
「私の露店で共同出品するんよ。私はポーションと布装備とアクセサリーを並べるんだけど、やっぱり前衛系装備もあったほうが品揃え豊富に見えるけんね」
「あぁ、なるほど。そういやバイト機能もあったんだっけ。結局露店って店番は何人までやれるんだ?」
「え? 彗星君もお店やりたいの!?」

 うん。どうやら俺は地雷を踏んだようだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ