挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。

着ぐるみパジャマ女子と中年騎士団長シリーズ

美形騎士副団長は、おっぱいに焦がれる。

短編、着ぐるみパジャマ女子と中年騎士団長シリーズの三作目です。
前作2話を読んでからの方が、楽しめると思います。
 別に行きたくて行った訳ではない遠征。
 そして、ついでとばかりに王都で諸々の用事を済ませてきた。
 団長からは遊びに行くんだろうと揶揄されたけど、そうじゃない。そうじゃないんだ。

(アンタ(団長)が原因なんだよ!!)

 と、言えたらどんなに楽だろうと、馬上で小さくため息を吐く自分を、通りすがりのお嬢さん熱い視線を送ってくるのに気づき、私は笑顔で手を振る。

「相変わらず副団長はモテますねぇ」

「そういうのではないと、お前は知っているだろう」

「はは、そうですけど、言いたくなるんですよ」

 部下の一人の言葉に、思わず私は顔をしかめる。この行動はあくまでも騎士団好感度アップの一環なのだ。
 筋肉過多で無表情美形な団長と、穏やかで物腰柔らかく美形な副団長という具合に、騎士団のトップである私と団長はバランスをとっている。そうでなければ一般の方々に受け入れてもらえないのだ。
 さらに、辺境とはいえ他国と隣接している国境を守る我々第五騎士団は、国内トップクラスの力を持つ王都の近衛騎士団に並ぶ花形でもある。国の武力の象徴、そして騎士団の広告塔も担っている。
 まぁ、とにかく目立つ存在なのだ。
 そもそも、今の上司が元近衛騎士団所属だったというのは有名な話であり、王族の一人に不敬なことをして飛ばされたというのも有名な話だ。
 不敬とは何ぞやと聞きたい人も多いだろう。まぁ、いずれ話す時が来るのかもしれない。

「やれやれ、上司に恵まれているのかいないのか……」

「団長は素晴らしいですよね」

「ああ、素晴らしいな。剣に限っては、だが」

 私は大きくため息を吐く。
 ハッキリ言おう。私が騎士になったのは、近衛騎士だった団長に憧れていたからだ。
 誰にも負けない剣の強さと、鍛え抜かれたその身体。多くの人々が彼を賞賛し、その渦中の人は驕ることなく粛々と任務を遂行する『騎士の鑑』であり、その美しく整った顔立ちは『国の至宝』とまで言われる程だった。

(それが、辺境に来てからあっという間に成長してしまった……)

 王宮ではなかなか出来なかった肉体を鍛える事を、辺境に来てから毎日続けていた団長は、かつての面影は消えてしまった。
 代わりに得たものと言えば、そう、『筋肉』である。
 私は団長に比べると細身だ。それでも一般の兵士や騎士に比べれば大柄な方になる。
 それが団長ときたら、どんな鍛え方で何故そうなったと聞きたくなるような、鍛え抜かれ過ぎた肉体を持っている。そして本人は「これで面倒がなくなった」と満足気なのが、私はすごく腹立たしい。

「まぁ、今の団長は団長で、尊敬はしている。もう少し書類仕事をこなしてくれればだがな」

 戻ってから山のようになっているであろう、書類仕事をやることを考えると頭痛がしてくる。
 しかしその懸案事項は、良い方向にも悪い方向にも裏切られることとなる。

「戻ったのか副団長。ご苦労だった」

「は、あの……」

「お前が不在の間、書類は決裁しておいた」

「ええ、それはありがたいのですが、その……」

「そこにある三つの木箱に、急ぐもの、締切は先のもの、不備があって返却するものとなっている。不備のあるのを確認しておいてくれ」

「いや、だから、団長……」

「では、俺は茶の時間を取るぞ」

「団長! 書類仕事の片付けっぷりはともかく! この生き物はなんですか!!」

 そこには何と表現すればよいのか分からないが、特出すべきは『モフモフ』な外見だ。触っていなくとも分かる謎の素材を使った皮を身に纏っているのは人なのか魔物なのか。
 私の声に驚いたのか、その生き物がフードのようになっている皮をめくって顔を見せてきた。
 何ということだろう。
 そこに現れたのは、さらりとした黒髪と神秘的な黒目を持つ儚げな愛らしい少女だった。
 思わず息をのんで黙り込む私に向かい、あどけなく首を傾げる少女。じわりと鼻の奥が熱くなるのが分かる。

「貴女は……うわっ!!」

 山が動いたかのような筋肉に視界が塞がれる。仰け反りつつ見上げると、今まで見た事もないくらい不機嫌な顔をした団長が私を見下ろしていた。

「だ、団長?」

「見るな」

「え?」

「これを見るな」

「あ、はい。分かりました」

「良い。帰還の挨拶は受けた。今日はもう休め」

「はい、あ、ありがとうございます」

 その大きく逞ましい胸筋をピクピクと動かし、少女を私の視界から外すように立っている団長。その可憐な少女に団長という組み合わせはどうかと思うが、私の力では団長に敵わないだろう事は分かっている。
 そして私の中で芽生えようとした気持ちも、気づかなかった事にしようと思う。なにせ団長の色恋沙汰なぞ聞いた事はない。これはきっと……。

「では、失礼します」

「ああ」

 数秒で騎士である私の精神を立ち直させると、いつもと同じように美しい姿勢を意識しつつ一礼する。執務室から出る時に、団長の胸元に顔を擦り寄せる少女と、それを受けて蕩けるような表情になる団長が見えた。
 静かにドアを閉め、知らず笑顔を浮かべている自分に気づいた。

「団長は見つけたのですね。羨ましいです」

 よく分からない存在の少女だが、団長が見ているのだから何も問題はない。ただ一つ。

「あの少女、団長の身体を弄りながら、匂いを嗅いでいたな……」

 やはりあの素晴らしく盛り上がった筋肉なのか。あの胸筋に顔を埋めるのが夢だと女性達が語っていたが、それは本当だったのか。そうなのか。チクショウ。
 まぁあの少女は幸せそうだし団長は嬉しそうだった。少女が行き過ぎた行動をしていたとしても、団長にとってそれは些細なことだろう。

 私は待たせている自分の部下に声をかける。
 取り急ぎ『団長に関する注意事項』を改訂させるべく、帰還早々脳をフル回転させる私だった。





お読みいただき、ありがとうございます。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ