挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

PARADE:2042 - 第四の乙女

作者:志室幸太郎
「ミヒロ」
「なんですか?」
「あれ見てみろ」

 ミヒロはライフルのスコープから一度目を離して、隣にいた優男を見る。ケイというその男の指さす先で、土煙が上がっているのが見えた。

 VRMMORPGオムニス。SFとファンタジー、二つの世界が存在するこのオンラインゲームの中心には、緩衝地帯と呼ばれる広大な領域があった。
 緩衝地帯は当初こそ緑の広がる平原だったが、いつからか“アーティファクト”と呼ばれるアイテムで溢れかえるようになった。ボールや靴のような小さなものから、巨大な戦艦や城のようなものまで、その姿は様々だ。
 それらがひしめき合う緩衝地帯は、今や混沌を絵に描いたような様相だった。

 ケイとミヒロの二人は、朽ち果てた高層ビルの十二階にいた。
 ミヒロは窓から突き出すようにスナイパーライフルを構え、スコープ越しに緩衝地帯を覗いている。隣にいるケイは双眼鏡で。

「なんですか、あれ」
「“パレード”だ」
「“パレード”? わっ」

 ケイがミヒロのスコープの倍率を操作すると、緩衝地帯を移動する土煙の中心がはっきりと見えた。

「……人?」

 土煙の中心には、黒いローブを頭まで被った“人のような何か”がいた。
 ミヒロが人であることを疑ったのは仕方がないことだった。
 その人のような何かは、緩衝地帯を埋めているガラクタを、両手で持った大剣で切り飛ばしながら疾走していた。
 小さなガラクタだけではない。郵便ポスト。車。戦闘機の残骸。時に建築物の壁すら叩き壊しながら、まっすぐに緩衝地帯を進む。
 そして、無数のプレイヤーがそれを追って走っていた。

「パレードって言いました?」
「ああ。正確な名前はわかっていないんだが、見てみろよ。パレードみたいだろ? だからみんなあいつをパレードと呼んでる」

 ミヒロがスコープで見ている状況は、とてもパレードのような華やかなものには見えなかった。
 パレードを追うプレイヤーたちは時折隙を見て攻撃をしかけるが、まるで背後に目でもついているかのように適宜振り返り、機械的なデザインの大剣を振り回して弾き返している。

「あの、なんであの人たちはパレードを追ってるんですか?」
「ディガーにとっちゃあいつは自然災害みたいなもんなんだ。どんなに希少なアーティファクトであろうと真っ二つにしていくからな。だからあいつには膨大な懸賞金がかかってる」
「け、懸賞金……」

 ミヒロは今まさに、ライフルのスコープでパレードを捉えていた。射程距離も問題はない。

「撃ってみるか? いいぞ。ここは緩衝地帯だ。不意打ちくらい日常茶飯事だからな」

 許可を得て、ミヒロは教えてもらったように初弾を装填し、引き金に指をかける。
 射撃管制システムはあえて切ってあった。ミヒロは自分の感覚を頼りにパレードの進行方向を先読みして照準を合わせ、ゆっくり息を吐いた。
 晴れた昼の緩衝地帯に、乾いた破裂音が響き渡る。
 ミヒロのスコープの中で、パレードが振った大剣が火花を散らした。

「は、弾かれた……!?」

 ミヒロは思わずスコープから目を離す。肉眼で見ても、土煙は未だに移動を続けていた。

「もしかしてNPCですか?」
「そう思いたくなる気持ちもわかるが、どうやらイーオン側のプレイヤーらしい」
「嘘でしょ……」
「一度だけ、パレードがショウタイム中に現れたことがあった。偶然なのかイーオン側に加勢したかったのかはわからない。とにかくあいつはアエラに向かってまっすぐに進んだ。どんな攻撃があいつを襲っても、絶対に止まることはなかった。
 他のプレイヤーはあいつの後ろを付いていくだけでいい。……さながら、第四のラインの乙女だな」

 ケイは双眼鏡を目から離し、立ち上がった。

「射撃の腕もなかなか悪くない。銃をメインにするか?」
「……いえ、次は格闘を練習してみます」

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ