挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界ギルド飯 ~最強メシでまったりスローライフ~ 作者:白石 新
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

71/75

魔王とおでんと自衛隊 その5

「順を追って話をさせてくれ」
「……うむ」
「女神からの転生特典ってのを知っているか?」
「転生者の中には、生まれ変わる際に女神からの特殊なスキルを与えられる場合があるという話じゃな」
「ご先祖さん……女性だったらしいんだが、日本で死ぬときにトラック事故で子供を一人助けたみたいなんだよな。トラック転生の場合は子供を助けるとポイントが高いらしい」
「ふむ。我にはよくわからん世界じゃが」
 お約束っつーんだが、それをコーネリアに説明しても始まらない。
「それで、ご先祖さんは望むスキルを何でも一つもらえることになった」
「……それで?」
「でも、彼女は冒険者稼業にも国盗りにも魔王退治にも何の興味もなかったんだ」
「もったいないのう。どのようなスキルでも一つもらえるのであれば……富も名誉も思いのままじゃろうに」
「ああ。俺もそう思う。料理学校の卒業と共に彼女は死亡したんだ。ただ、彼女は料理を作って誰かを笑顔にしたかった。そして彼女が選んだのが……食材のネット通販のスキルだ」
「ネット通販じゃと?」
「そうだ。スマートフォンをあっちの世界に持ち込んで、いつでも日本の食材を取り寄せる事ができるようになったんだ」
 しばしコーネリアは押し黙る。
「なるほどの。それがあの店の仕入れの秘密……か。しかし、どうしてこの世界ではお前様のご先祖の実父が生きておるのじゃ?」
「だからそこはちょっと待てって。で、日本の食材やらスパイスや調味料が手に入って、そうしてウチの店は始まったんだ。でも、ご先祖様はどうしても元の世界に戻りかったみてえでな」
「そりゃあ生まれ育った国や実家は大切なものじゃからな」
「違うんだよ。ご先祖様は味の探求に熱心な人だったんだ。年老いた彼女は子供たちに技術を伝播した。でも、彼女は思ったんだ。自分の伝えた技術も時の流れの中で少しずつ失われていくんじゃないか……ってな」
「ふむ……」
「それで彼女は持てるコネの全てを使って帰り道を探して、死ぬ間際に発見したんだ。なあ、コーネリア? 俺たちの店ってのは……実は特殊な場所なんだぜ?」
「日替わりで別々の場所に空間を歪めてつながる……か。なるほど、そういうことか」
「そういうことだ」
「あの店自体が……帰り道ということか」
「その通りだ。色んなギルドの地下だけじゃなくて、この世界にも定期的につながるんだよ」
 そうして俺はマスターに視線を向ける。
「で、あっちとこっちでは時の流れが違うみたいなんだよな。まあ、おかげで定期的に俺たちの一族はマスターから色々教えてもらえるんだけどさ」
 ちょうどここまで話したところで、俺とコーネリアは同時にカレーを食べ終えた。
 二人とも手を合わせて「ごちそうさま」との言葉と共に席を立った。
「美味かったです……また来ます。お勘定をお願いします」
「はは、勘定なんて受け取れる訳がない。君は優子の子孫なのだろう? だったら私の身内だ。後、今度は包丁も持参で来ると良いよ」
 俺は再度ペコリと頭を下げる。
「はい。勉強せさてもらいに……必ず来ます」
 遠い目をしてマスターは切ない表情を作った。
「しかし、何世代経たっても変わらないね君たちは」
「……え?」
「優子に目元が良く似ている。生意気そうなところがそっくりだ」
 その言葉でコーネリアが噴き出した。
「ふふ、目元だけではなく、本当にこの男は生意気じゃぞ?」
「そりゃあ良い。料理人は反骨心も大事だからね」
 ところで……とマスターは俺にウインクをしてきた。
「しかし、この子も身内になるのかい?」
「身内っていうと?」
「この店に君たちが来るのは一つの世代でせいぜいが10日程度だよね。女連れや男連れで現れる場合はほとんど……婚約者の場合なんだよ」
 その言葉でコーネリアは瞬時に顔を真っ赤にした。
「そうなのか? 我はお前様の妻になるのか? いや、改まってこんな話もされとるし、実は我もひょーーっとしたらそういう流れになるかもーとか……全く思っておらんこともなかった。そもそも我もまんざらでもないし……とか色々と考えたりしちゃっておっての」
 コーネリアの言葉は無視して、俺は苦笑いと共にマスターに応じた。
「俺はまだ結婚とか全然考えてないんで」
 ズコっとその場でコーネリアはコケそうになった。
「しかし、今回はえらく急ぐね。どこか寄るところがあるのかい?」
「富士ですよ」
「富士かい? そりゃあまたどうして?」
「陸上自衛隊の富士総合火力演習自衛隊ですよ、それをこいつに見させようと思いまして……ね」
 そこでマスターは全てを察したように肩をすくめた。
「優子が戻ってきた時に『私の子孫の面倒見てください!』って言われた時はとんでもなく面を食らったが、今では月替わりに訪れる孫たちに囲まれている気分だ」
「毎度毎度、忙しくさせてしまって申し訳ないです」
「いいや、私もそれなりに楽しんでいるんだよ。ここは君たちの家でもあるんだから、これからも気軽に帰っておいで」
 そうして俺は、本日何度目か分からないが、やはり――ペコリと頭を下げた。

1月15日ころ書籍2巻発売です。ネット書店さんでも予約開始しているようです。
よろしくお願いします。
書籍用の書き下ろしエピソード【姫騎士とオーク】もありますのでお願いします。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ