挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

桜ノ樹

作者:絆菜
 私には、憧れの先輩がいた。

 校門には、白い看板が立てかけられていた。そこには、毛筆で書かれたような黒く太い文字で「卒業式」と書かれている。
 その横を抜けると、左手前に大きな桜の木が一本、そびえ立っていた。この木は、歴史のあるこの高校に、創立当時からあるという。
 これは、私が初めてこの高校に来たときから、とても印象に残っていたものだ。校門のそばに、一本だけ、堂々と立っているその桜の木は、この学校の歴史を物語っているようだった。初めて見たときは、思わず見とれてしまって、しばらくそこで立ち止まって眺めていたほどだ。私の入学式のときに満開に咲いていた桜の木は、それこそ凛としていて、誇らしげだった。
 その入学式で、体育館の場所が分からなくて、この木の下で立ち往生していたとき、その場にいた生徒らしき男の人に、案内してもらったことを、ふと思い出した。

「体育館は、この桜の木の先を真っ直ぐ行けばあるんだ。そう覚えておくと分かりやすいよ」

 誰だったのかは今でも分からないままだが、その言葉だけは、やけに私の心に残っていた。
 そんなことを思い出しながら、私は桜の木の下を通り抜けて、体育館へと足を進める。
 今日は、お世話になった先輩たちの卒業式。私の憧れの先輩とも、今日でお別れなのだ。
 登校してきた他の生徒たちが、そろって体育館に向かっていく。体育館が見えると、入り口には生徒たちが群がっていた。
 私も、その流れに乗って、体育館へと足を踏み入れた。


  ***


 先輩と知り合ったのは、桜が満開の時期を少しだけ過ぎたときだった。
 私は昔から、親や兄がやっていた影響で、バスケが好きだ。テレビでやっている試合を見たり、兄が出ている試合によく見に行ったりしていたから、ルールもすぐに覚えてしまった。たまに兄に教わりながら、バスケをやったりもした。
 それで、もっとバスケをやりたくて、中学では迷わずバスケ部に入部した。しかし、なかなか上達しなかった。元々、運動神経が良いわけではなかったということもあったが、思ったよりも練習がきつく、周りにもすぐに抜かされて、メンバー入りもできなかった。だから、自分には才能がないのだと思って、二年生になる前に辞めてしまった。
 それでも、バスケが好きなのに変わりはなかった。見ているのも楽しいが、それだけでは物足りない。どうにかしてバスケに関わりたい、と思っていたとき、兄に、バスケ部のマネージャーを勧められた。プレーはできなくても、バスケに詳しい私なら、マネージャーに向いている、と兄に助言されて、高校で、バスケ部のマネージャーとして入部をした。
 そこで、先輩と出会ったのだ。
 その先輩は、部長だったわけでもなかったし、部員不足でメンバーにギリギリ入っているような、周りから見たら、上手いわけでもなく、かといって下手でもないような人だった。
 でも、私には、その先輩が、誰よりも上手いと感じていた。
 なぜかは分からない。尊敬している兄に、動きなどが似ているからかもしれない。
 引っ込み思案で、周りからもおとなしい子だと見られている私は、なかなか部員に話しかけることができなかった。その影響もあり、最初は、先輩と関わることもほとんどなかった。強いて言うなら、入部してから、部員全員とメールアドレスの交換をしたときに、一言二言交わした程度だ。
だから、私は、そんな先輩を、毎日、近くで眺めているだけだった。


 ***


 自分の席についてしばらくして、式が始まった。
 卒業生の入場のアナウンスで、体育館の入り口から、制服をきっちりと着こなした卒業生たちが入場してきた。私たち在校生は拍手で迎える。
 数少ないバスケ部の先輩たちも、次々と入場してきた。最後のクラスの入場のとき、憧れの先輩の姿を見つけて、思わず目で追ってしまった。着席するのを見届ける。
 拍手が止み、開会の言葉が始まろうとしていた。


  ***


 そんな先輩と関わり始めたのは、桜の木の葉が濃い緑色となっていたときだ。桜の木は、涼しい風が吹き抜けると、葉がカサカサと音をたてて揺れていた。
 マネージャーを始めてから四ヶ月が経ったのにも関わらず、私はマネージャーとしての仕事を未だに果たせていなかった。プレーをしないから、ルールは分かっているから、とマネージャーを甘く見ていた部分があったのかもしれない。
 マネージャーは思ったよりも大変で、毎日の練習の準備や後片付けでは、毎回手間取ってしまって顧問に叱られ、部員たちのサポートもままならない。ルール以外にも、覚えることはたくさんあって、正直ついていけていない。
それは、三年生の先輩が引退し、マネージャーが私一人になったことで、さらに明るみになった。それまでは、三年生のマネージャーの先輩が、私を引っ張っていってくれていて、何とかやれていた。しかし、いざ一人になってみると、今までのことが嘘だったかのように、何もできなくなっていた。
 私が、部内で迷惑をかけているのは明白だったのだ。
 夏休みが明けて直後、私は、顧問にその事実をはっきりと告げられ、いつもよりもひどく叱られた。その日はお説教で時間が潰れて、部活にも出られなかった。
 私には、見ていることしかできないのだろうか。何をやっても上手くいかない私には、マネージャーなんか向いていなかったのだろうか。今の私は、ただの邪魔者でしかないのだろうか……。
 バスケは好きだけれど、やっぱり辞めた方がいいのかもしれない。でも、それだと、中途半端に諦めた、中学のときと同じだ。
 そんな考えをループさせたまま、学校を出ようとしたとき、ふと、桜の木に目が止まった。自然と足が止まる。
 この桜の木は、どんなに大きな台風や地震が来ても、倒れることなく、今日までしっかりと立っている。
花を咲かせ、すぐに散る。しばらくすると濃緑の葉をつけ、それが色を変えて散っても、次には、新しい小さな葉とつぼみをつけて、再びたくさんの花を咲かせる――。それをこの桜の木は、諦めずに毎年続けているのだ。満開の花を咲かせるという、短い期間のためだけに。
 桜の木は、本当に堂々としていて、凛々しくて、自信に満ち溢れている。
 それに比べて、私は、上手くいかないとすぐに諦めて、何もできないと否定的になる。自分に自信を持つこともできない。
 急に涙が出た。近くを通る、部活を終えて帰っていく生徒たちに見られたくなくて、私はとっさに桜の木の陰に隠れた。
 一度出た涙は止まらない。溢れる涙と共に、嗚咽も漏れた。必死に止めようとしても、涙は意思に反してどんどんと溢れていく。

「川瀬さん?」

 突然、近くで私の名を呼ぶ声がした。一瞬のうちに涙が止まる。
 聞き慣れた、夏休み前までは毎日聞いていた声だ。

「相沢先輩……」

 顔を上げると、そこには、私がずっと眺めていた先輩の姿があった。

「どうしたの? こんなところで……。何かあったの?」

 先輩は私の顔を心配そうに覗き込む。それに私の涙はまたこぼれた。
 先輩の顔が焦りに変わる。泣いている私を見て、先輩は、あたふたとしながら、「川瀬さん?」と再び私の名を口にした。

「……す、すみま、せん……」

 泣いたまま喋ったせいで、声が途切れ途切れになった。

「……俺で良かったら、話聞くよ? まぁ、聞くだけしかできないかもしれないけど……。それでいいなら」

 先輩は、私の隣で、大きな木の幹に寄りかかる。先輩の視線は、そらされることなく私に向けられていた。
 気づいたら、私は全てを話していた。いつの間にか涙は止まっていて、先輩の反応すらも見ないまま、ただただ自分の心境を打ち明けていた。
我に返ったのは、話し終えたあとだった。

「ごめんなさい……勝手に喋っちゃって」

 謝ると、先輩は、私に優しく笑いかけた。

「ううん、いいよ。……川瀬さんがこんなに喋ってるの、初めて見た」
「普段はこんな事、他の人には言わないので……」
「そっか」

 先輩が、視線を私から暗くなった空に移した。

「分かるよ、その気持ち。俺もそういうこと、あったからさ」
「え……?」
「俺、中学のときは帰宅部だったんだよね。高校でも部活入る気なかったんだけど、佐竹に誘われて」
「佐竹先輩に?」
「そ。俺と佐竹、同じ中学で、その頃から結構仲良かったんだ。佐竹は中学のときもバスケ部で、そのときから上手かったらしいよ」

 佐竹先輩は、バスケ部の副部長で、一年生の頃からメンバーに入ることもあったと聞いている。佐竹先輩の実力や、相沢先輩と佐竹先輩の仲の良さに、そんな理由があるとは知らなかった。

「それで、まぁ入ってみたはいいけど、佐竹も含めて周り皆上手くって。てか、俺以外、全員中学からの経験者だったんだよね。そりゃあ上手いわけだよ」

 先輩が苦笑する。
 私は、先輩の横顔を黙って見つめた。

「元々、バスケは好きだったし、それなりのルールも知ってたから、何とかやれたんだよね。そのときは、自分がメンバーに入ることはまずないと思ってたから、純粋にバスケを楽しんでたっていうか……。言っちゃえば、本気でバスケに向かおうとしてなくて、本気でバスケをやろうとしなかったんだ。……だから、練習もおろそかにしてた部分があった」

 先輩の声のトーンが少し落ち、真剣な顔つきになった。夜空から目を離す。その目は真正面の何かをじっと見つめていた。

「だけど、続けていくうちに、周りの同級生たちがメンバー入りするようになって。それ見てると、だんだんうらやましくなっていってさ……。すごい悔しくて。自分も試合に出たい……ってやっとやる気になったけど、スイッチ入ったのが遅すぎたんだよね。なかなか周りに追いつけなかった」

 先輩はそこで、ふう、と小さく息をはいた。

「挫折しかけたよ。今からじゃ遅いのか……って。辞めようかとも考えて、かなり悩んだ」
「……でも、辞めなかったんですよね?」
「そりゃそうだよ。辞めてたら、俺、今ここにいないから」

 先輩が、私を見て苦笑した。

「で、ですよね。……すみません」
「何で謝るの。面白いこと言うよね、川瀬さん」
「え?」

 先輩の苦笑は、私を面白がっているような表情に変わっていた。

「……先輩、私のこと馬鹿にしてます?」

 思わず冷めた声が出てしまった。
 すると、先輩はまた表情を変えて、慌てて弁明し始めた。

「ご、ごめん、そういうわけじゃなくて! 川瀬さんがあまりにも突拍子なこと聞いてきたから、つい……」

 確かに私は、分かりきっていることを聞いたし、先輩に対して失礼なことを言ってしまったかもしれない。
 でも、とっさに出た言葉がそれだった。

「まあ、いいですけど……」

 先輩も、すぐに表情変えて面白いのになぁ、と心の中で笑いながら、私は話を戻した。

「それで、どうして辞めなかったんですか?」
「決まってるじゃん。バスケが好きだからだよ」

 私の問いに、先輩は真顔で間髪入れずに答えた。

「上手く言えないけどさ、バスケ部に入って、バスケ始めたら、いつの間にかバスケをすることが当たり前みたくなってて。バスケ部入ってなかったら、こんなにバスケを好きになることはなかっただろうし、メンバー入って試合に出たい、って思うことはなかったと思うんだよね。……だから辞めなかった」
「それだけで?」
「それだけ……って、どういうこと? 今のも立派な理由だと俺は思ってるけど」

 確かに、立派な理由かもしれない。
 でも、私には、それ以上に考えてしまうことがあった。

「私は、それよりも、部に迷惑をかけ続けるのが嫌だと思ってしまいます。熱意だけじゃどうにもならないと思って。……中学でバスケ部を辞めたのも、そう思ったからかもしれない」

 バスケへの熱意は人一倍あっても、実力がついてこなければ意味がない。部にとって邪魔者でしかない。
 そんな考えが、私の中にあった。
 意外なことに、先輩はそれにうなずいた。

「そう。やる気があるだけじゃ何もできないし、何も進歩しない。……だから、俺はひたすら練習した」
「え?」
「部活終わってからも残って自主練したし、休みの日も必ず練習した。そうでもしないと、追いつけないと思ったから」

 大変だったなぁ、と先輩はつぶやく。

「佐竹にもたびたび練習付き合ってもらったし、先生にも教えてもらって。とにかく練習した。やる気を練習に向けたっていうか。……初めて試合に出たときは、すごく気持ちよかった」

 先輩は、再び夜空を見上げた。

「そっか……私……」

 努力してなかった。
 何もできないから、と決めつけていた。そうやって決めつけて、努力することから逃げていた。努力しても、実力がついてこなかったら、と恐れていた。

「川瀬さん」

 先輩の声が頭上から降ってきた。
 見上げると、先輩は優しい笑みを私に向けていた。

「努力は報われる、ってよく言うでしょ。その通りだと思う。努力することを止めたら、何も変わらないけど、努力すれば、何か変わるかもしれない」
「……変われますかね、私……」
「大丈夫。川瀬さんならできるよ」

 やけに自信満々そうに言う先輩に、私はくすっと笑ってしまった。

「え、ちょっと川瀬さん、何で笑ってんの? 俺、今おかしなこと言った?」
「いえ、違います。……気にしないでください」

 先輩の言葉に根拠なんてなかったけれど、先輩が言っていたからか、何となく、できそうな気がしてきた。

「先輩、ありがとうございました。私、もっと頑張ってみます。迷惑かけないように、努力します」

 バスケが好きだから。
 先輩くらい、バスケに打ち込めるようになりたい。

「うん。……これからも、何かあったら相談していいからね」
「え?」

 思わぬ言葉に、私はまじまじと先輩を見つめた。

「引退はしたけど、一応先輩なわけだし。後輩が困ってたら、力になりたいしね。……もっと頼っていいからさ」

 先輩の言葉に、気が楽になった気がした。

「ありがとうございます、相沢先輩」

 桜の木の上の夜空には、いくつかの星が輝いていた。


  ***


 卒業証書の授与が始まった。
 部長として部をまとめていた先輩。試合ではいつもゴールを決めていた先輩。パス回しが上手かった先輩。そして、佐竹先輩。
 バスケ部の先輩たちが、壇上で次々と卒業証書を受け取っていく。

「相沢遥人」

 やがて、相沢先輩の名が呼ばれた。
 はい、とよく通る声で返事をした先輩は、壇上の中央へと真っ直ぐ歩いていく。校長から証書を受け取り、深く頭を下げて、先輩は壇上から下りていった。
 その姿を、また見えなくなるまで見送っていると、私の知っている名前が聞こえた。

「小谷チカ」

 バスケ部のマネージャーだった先輩だ。
 チカ先輩には、たくさんのことを教えてもらったし、私にも親切で、いつもにこにこと話しかけてくれた。
 でも、私とは真反対で、誰とでもすぐに仲良くなって、サバサバしていた。茶髪で、化粧もしていて、見た目も私より派手だった。
 それでも、私はチカ先輩を尊敬していた。相沢先輩と同じくらい。
 私なんかとは比べ物にならないくらい、てきぱきと仕事をこなしているチカ先輩は、本当に頼りになる先輩だった。私の分の仕事も手伝ってくれたし、私が顧問に怒られたときも、励ましてくれた。
 けれど、チカ先輩を尊敬している反面、私は、あることを聞いてから、チカ先輩に不信感のようなものを抱くようになっていた。


  ***


 それは、暖かさが過ぎ、寒さに変わろうとしているときだった。桜の葉は明るくなり、風に吹かれて落ちてきていた。
 その頃、バスケ部には、ある噂が広まっていた。
 相沢先輩とチカ先輩が、付き合っているのではないか――と。
 同期の部員が、二人で出掛けているのを目撃したのが、噂の始まりだった。
 もちろん、それは私の耳にもすぐに入ってきた。
 それからしばらくは、そんな噂が絶えなかった。引退してからは、二人でよく一緒に帰っている。引退してもバスケの練習をしている相沢先輩に、チカ先輩がよく付き合っている。二人で出掛ける頻度も少なくない。二人は、同じ進路を目指しているらしい……。
 私自身も、その噂にのまれていった。
 そういえば、チカ先輩、唯一経験者でない相沢先輩の面倒、よく見てた気がする。相沢先輩も、チカ先輩にいろいろ聞いていたかもしれない。
 相沢先輩とは、あれ以来あまり話していなかった。たまに学校ですれ違うとき、会釈をしてくれる程度だ。チカ先輩とも、引退してからはほとんど会っていない。
 だからか、二人の話を聞くたびに、もやもやして落ち着かなかった。理由は分からないが、二人のことが気になって仕方がなかった。


 その日、私はいつも通り、部活を終えて帰ろうとしていた。
 前よりはスムーズになった後片付けを終えて、職員室にいる顧問に体育館の鍵を返しに行ってから、校舎を出る。
 この時期のこの時間だと、もう外は暗くなっている。遠くから見る桜の木も、暗くてよく見えなくなっていた。
 遅くならないうちに帰ろうと、早足になったとき、見慣れた姿が目に入った。
 体育館の近くには、小さなバスケコートがある。そのバスケコートに、相沢先輩とチカ先輩がいたのだ。
 思わぬ光景に、私の思考回路と足が止まった。二人に見つからないように、重くなりそうな足を進めて、私は近くにあった桜の木の下に逃げ込んだ。遠くから二人の姿を見つめる。
 制服姿の相沢先輩は、シュートの練習をしていたようで、ゴールから離れたところに立っていた。バスケットボールを持っているから、やはり練習をしていたのだろう。
 その隣では、チカ先輩が、同じく制服姿で、相沢先輩に身振り手振りで指示を出している。
 次の瞬間、相沢先輩がボールを放った。そのボールは綺麗に弧を描いて、ゴールに入った。
「ナイスシュート!」という、チカ先輩の声が、ここからでも聞こえてきた。相沢先輩の顔には笑みが浮かんでいる。
 逃げ込んでから、鉛のように動かなくなっていた私の足は、もう動いていた。見ていられなくなって、私は二人の姿から目をそらして、帰路についた。


  ***


 式は厳かに進んでいく。全員の証書授与が終わり、校長が壇上で話していた。
 私の耳には、校長の話は入っていなかった。一年間の出来事を思い出しながら、式をぼうっと眺めていた。
 結局、今でも相沢先輩とチカ先輩の噂は残っている。だからといって、あれから新たな目撃情報があったわけでもなかった。けれど、バスケ部内では、二人は付き合っている、と勝手に認識されていて、もちろん、私もその認識に流されていた。
 確かな証拠があるわけでもない。でも、実際に私自身も見てしまったから、そうなのだと思っている。
 でも、私は、心のどこかで、それを否定していた。
 ふと、二ヶ月前、たまたま相沢先輩に会ったときの会話を思い出した。


  ***


 その日は、いつもより練習が延びてしまい、私も仕事が多く、帰りが遅くなっていた。
 部活終了間近に、顧問に頼まれ事をされて、私は職員室と体育館を行き来していた。そのうちに、部員たちは帰り始めていて、終わった頃には私一人が残っていた。
 最後の仕事である、体育館の戸締りをしようと、体育館に入ろうとすると、ドリブルをしている音が聞こえて、思わず足を止めた。
 中をそっと覗くと、一つの人影が見えた。奥のゴールネットの前で、シュートの練習をしているようだ。
 制服姿だったから、バスケ部員ではないことはすぐに分かった。部員が、更衣室でユニフォームから制服に着替えて、体育館に戻ってくることはほとんどない。
 けれど、その姿には、とても見覚えがあった。

「……相沢先輩?」

 人影がこちらを振り返った。表情が明るくなったのが、遠くからでも分かった。

「あー、川瀬さん、久しぶり! てか、お疲れ様」
「ありがとうございます。先輩、練習ですか?」

 先輩の元に向かいながら、私は尋ねた。先輩が、こくんとうなずく。

「いつもは外のコートか近くの公園でやってんだけど、たまには広いとこで練習したくて。暇だったし、たまたま学校に残ってたから、ちょうどいいかなー、と」
「……引退してから、ずっと練習してるんですか? それに、暇って……?」

 この時期の三年生は、進路で忙しいはずだ。先輩の口から、「暇」という言葉が出たのが意外で、思わず聞いてしまった。

「あー、そっか。川瀬さんに言ってなかったっけ。……俺、入試終わったから」
「え?」
「推薦入試で。だから、冬休み前には終わってた」
「ということは……合格してるんですか?」
「してるしてる! してなかったらのんきにバスケやってないから!!」

 先輩が声をあげて笑う。

「で、ですよね……」
「相変わらずおかしなこと言うよね、川瀬さん」

 お互い、笑いながら話していたが、先輩のその一言に、私の笑いは止まった。

「先輩、相変わらずって何ですか? だいたい、相変わらずって言われるほど、私、先輩と話したことないですよ」

 最後の言葉は、自分で言っていて空しくなった。

「あ、そっか、言われてみればそうだね。俺、そんな気、全然しなかった。……でも、あの時と同じ感じだったから、つい」

 ごめん、と苦笑しながら手を合わせる先輩に、私も苦笑してしまった。

「そこまでしなくてもいいですよ。……とにかく、合格おめでとうございます」
「ん。ありがと」
「将来の夢とかあるんですか?」
「うーん……まだ分かんない。だから、大学でやりたいこと見つけたいなーって」
「そうなんですか……」

 先輩も、あと二ヶ月で大学生なんだということを、改めて実感した。
 先輩が大学生になったら、私も二年生になる。後輩も入ってくる。
 そんな感覚を、あまり信じることができなかった。

「あ、ここ、閉めるんだよね? ごめんね、練習してて。俺もそろそろ帰るから」

 そんなことを思っていると、先輩が声をかけてきた。

「いや、大丈夫ですよ。先輩こそ、もう練習しなくていいんですか?」
「うん。ちょっと体育館でバスケやりたくなっただけだから。早く閉めちゃいな」
「はい。ありがとうございます」

 中の戸締りを確認してから、体育館を閉める。急いで鍵を顧問に返しに、職員室に走った。
 鍵を返してから、先輩がついてきていたことに気づいた。

「先輩、いたんですか? てっきり帰ったかと……」
「いたんですか……って、ひどくない? そりゃ、置いて帰るわけにもいかないでしょ」
「すみません。わざわざ付いてきてもらっちゃって……」
「いいよ、俺が待ってたかっただけだから。ほら、早く帰んないと、どんどん遅くなるよ?」

 そう言って、先輩は優しく微笑んだ。


 一緒に校舎を出て、校門の近くまで来たときに、私はいつものように桜の木を見上げた。
 今の時期の桜の木には、葉がついていない。だから、黒々とした枝が、四方八方に分かれているのがよく見える。太い幹も、他の季節より、ずっと大きく、立派に見えた。

「好きなの? 桜の木」

 不意に尋ねられて、先輩のほうを向く。
 ためらうことなく、私は、はい、と答えた。

「理由があるわけじゃないんですけど。……一目見て、惹かれた……っていうか」
「俺も」
「え?」
「俺も好きだよ、これ。初めて見たときから」
 先輩も、私と同じように、桜の木を見上げた。
「すごいよな。……いつ見ても立派」
「……ですよね」

 いつの間にか、私たちは立ち止まっていた。しばらく、黙って桜の木を見上げていた。
 やがて、先輩が口を開いた。

「俺が挫折しかけてたとき、桜の木見たら、頑張れる気がしてきたんだよね。この木は、どんな逆境にも負けない力を持ってるんだなー、って思ってて。まぁ、俺の勝手な考えだけど」
「……私も、そう思います」

 私と、全く同じだ。

「堂々としてて、自信に溢れていて……私とは、大違いで。この木に、憧れてた……っていうのはおかしいかもしれないけど、でも、この木はそれくらいの強さを持ってると思ってます」

 言い終えてから、隣にいる先輩からの視線を感じた。先輩に目を向けると、先輩は驚いたような顔で私を見つめていた。

「……先輩?」
「初めてだ。……これを分かってくれたの、川瀬さんが初めて」
「え?」
「これ、他の人に言っても分かってくれないんだよ。同級生とか、先輩とか後輩にも言ったんだけど、なかなか分かってくんなくて。……佐竹も小谷も」

 先輩が小さな苦笑を浮かべる。
 言われてみれば、確かにそうだ。私は、これを話したのは先輩が初めてだが、他の人がそんな話をしているのを聞いたことがなかった。何より、皆、登校するとき、下校するとき、この桜の木に目もくれずに、素通りしていく。
 この桜の木に偉大さを感じるのは、私だけなのか、と心のどこかで思っていた。

「だから、今、すごい嬉しかった。……やっと分かってくれる人、見つけた」

 先輩の苦笑は、満面の笑みに変わって、私に向けられた。
 先輩も、ずっと私と同じような思いを抱いていたのかもしれない。
 そして、私自身も、先輩がこの気持ちを分かってくれたことに、素直に喜んでいた。私が思っていた以上に。

「私もです」

 にっこりと先輩に微笑む。
 またしばらく、私たちは、寒さも忘れてしまうほど、桜の木を眺め続けていた。


  ***


 いつの間にか、式は終わりを告げていて、卒業生が退場していた。
 退場のときの先輩、見逃した、と思いながら、私もクラスの流れに続いて、体育館をあとにする。
 先輩、すぐに帰ってしまうのだろうか。
 そんな不安が私の頭をかすめる。
 先輩に、どうしても会いたかった。
会って、渡したいものがあった。


 クラスのホームルームが終わり、私は急いで教室を飛び出した。
 階段を駆け下り、外に出ると、校庭が卒業生たちでごった返していた。それをかき分けて、私は校門へと急ぐ。
 もしかしたら、この人混みの中にいるのかもしれない。一瞬、そんな考えもよぎったが、私の足は止まらなかった。
 一直線に校門へ向かう。
 校門の近くの、桜の木に。
 息をきらせて桜の木までたどり着くと、木の幹に寄りかかっている、探していた人の姿をすぐに見つけた。私は迷うことなく声をかける。

「相沢先輩!」

 先輩は、私の姿を見て、柔らかな笑顔を作った。

「そ、卒業おめでとうございます」
「ありがとう。それで、どうしてそんなに急いで俺のところに来たの?」
「あ、はい。あの、これ……」

 私はおずおずと、先輩に手紙を渡した。
 昨日、先輩に感謝の気持ちを伝えたくて書いたものだ。

「どうしても渡したかったんです、これ。早くしないと、先輩、帰っちゃうんじゃないかと思って……」
「そっか。わざわざありがとう」

 先輩は、私に笑いかけて、それから桜の木を見上げた。

「あの……先輩」

 その横顔を見つめながら、私は先輩に、気になっていたことを尋ねた。

「先輩って、チカ先輩と付き合っているんですか?」
「え!?」

 先輩の視線が私に向けられる。それは、何を言っているのか、とでも言いたそうな目だった。

「何でそんなこと?」
「部内ですごく噂になっているので……」
「そ、そうなの? とりあえず、それ嘘だから」
「……へ?」

 そうなのだと信じ込んでいた私は、その答えに驚いてしまった。

「だ、だって、よく一緒に帰ってるって……。それに、バスケの練習も一緒にしてましたよね?」
「あー、俺と小谷、たまたま家近くて。そんで一緒に帰るとき多いってだけ。それと、小谷、佐竹が好きだから」
「そ、そうなんですか!?」
「うん。俺と佐竹が中学一緒で仲良いからってことで、小谷の手助けしてたっていうか。小谷が俺に相談持ちかけてきたときに、ついでに練習見てもらってるんだ」
「じゃ、じゃあ、本当に付き合ってないんですか?」
「ないない! ……そういう川瀬さんは?」
「え、そんな、私こそないです!」

 突然の質問に、慌てて答えると、先輩は、小さく笑った。

「そっか。とにかく、ありがとね、これ。……あ、そういえばさ」

 先輩が、私の顔をそっと覗き込んだ。

「去年の入学式のとき……川瀬さん、迷ってたよね。体育館の場所が分からなくて」
「え!? 先輩、何でそれ……」
「この先を真っ直ぐ行くと体育館。……覚えやすかったでしょ?」

 先輩はいたずらっぽい笑顔を残して、桜の木の下を出て行った。
 あのとき、教えてくれたのは……。
 私は、去っていく先輩の後ろ姿を、木の下で見つめていた。



 先輩。

 一年間、本当にありがとうございました。

 先輩は、優しくて、バスケも上手くて、尊敬していました。

 あのとき、先輩が相談に乗ってくれたおかげで、少しではありますが、自分に自信を持つことができました。
 本当に感謝しています。

 先輩が卒業してしまうのは、正直寂しいです。

 でも、先輩がくれた言葉を胸に、これからも頑張っていきます。

 先輩も、自分の道を見つけて、それに向かって頑張っていってください。

 私にとって、先輩は憧れの人です。

 遠くから、ずっと先輩を応援しています。



 桜の木は、枝の先に、小さな新芽と、まだ開きそうもない、小さなつぼみを揺らしていた。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ