挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

【短編集】

歯車オーヴァードライヴ

作者:中村尚裕
 クラッチを切るなりギアを叩き落として2段。
 身体が覚えたアクセル・ワーク、エンジンの回転をきっちり上げてクラッチを繋ぐ。
 違和感ゼロでシケインへ。エンジン・ブレーキまで駆使して猛減速、インへ切り込む。
 そこでエンジンが活かして真価。
 軽量にしてコンパクト、だが一般的な4ストローク・エンジンに比して吸気量では2倍、燃焼能力も軽く2倍を誇る効率――ロータリィ・エンジン。
 その軽さが活きてまずカーヴ。
 車重を極限まで削れば、最後はエンジンの質量が物を言う。質量に比例する遠心力は悩みの種――しかしエンジンが軽ければ、カーヴを速く抜けられる。
 ここで1台、競走相手が脱落した。
 独特のキレで抜けてシケイン、さらにギアを叩き落として回転数を上げる。
 主軸に刻まれた歯車を噛んで、三角形のロータが唸りを上げる。それが4連。
 他車のエンジンに倍して咆哮。クラッチを繋ぐ。タイアが地を噛む。
 慣性は平等に襲いくる。質量に比例して加速は鈍る。だが逆手に取れば――軽さは加速に味方する。
 抜き去ってまた1台。ホーム・ストレッチ、眼前に翻ってチェッカ・フラグ――。

「撤退ィ!?」
 ヘルメットを脱ぐなり駿は監督へ噛み付いた。
「ぶん回してナンボのエンジンは売れんとよ」
「レースで勝てるエンジンなんだぜ!?」詰め寄る駿。
「ピット泣かせのな」眉一つで監督。「燃料食らいで大騒音、熱は篭もるわデリケートだわ」
「そこが腕の見せ所ってもんだろう!」駿の勢いは衰えない。「監督だって『性能じゃ最高のエンジンだ』って!」
「エンジンならな」そこは監督も頷きつつ、「だがモータが相手になったら?」
 理論上、モータは無限のトルクを絞り出す――大電流に耐えさえすれば。
「来るのか?」駿の声に怪訝。「クソ重いバッテリィぶら下げて?」
 従来型バッテリィの弱点はその素材――つまりは重い。
「キャパシタ電池の噂は?」
 分子単位の凹凸に電子を直接吸着するキャパシタ電池は、充放電に極めて優れる――全容量を充電するのにわずか数秒、その気になれば同様の給電力さえ発揮する。そして何よりその利点は――。
「軽いのか?」
「相手は炭素の塊だぞ」監督に苦い声。「金属製のエンジンに勝ち目は……」
「勝ち目はあるわ」割り込んで知的な声。
 いつの間に忍び入ったのか、パンツ・スーツで決めた妙齢の女が颯爽と腕を組んでいた。
「あんたは?」
 言いつつ駿の眼が女の胸元に認めてパドック・パス――川島麗。
「よろしく」にこやかに麗が右手を差し出す。「私がこのチームのオーナよ――今から」

「買い取ったァ!?」休憩室を貫く駿の声。
「愛好家を舐めないことね」涼しげな顔で麗。「今じゃカンパ感覚から投機目的まで、フィンテックと仮想通貨で資金は集まるのよ」
「チームはよくとも」監督が顎を掻く。「開発費はどうする?」
「メーカと折半」打ち返して麗。「エンジンの販売利益も折半よ」
「そこまでする理由は?」監督に怪訝の声。
「クルマのニーズは」麗が指を2本立てて、「これから二極化するわ。道具としての利便性と、ロマンとしての性能ね」
「道具、ね」監督に苦い声。
「効率と整備性じゃ、モータの圧勝」冷徹に麗。「だから道具としてのクルマにはモータしかないわ」
「ロマンは?」訊いて駿。
「問題はそこよ」麗に頷き一つ。「絶対性能でモータに勝てれば、エンジンにも目はあるわ」
「なんか引っかかるな」駿の眉に軽く影。
「じゃ、単刀直入に」麗が駿の眼を見据えた。「来季に参入してくるモータ車に勝ちなさい。でないとロマンはそこまでよ」

「弱点は!?」駿が睨んでスペック表。
「軽くてシンプルで高効率」涼しげに麗。「いいことづくめね」
「いや、構造はデリケートなはずだぜ?」駿が挟んで疑問の声。「昔はモータ弄って遊んだんだ。パワー稼ぐのにコイル巻き直したり」
「ご明察」麗の声に感心の色。「狙いはそこよ」
「てことは……」駿がしかめて眉。
「そう、徹底的に競ってモータを苛め抜くの」麗に悪い笑み。「他にいい案があるなら聞くけど?」
 ――沈黙。
「なら、あとは質量を絞るわよ」にこやかに麗。「グラムを稼ぎに行くから覚悟なさい」

「エンジンを?!」
「そう」淡然と麗。「安全係数はギリギリまで削るわ」
「使い捨てるつもりかよ!?」噛み付く駿。
「その通り」麗が指を鳴らす。「モータ車に勝てるんならエンジンの一つや二つ使い捨てるわよ。ゴールまで保てばそれでいいわ」

「ギアを?!」
「削げる肉は徹底して削ぐわ」麗に涼しい顔。「馬力勝負じゃないんだからトップ・ギアの出番は少ないわ。ギア減らして最終減速比も思い切って落とすわよ」
「直線で泣くぞ」監督に苦い声。
「『ぶん回してナンボ』でしょ?」麗に微笑。「最高速度はぶん回して稼ぐのよ」

「計器も?!」
 試作車のダッシュボードはもぬけの殻。
「代わりにこれ」笑顔の麗からフル・フェイスのヘルメット。「被ってみて」
 炭素繊維ベースの素材を剥き出した感触は明らかに軽い。その軽さに心許なさすらを覚えつつ、駿は被って――息を呑む。
 視界に計器が浮いていた。
「拡張現実で計器を映すの」
「いいけどさ」駿に鼻息。「計器の位置は元通りで頼む。視界の邪魔だ」
「ミラーは?」監督から声。
「――まさか?!」駿が睨んでヘルメット。
「そのまさか」麗がさも当然と腕を組む。「今やカメラの方が軽いのよ?」

「減量?!」
 駿に日課を上回る走り込み。
「そ」追う自転車から麗。「余計な筋肉はただの邪魔」
「贅肉どころか筋肉って!」走る駿に反論。「体力削ってどうすんだよ!?」
「だから遅筋を鍛えるの!」追い討つ麗。「食事制限も覚悟して!」

「髪まで?!」駿の眼にバリカンの冷たい光。
「ロマンと髪、」淡然と麗が笑んでみせる。「どっちが大事?」

「で、」呆れたように監督。「また可愛くなったもんだ」
 完成した車体はコンパクトにまとまった。レギュレーション一杯まで詰めたフレームを覆う外装は、カーボン地剥き出しの黒一色。
「ゴキブリって仇名があったな」禿頭の駿につい軽口。
「あら、レトロなゲームね」眉を開いて麗。
「あんた歳いくつだよ!?」すかさず駿。「せめて“クロ”にしとこうぜ」
「名作は名作、ゲームもエンジンもね」涼しげに麗。「玄人の“クロ”、いいじゃない。ぽっと出の新顔に貫禄を見せてやりましょ」

「貫禄、ね」スタート・グリッドで独り駿。
 3秒前――。
 眼前、ポール・ポジションにはモータ車。白いはずの外装を新興企業のロゴが埋める。
 駿は2番手――旋回性能で稼いだ結果は、力任せのV12を軒並み背後に従える。
 2秒前――。
「さて、鬼と出るか蛇と出るか」駿が口の端、舐めて舌。
 1秒前――。
「やってやろうじゃないの」
 ――ゼロ。
 のっけから本領発揮。
 高回転域を存分に活かしてスタート・ダッシュ。モータ車を外から追い越し、第1コーナへ殴り込む。
『ペースを引っ張れ!』無線に監督。『相手に息もつかせるな!』
 後方視界、スリップ・ストリームにモータ車。
「負荷は怖いはずだよな」駿に悪い笑み。
 コーナ出口、アクセル全開。馳せるクロ。

「とにかく相手に加減速の負荷をかけるの」麗の声に確信の響き。「その分モータは発熱するわ。冷却機構を追い込めば」
「モータの弱点は熱、か」監督が顎をしごく。「たった150℃で永久磁石がお亡くなり、インバータだって保って100℃。だが車重じゃこっちは不利だ。賭け目は勝ち逃げの一点だな」
「勝負は」麗に眼に自信の光。「エンジンをどこまで引っ張るか」
「そいつは駿の仕事だな」監督が睨んでモニタ――遥か先頭、凌ぎ合うモータ車とクロ。「いいか駿、この際2位はないと思え。優勝するか破滅かだ!」

 最終周、無理が祟った。コーナリングに隙、そこを衝いてモータ車。
「くそ!」
 駿がクロを立て直す。相手のスリップ・ストリームへ張り付き返して、最終コーナへ向けて減速。
 違和感――相手のライン取り、わずかに膨らんで外――。
 駿に咄嗟の修正舵。鼻先は相手を躱し――かけたが相手の尻が外へと滑る。
 接触――横腹へ。
 ここで効いて質量差。軽い相手は重いクロに弾かれ、盛大なスピンに陥った。
 しかし駿も無事とはいかない。保ったはずの平衡を崩されては、やはりスピンを免れない。
 抜いてクラッチ、当ててカウンタ。
 コーナ外縁、緩衝タンクへ横から尻。派手に飛び散る水飛沫。
 衝撃――静止。頭を振って、駿は気を取り直す。
 ――耳にまだ駆動音。
「行ける!」
 眼に計器が――映らない。
「くそ――監督!」
 沈黙――無線も逝った。
「電装系――水か!」
 ギアを1速へ。クラッチを繋ぐ。
 ――まだ動く。
 希望はある。稼いだ優位にまだ残り。探るように開けてアクセル、クロが息を吹き返す。
「行け!」
 2速――途端に異音。咄嗟にギアを抜く。
「ギアが歪んだか!」
 1速のまま速度を引っ張り、3速へ――また異音。
「畜生!」
 ギアを抜いてまたも1速――そこへ影。真横。モータ車のシルエット。
 反射。アクセル一杯、回転数をレッド・ゾーンへ追い立てる。わずかに優位、だが保たない。
「入れ!」
 最後の希望、いきなり4速。
 ――入った。
 クラッチを繋いで加速、ホーム・ストレッチへ。相手の影が流れて後方――そこへV12のオーケストラ。
「耐えろ!」
 さらにアクセル――ギアに変調。
「保て!」
 すかさず5速へ。
 低回転、エンジンの機嫌が傾いた。宥めるように稼いで回転数。だが迫ってV12。
「保て!」
 すぐそこにチェッカ・フラグ、しかしV12もまた至近。
 賭けた。踏む。大加速――そこで違和感。咄嗟に切ってクラッチ――エンジンに断末魔。
 惰性――至近にチェッカ・フラグ。
 快音――背後へ迫るV12。
 駿に念――ただ前へ。

「協会が動いたわ!」オフィスへ飛び込む麗の声。
「――じゃあ!?」振り返る駿に期待の色。
 麗が示して電子端末。選手権協会の内部資料。先頭、大きく踊って見出し――カテゴリィ追加、その一語。
「勝ち取ったのよ!」麗の指先――優勝トロフィ。「エンジンが、ロマンを!」

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ