挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
勇者召喚に巻き込まれたけど、異世界は平和でした 作者:灯台
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

492/525

驚きの能力を備えていた



 史上初のレインボードラゴンの特殊個体……まさかそんなものが登場するとは思っておらず、フィーア先生の言葉を聞いた俺たちは完全に硬直していた。
 そんな中で、レインボードラゴンは卵から出たあと、ゆっくりとジークさんに近付いていく。

 その動きを見て我に返ったジークさんが、そっと手を伸ばすと、レインボードラゴンはその手に顔を擦りつけるように甘え始める。

「……か、可愛い……」

 どうやらジークさんの中では、驚きよりもレインボードラゴンの可愛らしさが勝ったらしく、顔中の筋肉がゆるみきったような笑顔浮かべてレインボードラゴンを抱き上げる。
 レインボードラゴンは特に抵抗することも無く、大人しくジークさんに抱きかかえられた。

「……全然鳴きませんね」
「レインボードラゴンは元々、すごく大人しくて滅多に鳴かないし、危害を加えない限り暴れたりもしないよ。だからこそ、レインボーダイヤモンドの採掘が出来るんだよ」

 俺の呟きにフィーア先生が説明を返してくれ、徐々にリリアさんたちも驚愕から立ち直り始めてきた。

「ジーク……その子、お腹が空いているのでは?」
「あっ、そうですね……えっと、フィーア先生、レインボードラゴンはなにを食べるんでしょうか?」
「雑食だから、基本的になんでも食べるよ」

 リリアさんの言葉を聞き、ジークさんはフィーア先生に質問をしつつ、予め用意していたであろう食材を取り出す。
 そしてそれを手に持ってレインボードラゴンに近付けると、レインボードラゴンは首を伸ばして食べ始める。

「……可愛いぃ……」

 どうやらレインボードラゴンの容姿はお気に召してくれたらしい。ジークさんが嬉しそうでなによりである。

「あの、皆さん……この場を離れた方が、いいのでは?」

 っと、そこでノインさんがやや焦った様子でそう告げ、俺たちが周囲を見渡すと……とんでもない数の人が集まり、こちらにギラギラとした目を向けていた。
 史上初のレインボードラゴン特殊個体……正直その価値は計り知れないだろう。となれば当然、譲ってくれとかそんな交渉をしようとしてくる輩も……。
 厄介なことになりそうだ……逃げられるか? いざとなれば、転移魔法具で……。

『ほぅ、ワシもレインボードラゴンの特殊個体は、初めて見るのぅ』

 するとそんな空気を押し潰すように、重く威厳のある声が響いてきた。その声の主はもちろん、竜種の王……マグナウェルさんだ。

『レインボードラゴンの主となった少女よ……名は?』
「え? あっ……じ、ジークリンデと申します!」
『うむ、覚えておこう。竜種は全てワシの眷族……健やかに育つことを願う』
「は、はい! 大切に育てます!」
『うむ……希少だという理由でレインボードラゴンを狙ったり、生まれる宝石を寄こせなどと言って、お主に迷惑をかけ、ワシの逆鱗に触れる愚か者は……まず居らんじゃろう。安心して育てるがよい』
「はい!」

 なるほど、マグナウェルさんは牽制のために声をかけてくれたのか……レインボードラゴンの特殊個体が非常に希少で狙う者も当然いる。
 お金を積んで交渉するかもしれないし、ジークさんが平民だからと権力を使って圧をかけてくるかもしれない。

 もちろんそんなことになったら俺は全力でジークさんを守るつもりだが……もう、その必要は無さそうだ。
 なぜなら、いまのマグナウェルさんの言葉を要約すると『レインボードラゴンの主であるジークさんに迷惑をかけたり、レインボードラゴンを奪おうとすれば、許さない』ということだ。

『たしか……お主は、ミヤマカイトの恋人じゃったな?』
「え? あ、はい。その通りです」
『そうか、ならワシら六王はお主の味方じゃ、困ったことがあればいつでも言ってこい』
「は、はい!? こ、光栄です」

 そして、ジークさん自身にも余計なちょっかいがかからないように牽制……流石出来る王、マグナウェルさんである。
 俺の名前がさも当然に出てきたことに関しては……まぁ、今回はジークさんを守るために役立つだろうし、恥ずかしさは我慢しよう。

 ともかくコレで一段落したと、そう考えていると……食事を終えたレインボードラゴンが尻尾を動かし、ジークさんの手に触れさせた。

「うん? どうかした――え?」

 ジークさんの掌の上で円を描くように動くと、その尻尾の先端に黒く驚くほど美しい宝石が出現した。黒色なのに透き通っていて、中には虹色の光が見える。まるで夜空にかかった虹のようで……宝石に疎い俺でも、どんでもなく高価な宝石だと理解できた。

「……く、くれるんですか?」
「……」

 ジークさんが戸惑いがちに尋ねると、レインボードラゴンは無言で頷く。

「……なるほど、レインボーダイヤモンドってこういう風に出来るんですね」
「チガウチガウ、レインボードラゴンは……普通、一年かけてゆっくり尻尾に宝石を作りだすんだよ……あんな一瞬で作れないよ。しかも、普通のレインボーダイヤモンドとは比べ物にならないぐらい、ハッキリと虹色が出てるし……」
「……え?」
「特殊個体だから、なにかしら原種とは違う能力を持ってるとは思ってたけど……この子、もしかしたら……『いくらでも宝石を作り出せる』のかも……」
「「「「「えぇぇぇ!?」」」」」

 戦慄した表情で呟くフィーア先生の言葉を聞き、俺たちは再び絶叫した。

 拝啓、母さん、父さん――ブラックベア―なら同族を従える力、ベルなら黒い雷を操る力と……特殊個体と言うのは、通常の個体には無い能力を持っている。そして、その例に漏れずジークさんのレインボードラゴンも――驚きの能力を備えていた。



おじいちゃん「竜種は全てワシの眷族……」
ワイバーン先輩「ガタッ!?」
おじいちゃん「ただし、ワイバーン……てめぇは駄目だ」
ワイバーン先輩「……」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ