挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
勇者召喚に巻き込まれたけど、異世界は平和でした 作者:灯台
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

442/524

さらに次元が違うみたいだ



 欲望とはかくも深いものである。オークションという形式で競い合う様は、それをまざまざと見せつけた。
 激しい競り合いの末に勝ち取った者が、なぜか絶望の表情を浮かべている姿も見た。
 競り落とした者が勝者なのではない。競り落とした上で、使用した金銭以上の価値を見いだせてこその勝利である。
 持ちうる金銭に限りがある以上、競り合いという一種の熱気に翻弄されてしまえば、後悔が待ち受けている。

 しかし、世界には極一部、その条件に当てはまらない圧倒的強者も存在する。

『さて、カタログナンバー28『小型収納可能、最高級ペットハウス』は、現在白金貨10枚!』
「……う、う~ん」

 思ったよりも高値になっている商品を見て、俺は顎に手を当てて考えていた。
 日本円にして一億円……しかもまだ競っているし、さらに高くなりそうだ。

『985番白金貨11枚……643番白金貨11枚と金貨5枚! 7番白金貨12枚!』
「むぅ……」

 現在競られているのは、マジックボックスの原理を応用したペットハウス。小型にして持ち歩ける上、大型の魔物ものんびりできる広さにしっかりとした作り……欲しい。
 アレがあれば、ベルやリンと旅行するのも簡単に出来そうだから、なんとか手に入れたい。けど、どうやらかなり珍しい品みたいで、俺と同じく欲しがっている人は多い。
 大型の魔物でものんびりできる……つまり豪邸並の大きさということを考えると、億という値段が付いても不思議ではない。
 俺の手持ちの予算で競り落とせないということはないだろうが……結構高い買い物になりそうだ。

 そんなことを考えつつ、俺は人差し指を立てて手の甲を見せるように上げる。

『985番白金貨13枚! 522番白金貨14枚!』
「……やっぱりまだ上がるか……」
「……カイト……あれ……欲しいの?」
「え? ええ、ペットと旅行がしたいなぁって……」

 いまだ上がり続ける値段に唸りつつ、アイシスさんの質問に答える。するとアイシスさんは、納得した様子で一度頷いてから口を開いた。

「……分かった……任せて」
「……へ?」

 そんなことを言いながら、アイシスさんは流れるように両手を上にして、いくつかのハンドサインを出した。

『……は? え? い、いえ、失礼いたしました! 986番……は、白金貨……『100枚』です!!』
「なっ!? あ、アイシスさん!?」

 いきなり10億円!? い、一体なにを……ま、まさか俺のために競り落としてくれようとしてるの? い、いやいや、それにしてもいきなり100枚って……。

「……ブローチの……お返し」

 いやいや、値段の差が凄まじすぎる!? で、でも、もうコールされてしまったわけだし、取り消すことはできない。
 流石に白金貨100枚以上を出す人なんて……。

『おっと、643番! 白金貨100枚と金貨5枚!』

 出した!? でも他は流石について来れないみたいだ。アイシスさんは……え? ちょっとまって、アイシスさん!? そのサムズアップみたいな手の形って確か……。

『……986番……さ、さらに『倍』……白金貨201枚……です』
「……」

 その瞬間、会場から音が消えた。まさに、圧倒的な光景だった。なんの躊躇もなくアッサリと倍額を返すアイシスさんを見て、会場に居る誰もが圧倒された。
 そして、それ以上誰も入札することはなく、アイシスさんの落札が決定した。

「……カイト……落札……できたよ」
「……い、いや、あの、アイシスさん? お、お気持ちは本当に嬉しいんですけど……だ、大丈夫なんですか?」
「……なにが?」
「で、ですから、お金……」
「……『たった』200枚だよ?」
「……」

 こともなげに言ってのけるアイシスさんは、本当に大したお金ではないと思っているみたいだった。

「……あの、いまさらですけど……アイシスさんって、どのぐらいお金持ってるんですか?」
「……資産は……抜きで……お金だけ?」
「え、ええ……」
「……白金貨……『400万枚』……くらい……かな?」
「……は? え、えぇぇぇ!?」

 白金貨400万枚!? え、えと、白金貨1枚が日本円で1000万……ってことは……『40兆円』!? 国家予算並みじゃないか!? え? しかも資産は抜きで現金のみ? この方、世界中に存在する白金貨の内の何%を所持してるんだろう?

「あ、アイシスさんって、そ、そんなにお金持ちだったんですね……」
「……え? ……でも……クロムエイナの方が……私より……何倍も……お金持ちだよ?」
「ま、マジですか? クロはいったいどれだけのお金を……」
「……分からないけど……たぶん……私とは……表現の仕方が……違う」
「表現の仕方?」
「……うん……クロムエイナの場合は……白金貨何枚とかじゃなくて……『世界経済の何%』とか……そういう表現に……なると思う」
「……」

 クロが世界一の金持ちであるということは聞いていた。しかし、まさか俺の居た世界より遥かに広く、三界合わせると人口も桁違いであるこの世界において、個人で世界経済の一端レベルだとは……。
 ま、まさに世界の王……アイシスさんやクロにとって、20億円なんてのは……はした金なのかもしれない。

 拝啓、母さん、父さん――クロやアイシスさんが魔界の頂点であり、圧倒的な財産を所持しているというのは理解しているつもりだったが……実際は、俺の予想より遥か上だった。アイシスさんですら想像も出来ないほどに金持ちなのに、クロは――さらに次元が違うみたいだ。



~異世界の金持ち~

クロムエイナ……世界最大の商会を所持、現存する魔法具の8割近くの特許を所持。その他にも、魔水晶の加工方法など多数の特許を所持。魔界に広大な土地を所持。投資も頻繁に行っている。世界一のお金持ちであり、その気になれば経済的に国を潰せる。

アイシス……高級宝石の鉱脈以外にも、魔界北部に多数土地を所持、魔水晶の鉱脈も大量に持っている為、毎年莫大な収入が入ってくる。ちなみに一番大きな取引相手はクロ。

アリス……現金はほぼ所持していないが、資産が異常。それこそ暇つぶしに作った品々がどれも億クラス。表立った名義は違うが、世界各地の商店や土地を手中に収めている。

マグナウェル……商売の神とも呼ばれ、魔物の売買の全権や飛竜便とうの交通を握っている。ただし、本人は体のサイズ的に硬貨は使用できないため、大量のお金は配下を通じて適当に流通させている。

リリウッド……広大な土地を所持しており、世界樹の果実一つで桁外れの金額になる為、その気になれば大量のお金を得られるが……本人は必要以上の金銭は所持しない主義であり、得た金銭は殆ど配下や眷族への給料に上乗せしている。

メギド……魔界に広大な土地を所持。酒のコレクター。見た目からは想像もできないが、頭が良く結構投資とかもしている。特に努力して上を目指そうとする相手が好きで、気に入れば無利子に近い条件で金を貸したりもしている。

リリア……人間レベルでは結構お金持ち。公爵という地位もあり、いくつかの商店等も経営している為、それなりに収入はある。ただやはり、何万年も生きている六王は桁違い。

神族……人界では信仰が盛んなので収入はかなりあるが、神界から出ない者がほとんどであり、あまりお金は使わない。

【論外】

シャローヴァナル……白金貨なんていくらでも創造できる。

エデン……同上。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ