挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
勇者召喚に巻き込まれたけど、異世界は平和でした 作者:灯台
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

426/525

あまりの不味さに意識を手放した


 宝樹祭二日目の朝。再びクロ達による三点フォーメーションを仕掛けられるかと思ったが、俺が全然眠れていないことに気付いたクロの提案により、添い寝は一日置きとなった。無くなるわけではないのか……。
 ともあれお陰でぐっすり寝ることができた。これで二日目もしっかり頑張れそうだ。

 そういえば、クロ達はどこだろう? 朝食の準備でもしてるのかな?

 そんなことを考えつつ、非常にでかい廊下を歩いて食堂に辿り着くと、扉の向こうから聞き覚えのある声が聞こえてきた。

「く、クロさん、流石にそれは止めたほうが……もうそれ、ベビーカステラじゃなくて『形だけベビーカステラの暗黒物質』ですから!!」
「ボクはね……常に新しい味を探し求める。そんな、探究者でありたいんだ」
「なに悟ったような表情になってるんすか!? そんなの食べたら『カイトさんが』探究者どころか、別の世界に旅立っちゃいますよ!?」

 ……なんか恐ろしい会話が聞こえるんだけど!? 新作? クロ、新作作ってるの?
 ヤバい、俺のシックスセンスが凄まじい警報を鳴らしている。ここは気付かれないようにそっとこの場を……。

「……カイト……おはよう」
「……お、おはよう……ございます」

 しかし、現実は非情である。まるで逃げ出そうとする俺を阻止するかのようなタイミングで、目の前の扉が開き、エプロンを付けた可愛らしいアイシスさんが姿を現した。
 そして、そうなると当然中に居る二人も気付くわけで……。

「あっ、カイトくん! 見て見て、新しいベビーカステラ作ったんだよ!」
「カイトさん! 逃げて! 殺されますよ!!」

 俺を見つけて満面の笑顔を浮かべるクロの前にあるのは……『黄金色に輝き、赤い斑模様の付いた得体のしれないナニカ』……。
 駄目だよアレ、人間が口にしていい色してないよ。アリスが必死の形相で俺を逃がそうとしてるし……。

「……く、クロ。流石にそれは危険な色してるんじゃ……」
「そ、そんなこと無いよ! 美味しいよ……『味見してないけど』たぶん」

 最後になんか不吉なやつ付け足したぁぁぁぁ!? 絶対駄目だ。その台詞は絶対美味しくないやつだ!?

「い、いや、そもそもなんで味見をしないんだ……」
「だって、カイトくんに一番に食べてほしかったから……」

 頬を少し染めながら告げるエプロン姿のクロは、それはもう可愛らしかった。
 い、いや、でもほら……食材を使っているのは確かだろうし、最悪でも不味いだけで済むんじゃ? せ、せっかくクロが俺のために作ってくれたんだし……。

「……その、ひ、一口だけなら……」
「やった~!」
「カイトさんは、クロさんに対して甘すぎやしませんか!?」

 アリスの言いたいことは分かるし、自覚もある。ただ、ここで俺が食べるのを拒否すれば、クロは悲しい顔を浮かべるだろう。それだけは、絶対に嫌なんだ。
 クロの笑顔を守るためなら、俺は例え『死地』だろうと挑んでみせる!

「いや、全部口に出てますからね!? 死地とか言っちゃってますからね!?」
「ささ、できたてを召し上がれ~」
「こっちはこっちでスルー!?」

 アリスの突っ込みが冴えわたる中、俺はその恐ろしい色をしたベビーカステラを手に取る。うわぁ、こんな色してるのに柔らかい。
 ふ、ふふふ、道への挑戦とは心躍る……この体中の震えは武者震いだろう。背中を大量に汗が流れているのも、なんか戦意が高揚してるとかそんな感じだろう。

「い、いただきます……うぐっ!? あがっ……」

 ニコニコと笑顔でこちらを見つめるクロの前で、震える手を動かしてベビーカステラを口に放り込む。
 ぐにゅりと柔らかい食感と共に、表現しようのない不味さが口の中に広がっていく。
 あ、でもこれ、意外と美味しいかも……舌がビリビリと差すように痺れるし、総毛立つけど、珍味と言えなくはないかもしれない。

「……ああ、母さんと父さんじゃないか……なに手を振っての? ははは、なに言ってるか聞こえないよ……いまそっちに行くから……」
「カイトさん!? しっかり! そっち行っちゃ駄目です!!」

 ぼんやりとした思考の中でアリスの声が聞こえ、俺はゆっくりと意識を手放した。

 拝啓、母さん、父さん――人の体というのは不思議なもので、時折本人の意思とは関係なく防衛本能が働いたりする。こんかいなんか、まさにそれ……クロの造り上げた暗黒物質ベビーカステラ。俺は――あまりの不味さに意識を手放した。






 ベビーカステラを食べて気を失った快人を見て、バツの悪そうな表情を浮かべるクロムエイナ。そんな彼女にアリスが猛然と喰ってかかる。

「ちょっとクロさん!? カイトさんどっか行っちゃいましたよ!? なに入れたんすか!!」
「え、えっと……まずは『ゴールデンフロッグの肉』と……」
「どんな顔してベビーカステラにカエルの肉ぶっこんだんすか!? 悪魔ですか貴女!!」

 今回ばかりは完全にアリスの言葉が正論であり、クロムエイナはしゅんと小さくなって正座をする。
 その姿を見て大きなため息を吐いた後、アリスは快人をソファーに運ぶ。

 そんな騒動の中、ただ一人……アイシスだけは、我関せずといった感じでキッチンに向かい、可愛らしい弁当を作っていた。
 丸い形の容器に、色鮮やかで美味しい料理を並べ、中央には可愛らしいハートのマークを作る。

「……カイト……喜んでくれるといいな」

 クロムエイナが新作ベビーカステラを思いついたことで発生した朝の騒動。ゲテモノベビーカステラを作るクロムエイナと、それを阻止しようと奮闘するアリス。
 その結果は……二人を気にすることなく、快人の弁当を作っていたアイシスの一人勝ちとなった。



朝の料理対決

クロ……ベビーカステラの『悪魔』
アリス……料理に関しては常識人ポジ
アイシス……大天使
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ