挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
勇者召喚に巻き込まれたけど、異世界は平和でした 作者:灯台
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

307/523

アリスを女の子として意識しているみたいだ



 昼食を食べ終え、おおよそ一回の食事で使うとは思えない金額を支払ってから、店の外に出る。

「いや~美味しかったです!」
「そ、そうか……腕が腱鞘炎になりそうになったかいもある……かな?」
「そこはもうちょっと、可愛いアリスの笑顔を見れたんだし、安いものさ、キリ。とか、そんな感じに決めてくださいよ」
「……食べた量は全く可愛くないけどな」

 おどけて見せるアリスに溜息を吐きつつ、自然な動作で手を繋いで歩き始める。
 アリスも流石に手を繋ぐ事には慣れてきたのか、開始直前のころみたいな緊張はなくなっている。まぁ、相変わらず頬はほんのり朱に染まってるんだけど……

「ん~これは俄然ディナーが楽しみになりましたよ! ディナーはどんな店に行くんすか?」
「たった今、昼食終えたばっかりなのに、もう夕食の話しか?」
「あはは、だって楽しみですしね」
「それより先に、夕食までの時間にどこに行くかを決めた方が良い気がするな」

 現在俺達が居るのは、普段俺がウロウロしている区画からはかなり離れた場所であり、正直俺はこの辺になにがあるかは知らない。
 男としてリードしたいと思う気持ちはあるが、残念ながら知らないものを案内は出来ないので、素直にアリスに相談する事にした。

 俺の言葉を聞いたアリスは、少し考えた後……なんだかロクでもない事を思い付いた感じで、ニヤリと意地の悪い笑みを浮かべる。

「つまり、アレですね。カイトさんは『宿屋街』の場所を知りたいと……そういう訳ですね!」
「……は?」
「私の体に野獣の本能を解き放って、食後の運動にするつもりなんでしょう……仕方ないですねぇ、宿屋街は反対の通りですよ」
「……」

 なんかデジャヴを感じる言い回しだ。ああ、そう言えばアルクレシア帝国に言った時も、そんな感じの冗談を言って俺にベルをけしかけられてたっけ?
 ……ふむ、一発ゲンコツしても良いけど、むしろこういう悪ふざけをしている時のアリスには、もっと効果的な攻め方がある事を、俺は既に学んでいる。

「……そっか、じゃあ、そうしようか」
「えっ!?」
「あっちの通りだよな? よし……」
「あっ、わっ、まっ……だ、駄目ぇぇぇ!?」

 アリスのおふざけに乗る振りをしながら、手を引いて歩きだそうとすると、予想通りアリスは大慌てになる。

「……うん? どうかしたのか? 宿屋街に行くんだろ?」
「だ、だだ、駄目です! そそ、そういうのはまだ早いというか……こ、心の準備が……」
「アリスの方から言ってきたんじゃないのか?」
「そそ、それはそうなんですけど、あ、アレはあくまで冗談というか……」

 分かりやすいほど動揺するアリスが本当に可愛らしく、ついつい意地悪な会話を続けてしまう。
 俺にズルズルと引っ張られながら、アリスは顔を茹でダコみたいに赤くして、わたわたと手を動かしながら必死に俺を説得しようとする。

「そ、そりゃ、い、いずれは、そそ、そうなると思いますし……わ、私は、元人間ですから、そそ、そういう方面にも理解はある、つつ、つもりですが……そういうのは、も、もっと段階を踏んで……」
「ふむ、段階って例えば?」
「そ、それはほら……や、やっぱり、初めては……月明かりの差し込む、海辺のコテージに二人っきりでとか……そういう状況になってから……」
「……」

 意外とロマンチストだなアリスって……どうも、長い事恋愛をしようとしてもできなかった事もあって、そういうコテコテな感じの、良い雰囲気ってものに憧れがあるのかもしれない。
 たぶんだけど、結婚式は絶対に海辺の教会が良いとかいうタイプだ。

「う~ん。流石にその条件を満たす場所は、すぐには思い浮かばないな」
「で、でしょ!? だ、だから、そういうのは、もっと互いに……あ、ああ、あ、愛を深めてから、ゆっくりと……」

 愛というのがよっぽど恥ずかしかったのか、何度もどもりながら必死に、もっと時間をかけて愛を育もうと告げてくる。
 正直言ってそれには賛成だし、あくまで現在の俺はアリスをからかってるだけなので、本人に心の準備が出来ない内に強要する気なんて全く無い。

 からかうのはこの辺りにしておこうかと思いつつ、俺は足を止めてアリスに声をかける。

「……たしかに、アリスの言う通りだな。焦る事なんてないよな」
「そ、そうです! じ、時間はいっぱいありますから……その、だから……きょ、今日のところは……キスまでで、お願いします」
「え? あ、ああ、了解」

 もじもじと恥ずかしそうに顔を俯かせながら、キスならしても良いと告げるアリスを見て、心臓が大きく跳ねる。
 演技だった筈なのに、なんか変に恥ずかしくなってきた……やばい、このままじゃアリスの顔がまともに見れなくなる。

 気恥ずかしさが大きくなってきた俺は、それを誤魔化すようにネタばらしの言葉を口にする。

「……ま、まぁ、さっきのはちょっとアリスをからかっただけなんだけど……」
「にゃっ!? ……ひ、酷いですよカイトさん! 私の乙女心を弄んだんですね!?」
「ごめん……っていうか、最初にからかってきたのはアリスだろ?」
「うぐっ……そ、それは……」

 俺にからかわれた事を知ったアリスは、怒ったような表情を浮かべるが……そもそも自分が最初に言い出したという事を指摘され、反論できずに言葉を引っ込める。

 そして俺達は、ゆっくりと無言で歩きだす。別に俺もアリスも怒ってる訳ではなく、単純に恥ずかしくてなにを言えばいいか分からない感じだ。
 そのまましばらく足を進めていると、ふと俺の頭にある疑問が浮かんだ。

「……そう言えば、アリス」
「な、なんですか?」
「比べるまでもなくアリスの方が遥かに強い訳だし、本当に嫌なら簡単に振りほどけたんじゃ……」
「~~!?」

 そう、先程俺はアリスを引きずるように連行しようとしていたが、よくよく考えてみれば、アリスが本気で抵抗していたら俺の力で動かせる訳が無い。
 だけど、アリスはずるずると俺に引きずられた……つまり、それって……殆ど抵抗して無かったって事じゃ……

 俺の質問を聞いたアリスは、一度顔を俯かせ、聞き取り辛いほど小さな声で呟く。

「……い、嫌だなんて、い、言った覚えはないですし……」
「え?」
「な、なんでもないです!?」
「アリス、今なんて?」
「し、知りませんっ!?」
「ちょっ、アリス!?」

 アリスは捲し立てるように早口で告げ、プイッと顔を逸らしてしまう。
 その反応が、あまりにも可愛すぎて、微かに聞こえた発言も相まって、繋いでいる手がやたら熱くなった気がした。

 拝啓、母さん、父さん――やはり恋人同士になったという事で、以前と似た内容の会話でも結果が変わってきたりするし……俺の方も認識が変化しつつあるのか、なんだか妙に――アリスを女の子として意識しているみたいだ。



シリアス先輩「……ごふっ……」

~おまけ~
【冥王愛好会絶対厳守事項】
①クロムエイナに迷惑をかけない
②クロムエイナにむやみに話しかけない
③幹部の許可を得ていない情報を拡散しない
④クロムエイナの友人及び家族に対しても同様
⑤一つでも破った場合は会長から制裁を受ける
⑥その他状況に応じて細かいルール多数。

【入会条件】
・年一回の試験を突破する事

【試験内容】
筆記試験……500問(450点以上で突破)
適正検査……8種
実技試験……5種
担当者による第一面接
幹部による第二面接
会長による最終面接

【入会後】
研修期間(愛好会のルール学習)1ヶ月
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ