挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
勇者召喚に巻き込まれたけど、異世界は平和でした 作者:灯台
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

146/523

クロノアさんは不憫な方だ

本日は二話更新です。これは二話目ですのでご注意を
 シロさんとのデートが始まり、場面は突然海へと変わった。
 うん、自分でも何言ってるか分からないけど……事実なので仕方が無い。

「……海ですね」
「はい。海です」
「……でも、これ、泳げなくないですか?」
「泳ぐ? ……ああ、成程」

 そう、シロさんが連れて来た場所は、海は海でも……白い砂浜広がる海水浴に適した場所では無く、断崖絶壁の上だ。
 海に行きたいと言うのでてっきり海水浴かと思ったが、単なる思い付きだったらしい。

 そしてシロさんは再び俺の方をジッと見る。たぶんまた俺の記憶を覗いているのだろう、しばらく沈黙して何かに納得したみたいに頷く。
 そしてシロさんが軽く指を振ると、大地が震え……断崖絶壁が砂浜に変わった。えぇぇぇ!?

「これで問題ありませんね」
「いや、大ありだと思うんですけど……」
「後で戻すので大丈夫ですよ?」
「そういう問題っ!?」

 一瞬で大地を造り変えるって、この方本当にチートだよ、今まで見て来たとんでもない方々が霞んで見える程の凄まじさだ。
 白い砂浜に変わった光景に、唖然とする俺の前でシロさんは俺の方を向き指を振る。

 すると俺の服装がトランクスタイプの水着に変わる……もう、この方に驚くのは止めよう。本当に。何でもありだ。
 そして自分の格好に驚いた後、シロさんの方に視線を向け……

「ッ!?」

 言葉を失った。
 シロさんの服装もいつの間にか水着に変わっていて、白色のフリルが付いた水着に、青い模様の入ったパレオ、頭にはちゃっかり麦わら帽子までかぶっている。
 普段は法衣に隠れている芸術的なまでに美しい肌が露出され、豊満な胸が露わになっており、まるで後光でもあるような神々しさだった。

「これで、海水浴ができますね」
「え? あ、ああ、はい、そそ、そうですね!?」
「どうしたました?」
「あ、いえ!? 別に……」

 急に話しかけられて、自分でも分かりやすい程緊張してしまった。
 あまりにもシロさんが綺麗で、見とれてしまっていたとはとても言えない。

「それは、ありがとうございます……というべきですか?」
「……心読まないで下さい」

 物凄く恥ずかしい。何この羞恥プレイ?
 こっちの感想が全部伝わるとか、改めて考えても凄く恥ずかしい……ま、まぁ、相手はシロさんだし、仕方が無いと言えば仕方ないか……

 色んな意味で顔を赤くする俺の前で、シロさんは気にした様子もなく、パラソルやビニールシートを出現させる。
 そして、俺の方を振り向き無表情のままで告げる。

「では、泳ぎましょうか」
「あ、はい。そうですね」
「その前に……」
「へ? えぇぇぇ!?」

 シロさんが指を振ると、海の中から魚やら数メートルはありそうな巨大な海蛇が浮かび上がり、そして消える。

「海水浴の間だけ移動してもらいました」
「……どこへ?」
「『今造り出した』別の海です」
「……な、成程……」

 驚くのは止めようと思ったばかりだが、ごめんやっぱ驚いた。
 ま、まぁ、ここはプラスに考えよう。泳ぐ際の危険が無くなったんだと、そう思う事にしよう。

 ともあれ気を取り直して、シロさんと共に海に入る事にする。
 ここが何処の海かは知らないが、水温はやや高めで気持ちが良い。
 あれ? そう言えばシロさんの髪って、膝下まである程長かった気がするんだけど、泳ぐ時に邪魔になったりしないんだろうか?

「シロさ――っ!?」
「どうしました?」
「い、いえ……」

 シロさんの方を振り向くと、海水に浸かったシロさんの髪は、元々煌くような銀白色の髪が濡れて艶を増し、太陽の光を受けて輝いている。
 ただ海に入っているだけなのに、絵画みたいに芸術的な光景だった。

 本当にこの方の容姿はズルすぎると思う、行動一つとっても絵になるとか……
 長い髪は水に浸かって広がっているが、当のシロさんは気にした様子はない。

 そしてそのまま何をするでもなく、シロさんと一緒に水の中を漂う。
 シロさんは相変わらず無表情のままだが、口角が僅かに上がっているので楽しんではくれているみたいだ。

「ところで、カイトさん?」
「なんですか?」
「ポロリという……乳房を出す行為は、行った方が良いのですか?」

 何かまた突然とんでもない事言い始めたんだけど!? 変な記憶読みとらないで下さい!?
 てか、確かにお約束とは言いますけど……宣言してやるような事じゃないですからね。

「……駄目です」
「なりません! シャローヴァナル様! そのようなふしだらな!?」
「……何で居るんですか、クロノアさん?」
「……世界中の海を探した……流石に疲労が溜まった……」

 突然現れたクロノアさんは、海の上に立っていて、シロさんに慌てた様子で話しかけていた。
 どうもシロさんが海へ行くと宣言して消えた後、世界中の海を探しまわったみたいで、よく見ると額に汗をかいているし肩も上下に動いている。
 ただ、えっと、非常に申し上げにくいんだけど……海に入っている俺の前で、海の上に立たないで下さい。その……見えそうです。

 目のやり場に困るクロノアさんの登場で、俺の動揺も大きくなる中、シロさんは相変わらずの抑揚の無い声で告げる。

「丁度良いです。時空神、もうすぐ昼食の時間なので用意してほしいものがあります」
「はっ! 何なりと!」
「では、『海の家』を」
「……は? え、えっと、不勉強で申し訳ありません。シャローヴァナル様、そのウミノイエというのは、一体どういった料理なのでしょうか?」
「料理では無く、海の家です」
「……は、はぁ……」

 なんか無茶苦茶な要求し始めたんだけど!? 海の家って、いや確かに海水浴の定番だけど、ここ異世界!? クロノアさんも料理名だと思ってるし!?
 これ、ある意味パワハラなんじゃなかろうか……ともかく、これは俺が助け舟を出さないといけない気がするが、海の家の説明ってどうすればいいんだ?

「えっと、クロノアさん。海の家というのは、俺の世界にある……な、何て言えば良いのか、小さな食堂みたいなものです」
「な、成程……して、シャローヴァナル様、その食堂はどのような外観でしょうか?」
「海の家の外観です」
「……ミヤマ、頼む。助けてくれ」
「あ、はい」

 クロノアさんが不憫すぎる!? シロさん全然行間読んでくれないから、全くイメージが伝わってないよ!?
 えっと、どうしよう……俺の頭に思い描く光景をそのまま伝えられたらベストなんだけど……あっ、そうだ。

「シロさん、俺の記憶にある海の家の情報を、クロノアさんに伝達とかできます?」
「可能です」
「じゃあ、それをお願いします」
「分かりました」

 シロさんが頷くと同時に、クロノアさんがやや驚いた表情を浮かべる。
 恐らく俺の記憶が伝達されたのだろう、そして少し沈黙した後でシロさんの方を向き片膝をつく。

 どうでもいいけど、海の上で片膝付いて、水に浸かっているシロさんに頭下げる光景はなんだかシュールだ。

「理解いたしました。必ずや、シャローヴァナル様にご満足いただける物をご用意いたします」
「よろしくお願いします」
「はっ! ところでミヤマ……」
「え? あ、はい?」
「あまり我が言う事ではないかもしれぬが……幼少以降あまり出歩いていないのは褒められんぞ、健康にも悪かろう」
「……あ、はい」

 いらん記憶まで伝達するな!? ぼっちを心配する教師みたいな顔してるじゃないかクロノアさん!?
 微かに哀れみの籠った視線に晒され、何とも言えない居心地の悪さを感じつつ頷く。

 そして、クロノアさんが海の家を準備する為に移動しようとした時、シロさんが口を開いた。

「待ちなさい、時空神」
「は? はい! なんでしょうか?」
「その服装は駄目です」
「は? 服装、ですか?」
「はい。海では水着になって下さい」
「……は? なぁっ!?」

 そう言ってシロさんが指を振ると、クロノアさんはいつも来ている長袖の法衣……全く肌が露出していない恰好から、スレンダーな体形がハッキリと分かるスポーツタイプの水着へと変わる。
 クロノアさん腰細っ!? 本当にモデルみたいだ……

「しゃしゃ、シャローヴァナル様!? い、いい、一体何を!?」
「海では水着です」
「しし、しかし!? わ、我は、肌が露出する女らしい服など、に、似合いませぬし……」

 クロノアさんは大慌てで、水着の胸と下半身を手で隠し、顔を真っ赤に染めながら言葉を発する。
 しかしそこは天然女神、全く気にした様子もなく、俺の方を振り返る。

「どう思います? カイトさん?」
「へ? あ、ええっと……」
「み、ミヤマからもハッキリ言ってくれ! 我にこのような格好など……」
「いえ、クロノアさんはスラッとスレンダーですし、その水着はよく似合ってて、綺麗だと思いますけど?」
「なぁっ!? み、ミヤマ!? お、お前まで、我をからかうのか!? ふ、ふしだらな!!」

 あれ? ひょっとして、クロノアさんって……女性らしい扱いされるのに慣れてない、とか?
 何か明らかに動揺しているし、普段からは想像もできない程恥ずかしそうにしてるし……

「では、準備をお願いします」
「し、しかし、この格好は……」
「準備をお願いします」
「……か、畏まりました。直ちに」

 淡々と告げるシロさんの言葉を受け、クロノアさんは真っ赤な顔のままで、諦めたように肩を落とす。
 うん、力関係がありありと伝わってくるというか、なんと言うか……クロノアさん、可哀想。

 拝啓、母さん、父さん――海でもシロさんは相変わらずチートな上に天然で、現れたクロノアさんにさっそく無茶振りしてたよ。いや、本当に――クロノアさんは不憫な方だ。





















いわれない羞恥プレイがクロノアを襲う。

作中内の胸の大きさ序列(適当)

ライフ=リリウッド
~Eカップの壁(以下Dカップ)~
シャローヴァナル>陽菜
~Dカップの壁(以下Cカップ)~
フェイト>アニマ>リリア>葵=ルナマリア>イータ=シータ
~Cカップの壁(以下Bカップ)~
ノイン>ジーク>クリス>アイシス
~Bカップの壁(以下Aカッ)~
アイン>アリス>クロムエイナ
~膨らみの壁(以下絶☆壁)~
ラズリア>クロノア

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ