挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

幸福な朝のおはなし

作者:帚星 千日紅
 あるところに、お母さんとぼうやがふたりきりで暮らしていました。
 お父さんはいません。
 ぼうやのお父さんは、ぼうやが生まれる少し前に、病気で亡くなってしまったのでした。
 けれど、ぼうやはお父さんが大好きでした。

「ぼくは、おとうさんが だーいすき。でも、ぼくは、おとうさんのことをちっともしらないんだ。こんなかなしいことって ないよ。」

 お母さんは、ぼうやをかわいそうに思って、お父さんの写真を見せたり、お父さんのお話をしたりしてあげましたが、ぼうやは悲しくなるばかり。

 そんなある雪の夜、泥棒がやってきて、お母さんとぼうやの家に忍び込みました。
 泥棒は、お母さんとぼうやが寝てしまうのを、天井裏で待ちました。
 お母さんとぼうやは、おやすみのお祈りをします。

「おとうさん、おやすみなさい。ああ、おとうさんのこえが きけたら、どんなにうれしいかしら。おとうさんのおかおが みられたら、どんなにうれしいかしら。おとうさん、ゆめでいいから、ぼくのところに あいにきてね。」

 家中の明かりが消えて、泥棒は しめた、と思って天井裏から滑り降りました。
 その時です。
「おとうさん。」
 ぼうやが起きてしまいました!
 どうやら、ぼうやは、泥棒をお父さんだと思っているようです。
 寝ぼけているのでしょうか。それとも……。
 泥棒は、うんと怖い声で、
「しずかにしろ、さもなければ……。」
と言いました。
 するとぼうやは「うわあ。」と言いました。
「おとうさんのこえは、うんとひくいんだね。」
 それで泥棒は、手を高くあげて、熊みたいに襲いかかるまねをしました。
 するとぼうやは「うわあ。」と言いました。
「おとうさんのせは、うんとおおきいんだね。」
 しかたなく、泥棒は、ぼうやをつかまえて――ぼうやはちっともにげません――口を塞ぎました。
 するとぼうやは「ふがふが、ふがふが。」と言いました。
 あんまりふがふが言うので、泥棒がそっと手をはなすと、ぼうやは、
「おとうさんって、とっても、あったかいんだね。」
と言いました。
「ぼくね、おとうさんにあえるのを、うまれてからずぅっと、まっていたんだよ。おとうさん、ぼくに、あいにきてくれてありがとう。おとうさん、だぁいすき!」
 ぼうやはそういって、にこにこ笑いました。
 あんまりぼうやが嬉しそうにするので、泥棒はこまって、しかたなく、ぼうやを腕に抱いて、ゆりかごみたいにゆらしました。
 ぼうやはそのうち、ねむってしまいました。
 その寝顔の、かわいらしく、やすらかなこと。
 きっと、ぼうやのお父さんも、こんなぼうやの顔を見たかったにちがいありません。
 泥棒は思いました。
(おれは、このこの、おとうさんのかわりに、ありがとうといわれたのだ。なんて、もうしわけないのだろう。)
 泥棒は、泥棒をやめることを決心して、ぼうやをそっとベッドに下ろしました。
 それから、うんと優しい声で、こもりうたをうたいました。

  ぼうや、わたしの かわいい ぼうや
  いつでも おまえを みまもっている
  おとうさんは、おまえが生まれる ずっと前から
  お前のことが だいすきなんだ
  これからも ずっと ずっと だいすきだよ

 つぎの朝、ぼうやが目覚めたとき、泥棒はいませんでした。
「ねえ、おかあさん、ぼくは、きのう、おとうさんにあったんだ。」
 お母さんは、
(きっと、ゆめをみたのね。)
と思いましたが、黙っていました。
「おとうさんはね、うんとひくいこえで、うんとおおきくて、うんとあったかかったんだよ、それから、おかおは みられなかったけど、ぼくに こもりうたを うたってくれたんだ。」
 おおよろこびのぼうやをお母さんは抱きしめました。
 それからしばらくふたりは抱きあっていました。

 ある雪の夜の次の、幸福な朝のおはなしです。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ