挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界で教師⁈やらされました 作者:田中 凪
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

29/89

28

俺は、今日の生徒達の様子をラムラナンに話していたのだが、
ラム「あっはっはっはっはっは。そりゃ呆れられるだろうさ。」
めっちゃ笑われた。それどころか他の教師達ですら静かに笑っている。
大「無詠唱なんて誰でもできんだろ。」
ラム「それができないからみんな詠唱をしてるんじゃないか。」
というか、決闘を終えてからのラムラナンは意外と気さくだった。心が入れ替わったのか、それとも素なのだろうか?
とにかく、話しやすくなった。のだが、これはちょっと変わりすぎじゃね?
ラム「そもそも、頭の中で明確なイメージがないとできないしな。俺からしてみたらはそんなのをできるのなんてただの化け物さ。」
大「じゃあ俺は化け物ってことか。」
ラム「そりゃそうだろ。無詠唱で魔法を使えるなんてのは記録に残ってる限りでは、数千年前に1人が最後だからな。」
そこまでか。
大「なら、俺の授業受けてみる?」
ラム「ぶっ?!」
その瞬間、ラムラナンは飲んでいたワインを吹き出した。
大「なんかまずった?」
ラム「正直言って俺がついて行ける気がしないし、クラスの授業もあるからな。」
大「午後が空いてんじゃねえか。」
ラム「まあ、そういうことならやってみたいな。」
大「じゃあ、早速明日から。」
ラム「おうよ。」
この時、彼は知らなかった。大輝の授業がとんでもなく辛いことを・・・
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ