挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
レベル1だけどユニークスキルで最強です 作者:三木なずな

第一章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

3/198

03.SランとAランの壁

 次の日、テルルの地下一階に一時間くらい潜ったあと、ドロップしたもやしを担いでシクロの街に戻って、お世話になってる買い取り屋「燕の恩返し」に持ち込んだ。

 燕の恩返しはこの日も大盛況だ。
 この世界では全ての物がダンジョンのモンスターからドロップされる。
 おれが元いた世界でいうところの第一次産業――原材料を生産のにあたるのがダンジョンと冒険者、そしてこういう買い取り屋って訳だ。

 街はほとんどダンジョンの近くに集まって、街には冒険者と買い取り屋があふれかえってる。
 それがこういう盛況を作り出してる。
 よくよく考えたら面白い光景とシステムだ。

 そんな事を考えつつ、買い取りのために開いてるカウンターを探す。
 ちょうど一組の買い取りが終わって、カウンターが空いた。
 おれはそのカウンターに向かった、何回も買い取りを担当してもらった、もはや顔なじみの店員、エルザ・モンスーンが笑顔でおれを出迎えた。

「いらっしゃいませ。今日も大漁だったみたいですね」
「そこそこさ。頼むよ」
「はい、ちょっと待ってくださいね。えっと、サトウ・ヨータさん」
「亮太だ」

「ああっ、ごめんなさい。リョータさんの名前他のみんなとちがって、難しいんですもん」
「わるいな」
「いいえ、こっちこそごめんなさい」

 エルザはペロッ、と舌をだすイタズラっぽい笑顔をして、カウンターの上に置いた袋の内容を確認した。

 量をはかって、金額を計算する。

「はい、えっと……全部で1967ピロですね。リョータさんいつも大量に持ち込んでくれますから、2000ピロにサービスしてあげます」
「ありがとう。でもやっぱりもやしだから大した金にはならないな」

 ダンジョンに潜った時間を考えると時給は1000ピロとちょっとだ。
 ピロの価値は大体円と同じだから、いいといえばいいし、悪いといえば悪い。

 ……サビ残が月平均100時間だったあの頃からすれば天国だけどな。

「テルルの地下二階に行ってみるかな。地下二階はどんなんだっけ」
「モンスターは眠りスライム、ドロップはニンジンですね」
「ニンジンか……」

 おれはその光景を想像した。
 スライムを倒して、アイテムとしてニンジンがポン、とドロップされるのを。

 シュール過ぎる。
 シュール過ぎるけど、これがこの世界の「あたりまえ」なんだよなあ。

「他のダンジョンはどうですか? 地下一階でも、他は全部テルルより稼ぎがいいと思いますよ?」
「他のダンジョンってどんなのだっけ」
「シリコンとか、アルセニックとか、色々あるです」
「面白い名前ばかりだな」
「そうですか?」

 小首を傾げるエルザ。
 まあ、そこにすんでる住民にとっては普通なのかもな。

「あっでも、最近生まれたダンジョンの名前は難しくて、ちょっと言いにくいです」
「生まれた? ダンジョンって生まれるものなのか?」
「はい、時々生まれますよ?」

 またまた小首をかしげて、「あたりまえじゃん?」みたいな顔をするエルザ。
 そうか生まれるのか。

「どんな名前なんだ?」
「えっと、ニポ――じゃなくて、ニホニウム、っていうみたいです」
「ニホニウムか、言いやすいな」
「そうなんですか」

 なんというか「おれがかんがえたさいきょうのげんそ」って感じの名前で、妙に親近感が湧く。

「ドロップは今、ネプチューン一家が調べてるからすぐに分かりますよ」
「ネプチューン一家?」
「しらないんですか? シクロで一番力のある組織です、植物ドロップAが五人もいるすごい集まりなんですよ」
「へえ、じゃあすごい野菜とか果物とか持ってくるのか?」
「すごいのはすごいですけど、うちには持ってきませんよ」

 エルザは苦笑いした。

「なんで?」
「量が多いし、高価な物もあるから。聞いた話ですけど、この前一玉五万ピロのメロンを何百個も一気にダンジョンから持ってきたみたいです。一家総出の大ミッションだったみたいですね」
「ほえー」

 すごい話もあったもんだな。
 つか一個五万ピロのメロンってどんなんだ? 夕張メロンとかマスクメロンとか、ああいう高いやつか?

 そんな風にエルザを話し込んでたが、ふと、後ろがつっかえてることに気づいた。
 同じように買い取りを持ち込む冒険者達がみんな渋い顔をしてる。

 おっと、これはまずいな。

「ごめん話しこんだりして。おれはこれで。また明日」
「あの!」
「ん?」

 きびすを返して店を出ようとしたら、エルザに呼び止められた。
 立ち止まって振り向く、彼女は何故かもじもじしている。

「どうかした?」
「リョータさんは! び、ビールとか好きですか?」
「ビール?」
「はい。そこの角に最近できたお店があって、ランタンっていうダンジョン直送の美味しいビールを出してくれるんです。も、もしよかったら今日一緒に行きませんか!」
「ビールか……」

 迷うなあ。
 ビールは嫌いじゃない、むしろお酒の中じゃ一番好きだ。
 好きなんだけど……今の全財産は2000ピロだ。
 飲みに行けるほどの持ち金じゃない。
 それに、家でエミリーが待ってるしな。

「わるい、今日は遠慮しとくよ」
「そうですか……」
「じゃ、またな」
「あっ、ちょっと待ってください。これ」

 今度こそ立ち去ろうとしたが、またまた呼び止められた。
 エルザはカウンターの裏からチケットの様なものを取り出しておれに渡した。

「これは……クーポン?」
「はい! 次回だけ5%ましで買い取り出来るクーポンです」
「こんなのがあるのか」
「はい」

 エルザはウインクをして、イタズラっぽい笑みを浮かべる。

「これからもうちをいっぱいひいきにしてくださいね」
「わかった、ありがとう」

 エルザに手を振って店を出た。

 表は店の中に勝るとも劣らない程多くの人々が行き交っていた。
 五つのダンジョンを持つ、農業都市シクロ。

 ダンジョンのモンスターがほとんど植物をドロップするから、そっちがドロップが高い人間が集まってくる街で、今も数万人がここで生活している。
 純粋な住民と、ダンジョンにもぐって野菜を生産してくる冒険者。
 この二種類の人間が自然と混ざり合う、不思議な街並み。

 夕食用に何かもやしと合う食材を買って帰ろう、2000ピロ以内で。
 そう思いながら、街をぶらつきつつ、家路についたのだった。

      ☆

 燕の恩返しの中、切なげな顔でドアを見つめるエルザと、隣のカウンターにいる同僚のイーナ。

「残念、フラれちゃったね」
「ふ、ふふふふふられてないし。というかそういうのじゃないし!」
「あははは、隠さない隠さない。そんな顔をしてたらバレバレだから」
「そういうのじゃ……ないし……」
「一つだけアドバイスしよう。ああいう仕事人間っぽいのは飲みにさそったら飲みだけでおわるから、違う誘い方をするか、ちゃーんと言葉にしないと伝わらないよ」
「だからーー」
「あっ、お客さん来た。いらっしゃいませー。わあイヴちゃん、今日もすっごいいっぱい持ってきたね」

 イーナは今し方入って来た、カートを引く小柄なバニーガールの接客に向かった。
 一方的に指摘され、取り残されたエルザは。

「ちがうし……全然違うし……」

 と、またまた切なげにつぶやくのだった。

     ☆

 家に戻ってきた。
 シクロの街の寂れた場所にある、築87年の安アパート。
 ドアに手をかけて、とまる。

 中から人の気配がする。
 ごめん嘘ついた。気配が分かるのは言いすぎだ、そんな達人じゃない。

 安普請のアパートで、外にいても中のバタバタしてる足音がきこえるのだ。
 中に人がいる、エミリーだ。
 それはいい、いいんだが。

 ……どうしたらいいんだ?

 よくよく考えたら、誰かがいるうちに帰るのは数十年ぶりだ。
 どうすればいい、ただいまって言えばいいのか?

 あー……うぅ……。
 ええい!

 考えててもしょうがない! とにかく中に入ろう。

「た、たりゃひっーー」

 ドアをあけてーーかっこわるくも盛大に噛み倒してしまった。
 百年の恋がいっぺんにさめかねない、かっこわるすぎる噛み方だ。

「お帰りなさいです」

 エミリーはニコニコしながらおれを出迎えた。

「た、ただいま」

 今度はつっかえたけど、なんとか言えた。

「はい、お帰りなさいです」
「今日何をーーって、なんか部屋がすごく綺麗になってる?」
「はい、お掃除しました」
「お掃除って……そういうレベルじゃないぞ」

 そう、そういうレベルじゃない。

 壁は真っ白、床はピカピカ。
 朝出かける前はゴキブリ大戦争が起きてもおかしくなかったくらいぼろっちかったのが、今はまるで新築かってくらい綺麗になってる。

 これじゃ掃除というよりリフォームだ!

「ダメだったですか? お部屋をお掃除するのはじめてですから、はりきっちゃったです……」
「いや、まずいって事はない。むしろすごい」
「そうですか!」

 シュンと沈みかけたエミリーの表情が明るくなった。
 しかし……すごいなあ。

 部屋の中にはいって、隅々まで細かいところをチェックする。
 一つだけある窓の枠を指でなぞってみたーーつるっと滑った!

 どんな意地悪な姑でも文句がつけられないくらい綺麗だ。
 もうひたすらすごい、すごいって言葉しかでない。

「はい、ヨーダさん。タオルどうぞ」
「タオル?」

 エミリーが差し出したのは熱い蒸しタオルだった。
 それを受け取って、自然に手をふいて顔もふく。
 すごくさっぱりしてて気持ちがいい。

「これは?」
「一日ご苦労様です。お茶もありますけどどうですか?」
「お茶まであるのか!?」

 なんかすごい、至れり尽くせりとはこういうことをいうんだろうな。
 エミリーのおかげで、帰宅してからずっと気持ちいいのが続いた。

 その分エミリーがせわしなく動いていた。

「エミリー、そんなに色々いいから、休んだらどうだ? つかれただろ」
「おうちの中でなんかデキるの新鮮でたのしいです、全然つかれてないです」
「はあ。ならいいけど」

 エミリーは自己申告通り、本当に楽しそうで、終始ニコニコしていた。
 まあ、そういうことなら好きにさせとくか。

「そういえば、新しいダンジョンが生まれたってな。ニホニウムっていう」
「それ、わたしも聞いたです。なんかダメなダンジョンみたいです」
「ダメなダンジョン?」
「いろんな人が調査に行ったんですけど、全然何もドロップしないダンジョンみたいです。他の街からも応援を呼んで、いろんなドロップAの人もたくさん行ったですけどやっぱりなにもドロップしないみたいです」
「へえ、そういうのもあるのか」
「あるですよ。クロムってダンジョンがあるですけど、同じように何もドロップしないです。でもそこのお水は美味しくてそれを売る人もいるので、ドロップが水だって言う人もいます」
「なるほどな……」

 ドロップしないダンジョン、ニホニウムか。
 ちょっと気になるな。

     ☆

 次の日、いつもとおりテルルの地下一階に行くエミリーと別れて、おれはニホニウムに向かった。

 あれこれドロップするこの世界のダンジョン。
 ビールとかワインとか、焼酎とか、アルコールだけをドロップするダンジョンもあるし、肉は肉でも霜降り肉ばかりドロップするから荒くれ者集団に独占されてるダンジョンもある。

 ダンジョンがあらゆる物をドロップするこの世界で、何もドロップしないというのが逆に興味をもった。

 ダンジョンにやってきて、中に入った。

 テルルの地下一階とは違って、鍾乳洞のような、天然の洞窟って感じのダンジョンだ。
 中には人気もなく、能力をチェックできるナウボードもない。
 多分なにもドロップしないから、そういうのを取り付けないんだな。
 なんというか、生まれたばっかなのにこの放置されっぷりが本当になにもないって証明しているようでもある。

 まあいい、実際にみてみるだけだ。おれでもーードロップSでも何も出ないならテルルに戻ってエミリーと合流するだけ。
 さて、どんなモンスターがでるかな?

 しばらくダンジョンの中をぶらつくと、モンスターが現われた。

 現われたのは人間っぽい姿の、しかし服がぼろぼろで、骨しかない様なモンスター。
 名前は多分スケルトン、そういうモンスターだ。

 スケルトンに攻撃をしかけた。
 狙いをつけて、竹槍でスケルトンの体をつく。

 ボロボロの服が貫通を貫通したが、骨には当たらなかった。
 竹のヤリをぬいて、必死に避けて、横合いから今度は頭を突き刺した。

 全力の一撃、竹のヤリは頭を貫通した。
 そのままケリをいれて、竹のヤリでメッタ突き。
 あっちこっちの骨を破壊されたスケルトンはよろめき、膝から崩れ落ちて、地面に倒れる。

 動かなくなって、そのまま消えた。
 ふう……。

 そしてドロップは……おっ?

 スケルトンがいたところに種みたいなものが落ちてた。
 これがドロップなのか?

 そう思って、種を拾い上げるとーー触った瞬間すぅと溶けた。
 アライグマが綿菓子を水の中につけたのと同じように溶けてなくなった。

 どうしたんだ? どういうことだこれ?
 そんな事を思っていると。

 ーーHP最大値が1あがりました。

 どこからともなくそんな声が聞こえてきたのだった。
面白かったらブクマ、評価してくれるとすごく嬉しいです!

■書籍版一巻、おかげさまで重版です!

ovsadtq5e4x9d2l175yb7dnkd29_sjg_9s_dv_1g
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ