挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
レベル1だけどユニークスキルで最強です 作者:三木なずな

第一章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

27/197

27.目玉商品のオーダー

 朝、ニホニウム地下三階に潜っていた。
 モンスターは包帯まみれのマミー、この手のモンスターの弱点は多分炎だ。
 おれは火炎弾を銃に込めて、マミーを探した。

 すぐにマミーが現われた。
 両手を突き出して近づいてくるマッチョなミイラに向かって、火炎弾を打ち込む。
 命中、魔法陣が展開されて、マミーが燃え上がった。

 火だるまになっても前に進むが、一歩、二歩と踏み出しただけで、体が崩れて地面に倒れた。
 やがて完全に動かなくなって、死体が消えて種がドロップされる。
 拾って速さを+1する。

 うん、これはいい。
 通常弾はかなり撃ち込まないと倒せなかった、かといって接近して殴るのは危険が伴うし効率が悪い。
 その分火炎弾なら一発一殺、しかも安全だ。

 ニホニウム地下三階、マミー。
 ここは火炎弾さえあれば、安定して通う事ができるみたいだ。

 おれはあらかじめ大量に用意した火炎弾を使って、無人のダンジョンを徘徊した。
 マミーを倒して、種をゲットして、速さを上げる。

 午前中の半分だけで、速さをDからCまであげられた。
 ちなみに確認は後付けだが、どれくらいあげればDからCになるのかはHPと力で知ってるから、誤差なくちゃんとあげられた。

 午前中の残った半分の時間は用意してきた集荷箱に種を詰めた。

 箱を持って、マミーを探して、火炎弾で倒す。
 箱を持って、マミーを探して、火炎弾で倒す。

 それを繰り返して、回復弾を50発確保した。

     ☆

 午後、日課の40000ピロ分のもやしを魔法カートごと燕の恩返しに持ってきた。
 手続きをしてくれたイーナからぴったり40000ピロをもらって、さて次はニンジン狩りだと店を出ようとしたその時。

「サトウさん……ちょっといい?」

 イーナがおれを呼び止め、なにやら言いにくそうな表情をしていた。
 普段はエルザと仲がよくて、明るい表情で友人をからかっているイメージの強いイーナ。
 彼女のこんな表情ははじめてみる、ちょっと珍しくて――気になった。

「ちょっと相談があるの。ここじゃアレだから」

 そう言われて、店の外に連れ出された。
 店の裏、人気のいない所に二人でやってきた。

「実は……うちの実家、八百屋をやってるの」
「そうなのか」
「でもそんなに儲かってなくて。なんというかシクロって農業都市じゃない? 八百屋も多いし、他の店と売ってるものほとんど同じだから、引きが弱いんだ」
「ふむふむ」
「それで……ね、サトウさんになにかこう目玉になるようなものを、実家の店に定期的に納入してもらえないかなあ、って――」

 上目遣いでおれをうかがうようにして。

「だめ、かな?」
「いいよ」

 おれは即答した。
 そういう人助けなら別に構わないと思った。

     ☆

 テルルダンジョン、地下五階にやってきた。
 店の目玉商品として納入するからには、おれの中でも今までにないものを持っていった方がいい。

 そう思って、地下五階に来た。

 少し歩いて、モンスターと出会った。
 スライムだった、ただし普通のスライムじゃなかった。

 そこに数匹のスライムがいて、あるスライムがいきなり他のスライムを呑み込んだ。
 スライムを呑み込んだスライムは姿を変えた、丸いスライムが二つ繋がっているような、そんな姿になった。

 そいつがまた別のスライムを呑み込んで、今度は三つひとつながりのスライムになった。
 呑み込んで成長して、数珠つなぎのスライム。
 こんなゲームあったなあ、と思いつつ銃を構えた。

 まずは通常弾。
 しっかり狙って、ヘッドショット。

 スライムの頭が吹っ飛ぶ――が、胴体になってるところが新しい頭になった。
 金太郎飴――いやだるま落としか?

 スライムの姿にそんなイメージがした。
 これは通常弾じゃ効率悪いな。

 火炎弾に切り替えた。
 飛び込んでくる蛇スライムを避けて、すれ違いざまに火炎弾を打ち込む。
 スライムが燃え上がった。
 火だるまになったまま地面に落ちて、そのまま動かなくなった。

 ポン! と、大玉のスイカがドロップされた。

     ☆

 スイカを持ってダンジョンを出た。
 入り口で待ってるイーナがすぐ様駆けつけてきた。

「サトウさん!」
「これで」
「ありがとう! これが……サトウさんの……」

 イーナはジロジロスイカを見た。

「なんか、みた感じ普通ですね」
「むっ」
「あっ、ごめん。そういう意味じゃなくて、えっと多分味はすごくいいと思います。リョータ・タケノコも見た目は普通だったしその――」
「いや、よく言ってくれた。それは大事なことだ」
「え?」

 イーナはきょとんとした。

「ちょっと待っててくれ。あるものを用意してくる。あっ、その間に味をチェックしてみてくれ」
「はい……」

 キツネにつままれたような表情をするイーナを残して、おれはアレ(、、)をもらいに行くために一旦この場をさった。

     ☆

 夕方くらいになって、今度はイーナを連れてニホニウム地下五階に潜った。
 これからやる事を、説明するよりも実際に見せた方がわかりやすいからだ。

「スイカの味はどうだった?」
「すごく美味しかった! あんなに甘くて瑞々しいスイカはじめて食べた! やっぱりサトウさんはすごいと思った!」
「そうか、品質は問題ないってことだな」
「うん!」
「だったら――」

 そう言ってるうちにスライムが現われた。

「あっ、ヘビスライム」
「名前はそのままなのか」
「うん」
「よし、じゃあ見てて」

 まわりを念の為に確認、目の前にいる体が四連になってるヘビスライム以外モンスターが居ない事を確認してから、イーナを置いて前に出た。
 銃を構える、そしてアイテムを地面に置く。

 飛びついてきたヘビスライムに、狙い澄ました火炎弾。
 四連で体は少し長いが、さっきと同じように一瞬で火だるまになって、地面に落ちて動かなくなった。
 そして、スイカがドロップされて――一瞬で吸い込まれた。
 地面に置いた箱――パンドラボックスに。

「集荷箱?」
「いや、これはある人が改良したパンドラボックスっていうやつだ」
「パンドラボックス? あっ、サトウさんの顔がでた」
「こんな風にモンスターを倒してドロップさせた人の顔がでる仕組みだ。これなら見た目も特殊なものになるだろ?」
「……あっ」

 はっとするイーナ。

「サトウさんの……スイカ」

 彼女はおれの顔をうつしたパンドラボックス。
 生産者表示のあるスイカをみて、徐々に、瞳を輝かせるようになった。

     ☆

 次の日、朝、ダンジョンに行く前に街にやってきた。
 あらかじめ場所を聞いておいたイーナの実家にやってきた。

 朝から開いてる八百屋は人だかりが出来ていた。
 全員が、店の一番目立つところに置かれてるパンドラボックスをみて、あれこれ言い合っていた。

「なんだあの箱は」
「しらないのか? 最近マーガレット姫の空気箱に使われたパンドラボックスってヤツだ。あれを使えばモンスターを倒した人が分かる仕組みになってるんだ」
「へえ、じゃこのスイカはこの男が生産した物ってことか。リョータ・サトウ――ってあのタケノコのか」
「へえ、リョータはタケノコじゃなくてスイカも作ってるのか」
「ちょっと試してみようかな、おやっさん、そのスイカいくら?」
「まてまて、リョータのドロップならおれが先だ」
「いやおれが買う。タケノコはあり得ないくらいうまかった、スイカも気になる」

 店先でちょっとした争奪戦になった。
 スイカを買う人達で賑わって、それに釣られて他の人達も何事かとやってきて、大賑わいになった。
 やがてちょっとしたオークションになって、その騒ぎに釣られてますます人が多くなった。

「ありがとうサトウさん」
「イーナか」

 いつの間にか横にやってきたイーナ……まあ実家だしな。
 彼女は少し顔を伏せて、上目遣いでお礼を言ってきた。

「本当にありがとう」
「どういたしまして」

 請け負った仕事を果たせて、その上感謝もされて二重に嬉しかった。

 ちなみに。
 礼のマーガレット姫の空気を売ってる人からも、パンドラボックスの宣伝になったと、こっちからも感謝されたのだった。
面白かったらブクマ、評価してくれるとすごく嬉しいです!

■書籍版一巻、おかげさまで重版です!

ovsadtq5e4x9d2l175yb7dnkd29_sjg_9s_dv_1g
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ