挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
レベル1だけどユニークスキルで最強です 作者:三木なずな

第一章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

23/197

23.効率アップ

 店の中が更にざわざわした。

「おいマジかよ」
「ネプチューン一家への勧誘って、最後にあったの三年前じゃないのか?」
「しかもリーダー直々の誘いだぜ」

 あっちこっちがざわついて、全員がメチャクチャ驚いてる。
 何人かは固唾をのんでこっちの出方を見守ってる。
 そんなにすごい事なのか、今のって。

「ねえ、どうかな」
「悪いがその気はない」
「そっか、それは残念。あっ、念の為に聞くけど、ホモ疑惑だから断ったとかじゃないよね。それなら安心して入っても大丈夫だから」
「違う、そうじゃない」

 はっきり首を振った。
 ホモとかそういうのとは――うん、関係ない。

 そうじゃなくて、当面組織に所属する気はないんだ。
 この世界に来て、今すごく気が楽だ。
 残業地獄だった前から一変、自由に生きて――文字通りの自由業を満喫してる。
 ネプチューン一家ってのがどういうのか分からないけど、当面はどこにも所属する気はない。

「うん、わかった」

 ネプチューンはしばらくおれを見つめたあと、頷いていともあっさり引き下がった。
 と、思いきや。

「いつでも気が変わったら来てくれて良いからね。ぼくはもうキミのが仲間だと思ってるから」

 結局は全然引き下がってなくて、そんな言葉を残して、二人の女をつれて立ち去った。
 ネプチューンが残した言葉を聞いて、客達はますますざわざわしたのだった。

 後から思い出させられたけど、ネプチューン一家って前に聞いた、ドロップAが五人もいる、ニホニウムを調査したというエリート集団の事だった。
 聞いたけどすっかり忘れてた。

     ☆

 テルル地下一階。
 あの後エミリーから魔法カートを受け取って、居心地の悪くなった店をでて、ダンジョンにやってきた。

 うん、落ち着く。
 あんな事があった後だから、余計にダンジョンの中が落ち着く。
 深呼吸して、すっかりなじみになったダンジョンの空気を肺に取り込んで。

 さあ狩り開始だ!

 早速スライムが現われた。
 銃を構えてトリガーを――となったところでふと魔法カートが目に入って、動きがとまった。
 ある光景が頭をよぎった。

「……うん、それが出来たら効率的に狩れるな」

 頷き、言葉に出してつぶやいた。
 おれは思いついた事をやってみることにした。

 銃を構えたまま待った、スライムが飛んで来た。
 手のひらを突き出して飛んで来たスライムを受け止めて、後ろに流した。

 スライムが魔法カートの真上に来たところで――トリガーを引き。
 銃弾がスライムを撃ち抜いた。
 空中でスライムがポン! ともやしをドロップした。

 もやしはそのまま真下に落ちた、魔法カートにそのまま入った。
 成功だ。

 すぐにまた別のスライムが現われた、待ち構えて、飛びついてきたのを受け流して、魔法カートの上で撃つ。
 もやしがそのまま魔法カートに入った。

 またスライムが現われた。
 今度のスライムの体当たりがちょっと外れた。
 手を伸ばして掴んで、掴んだまま魔法カートの上で撃つ。
 もやしがカートにはいった。

 結構うまく行った。
 モンスターを魔法カートの上で倒す事で、ドロップしたのがそのままカートに入る。

 気軽に出会った瞬間即殺! とはいかなくてやる事が増えたが、ドロップがそのままカートに入る事で時間は短縮した。

     ☆

 もやしを換金した後、地下二階に来た。
 やり方をもうちょっと改良してみようと思った。

 まず、カートを自分の前に来るように押した。
 降りてきてすぐに眠りスライムが現われて、飛んで来た。

 狙いをつける、集中する。
 飛んで来た眠りスライムがカートの真上に来たところで――撃つ!
 銃弾が眠りスライムを撃ち抜く、ニンジンがドロップしてそのままカートに入った。

 よし、上手く行った!
 カートを前に出して、来た瞬間に撃ってそのまま入れる。
 これなら手順が少ないし、受け流すやり方よりちょっと早い。

 このやり方がものすごく手にあった。
 カートを押して、来たのを撃ってそのまま入れる。
 カートを押して、来たのを撃ってそのまま入れる。

 やってるうちに、スーパーでカートをおしてポンポンポンポンとカートに買い物を入れてる様な感じになってきた。

 このやり方だと、前の半分くらいの時間でカートを満杯にする事ができた。
 うん、効率も上がるし、これなら稼ぎに余裕がでるな。

 この日、おれはテルルでのスライム狩りの効率を追求し続けた結果。
 なんと、満杯の魔法カートをシクロまで五往復することが出来て。

「半日だけでこんなに回数持ち込んでくる人始めてみました……」

 エルザに絶句されてしまうのだった。
面白かったらブクマ、評価してくれるとすごく嬉しいです!

■書籍版一巻、おかげさまで重版です!

ovsadtq5e4x9d2l175yb7dnkd29_sjg_9s_dv_1g
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ