挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
レベル1だけどユニークスキルで最強です 作者:三木なずな

第三章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

192/197

192.加速弾

 次の日、ハグレモノの村で同じ弾丸をもう一つとれた。
 一回取ると光の玉は小さくなって、次の日になるとまた同じ大きさに戻ることから、一日で一発とれる感じの物だと判断した。

 もちろん違うかもしれないが、それはおいおい確認していくことにする。

 俺は二発の新弾丸を手にして、誰もいない郊外の荒れ地にやってきた。
 弾丸のテスト、どういう物なのか分からない以上、誰もいない所でやった方がいい。

 そういう意味じゃニホニウムのダンジョンでもよかったけど、あそこはあそこで重要なのが控えている。

 残った能力をSSまであげるのと、鏡・勾玉に次ぐ剣を捜し出してダンジョンの精霊に会うのと。
 それが控えてるから、無茶な事はそこでやれない。

 ちなみにレイアもおいてきた。危険があるかも知れないから、まずは俺一人だ。

 俺はもやしを一本置いて、距離を取った。
 しばらくしてもやしはハグレモノ、スライムに孵った。

 新しい弾丸を込めて、しっかり狙ってトリガーを引く。
 スライム程度ならもはや外しようがないけど、ちゃんと狙ってうった。

 放った弾丸はスライムのまん中をうちぬいた――と思いきやすぅと消えてなくなった。

「回復弾みたいなものか――ガハッ!」

 瞬間、みぞおちに何か強い衝撃を感じた。
 何かで思いっきり殴られた衝撃。
 瞬時に原因が分かった、衝撃の直前にスライムがフッ、と消えたからだ。

 スライムの体当たり、それが体のまん中にジャストミートした。
 地面を蹴って後ろに下がる――と今度は後頭部をガツンと殴られた。

 目の前が一瞬真っ白になる、頭がガンガンして目がチカチカする。
 歯を食いしばって踏みとどまる。

 立て続けの攻撃、そして目や耳が捕らえたほんのわずかな兆候から理解する。
 スライムは、超高速で――今の俺でさえ捕らえきれないほどの高速で攻撃をしてきている。

 理由は明白、あの弾丸だ。
 加速弾……って所か。

 弾丸はもう一発残ってる、もし本当に加速弾なら自分に撃てば対抗できる――が。

 更にテストもしたいし、加速弾だってはっきりとしたわけじゃないし。
 まずはこのままで対処だ。

 その間に横っ面を思いっきり殴られた様な衝撃を受けた、口の中を切って鉄の味が広がった。

 すぅ……と目を閉じる、深呼吸して自分を落ち着かせる。
 神経を……研ぎ澄ませる。

 右脇腹に何かが触れた――脊髄よりも早い反射で肘を落とした。
 全神経を研ぎ澄ませての一撃はしっかり相手を捕らえ、スライムは肘打ちで吹っ飛ばされ、ばらばらに消し飛んだ。

「ふう……」

 おそらく一番スライムに苦戦した瞬間。
 この世界に転移してきた何もなかった直後も含めて、スライムに一番苦戦した瞬間だった。

     ☆

 ニホニウムダンジョン、地下一階。
 ある程度の情報を得た俺はここに場所を移した。

 残ったもう一発の加速弾(仮)を銃に込めて、回復弾と同じように、注射する様に自分に撃った。

 世界が変わった。
 ものすごく静かになった。

 例えるのは難しいが、「静か」というのは「静寂」という音がする物だとは俺は思ってる。というか今までそういうのを経験してきた。

 この静かはまったく違う。
 無音。

 あらゆる物が止まった、空気さえも止まった無音の状態だ。

 これが一発目だったら俺は「時間停止」を連想しただろう、だが先にスライムでタメして、その荒ぶるっぷりを見ていた俺は「超加速」と思った。

 銃を構え、装てんした通常弾を撃つ。
 弾丸は……ノロノロと銃口から飛び出した。

 通常状態のクズ弾の様な状況、ノロノロコマ送りのように進んで行く。
 時間は止まってない、ものすごく遅くなっただけだ。

 全種類の弾丸を連続で撃って、通常弾に横一列で並んだ。
 面白い事に気づいた。

 横一列で並ぶ様にうちだした弾丸は進む距離――つまり速さに違いがあった。

 一番遅いのはもちろんクズ弾、元が遅いのに俺が加速した状況下だと、もはや空中に固定している様な感じだ。

 一番早いのは意外なところで、回復弾だった。
 一斉にスタートを切った状況から回復弾は早くも頭一つ抜けていった。

 かと思えば更に状況が変わった。
 それまで遅かった追尾弾が軌道を変えて、少し離れた所に見えるスケルトンに向かって飛んでいく。ターゲットを見つけ、加速した追尾弾は全弾丸の中で一番早かった。

 加速状態はまだ続いた。
 俺はスケルトンに向かって行った。

 ほとんど静止してる状態のスケルトン。
 二十メートルくらいの距離を俺がゆっくり歩いて近づくまでの間、向こうは閉じた口が指一本はいる程度のスキマを開けた、くらいしか動けなかった。

 スケルトンを思いっきり殴った、頭蓋骨がばらばらになって粉砕した。
 普通ならこれで倒れてドロップする――けどそうはならない。
 頭が吹っ飛んでもスケルトンは倒れてない、ドロップしない。

「……そうか、俺が早すぎてドロップするまで逆に時間がかかるんだ」

 更にスケルトンを殴る、倒れないドロップしないから殴りまくった。
 腕、体、足。
 全身をくまなく砕くが、スケルトンの体は空中で粉々になって、骨片が超スローモーションでゆっくりと地面落ちていく。

 やがて弾の効果が切れて、速度が元に戻る。
 スケルトンはばらばらに吹っ飛んで、ドロップを――。

「うおっ!」

 すっ飛んできた弾丸を避けた。
 最初の頃に撃ったきり存在を忘れていた弾丸が今になって届いた。とっさに避けて事なきを得た。

 大体の効果は分かった、やっぱりこれは加速弾と呼ぶべき弾丸だ。

 弾丸の効果と、今試した光景を反芻する。
 評価を下す。

「強敵には最強に近いくらい強いけど、周回用にはまったく使えないな」

 強いがピーキーな性能の銃弾。
 上手く使えば面白くなる、と思ったのだった。
面白かったらブクマ、評価してくれるとすごく嬉しいです!

■書籍版一巻、おかげさまで重版です!

ovsadtq5e4x9d2l175yb7dnkd29_sjg_9s_dv_1g
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ