挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
レベル1だけどユニークスキルで最強です 作者:三木なずな

第三章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

119/198

119.1000年ぶり

 振り向いた先に一人の老人がいた。
 130センチのエミリーよりも更に一回り小柄な老人だ。かといって奇形感はない、見たイメージ、小人族とかそういう種族の老人に見えた。

 老人はアウルムの時と同じ何もないだだっ広い空間のど真ん中に地蔵の如くすわっている。

「ここに人間が来たのは何百年ぶりか」
「あんたがアルセニックか」
「いかにも。すぐにそう呼べると言うことは、地上にはわしらの記憶がまだ残ってるのか?」

 すぐに老人=ダンジョンの主アルセニックって分かったのはアウルムの事があるからだが、それは伏せておくことにした。
 今はそれよりももっと重要な事がある。

「あんた、死ぬのか?」
「そうじゃ。人間の尺度で言えば……あと一月というところか」
「どうしたら止められる」
「人間には無理じゃよ」
「いいから、どうしたら止められるのか教えてくれ」

 強く迫ると、アルセニックは驚いた顔で俺を見あげた。
 じっと見つめてくる、まるでこっちの真意を探っているかのような見つめ方だ。

 しばらくそう見つめてから、穏やかな口調のまま言った。

「そうじゃな、言ったところでわしが損する訳でもない。いいじゃろ。わしらダンジョンの精霊の延命には生命の実が必要だ」
「生命の実?」
「知らぬだろう? そのはずじゃ、人間には到底手にすることの出来ない幻の実じゃ。常人ならば触れるだけで魂の輝きが増し、生命力が増す伝説級のしろものじゃ」
「触れるだけで……生命力が増す……?」
「まあ、人間には――」
「ちょっと待ってろ」

 俺は来た道を引き返して、外に出た。
 一気に階段を駆け上がって、血の雨が降るアルセニック30階で待っている仲間たちのところに戻ってきた。

「ヨーダさん!」
「どうだったのリョータ」
「悪い説明してるヒマはない。アリス、次のアブソリュートロックを探してくれ、もう一回降りる必要がある」
「分かった、任せて!」

 アリスは即座に頷いた、拳を握ってやる気を出した。

 俺は身を翻して走り出した。
 仲間を置いて、ダンジョンを駆け上がっていく。

 アルセニックを飛び出して、シクロの街を横断して、ニホニウムに駆け込む。
 ニホニウム、地下一階。

 相変わらず冒険者のいないそこはスケルトンパラダイスだった。

「ポーチをつけて――リペティション!」

 アイテムを装着し、最強の周回魔法を使ってダンジョンの中を駆け抜けた。
 慣れ親しんだ地下一階を駆け抜けると、ポーチはHPの種でいっぱいになった。

 触れるだけで生命力が増す、人間には到底手に出来ない代物。

 多分……これのはずだ。
 おれはポーチを持ってダンジョンを出て、一直線にアルセニックに戻ってきた。

 地下三十階、そこにセレストが待っていた。

「リョータさん、こっちよ!」

 待ってくれてたセレストは俺を先導した。
 いくつかくねった道を曲がった先に、エミリーら三人が取り囲んでいるアブソリュートロックがあった。

「ありがとうみんな」

 そう言うと、仲間たちは笑顔でキープしてるアブソリュートロックから離れた。
 俺は手をかざし、リペティションを使う――がくらっときた。

 MPが足りない現象だ。
 銃を抜き、無限回復弾を注射器のように自分に連射。
 MPをまんたんまで回復した後にリペティションをうつ。

 さすが最下層のレアモンスター、リペティション一発でまためまいがして、MP切れを起こした。
 が、道はちゃんと開けた。
 一回目はものすごく苦戦したモンスターだが、一回は倒したから、リペティションで瞬殺出来た。

「ヨーダさんすごいです」
「こんなことが出来るのは世界でリョータさんだけね」
「低レベル、生意気」
「イヴちゃんはその台詞を顔赤らめないで言えるようになろうね」
「え? イヴあなたまさか――」

 離れた仲間たちがやいのやいのしているが、それはひとまずスルー。
 おれはポーチがあるのをしっかり確認して、階段を降りた。

 アブソリュートロックのゴーレムがいた。
 こいつもやっかいだが、同じように無限回復弾からのリペティションで瞬殺した。

 そして、再びアルセニックのところに戻ってくる。

「なっ――」

 驚くアルセニック、見開いた目で驚愕する。

「また来ただと……? 人間が連続でここに来れる確率など億万分の一もないぞ。若いの、お主一体何者――」
「そんな事はいい。それよりも生命の実ってこれの事か?」
「え?」

 差し出されたポーチ、その中身を見るアルセニック。
 最初はきょとんとしていたが、表情がみるみるうちに変わっていく。

「生命の実じゃ! しかもこんなに大量に!?」
「やっぱりこれだったのか」
「お主……一体何者……?」
「それもいいから、とにかくこれを食ってくれ。そういえば量の事を聞いてなかった、これで足りるのか? 足りなかったまた持ってくるけど」
「あ、ああ……足りるのじゃ……」

 キツネにつままれたような顔をしてしまうアルセニック。
 未だに何が起きたのかよく分かってないって顔をするが、次第に興味がHPの種――生命の実に吸い寄せられていく。

 ポーチの中から種を取って――今まで俺しか手に出来なかった種を取って、それを口にいれた。

 もぐもぐと咀嚼して、呑み込む。
 老人の体が光を放った。

「……い」
「い?」
「生き返ったわ……………………」

 最後の吐息がとてつもなく長かった。
 それは、今までの我慢や、強いられてきた事でたまりにたまったガス(、、)のように思えた。

「うめえ……うめええ……うめええええぞ!」
「キャラ変わってるぞじいさん」
「仕方ないじゃろ! 一千年ぶりの食事なのじゃうめええええ!」

 そんなにかよ、ってか千年も飲まず食わずでよく生きてたな、千人みたいに霞みでも食ってたのか?
 ……いや、食ってないからいま死にかけてるのか。

 アルセニックは種をむしゃむしゃ食った。
 食うたびに体が光を放ち、俺にも分かるくらい生命力が高まっていく。

 ……。

「じいさん、もうちょっと待ってろ」

 俺はそう言って、種を齧歯類の如くむさぼるじいさんを置いて、再び上にでた。

     ☆

 バスケットを持って、再びアルセニックの空間に戻ってくる。
 種を一掃したじいさんはほくほく顔でゲップしていた。

「おお若いの、また来たのか」

 じいさんは満面の笑みで俺を出迎えた。

「助かったぞ若いの。これでわしは生きながらえる事ができる」
「そうみたいだな、血の雨が止まってた」
「うむ。これであと200年は生きられる」
「そんなにか」

 今のはそんなに大した量じゃない、さっそニホニウムを一周してきただけだ。
 ステータスを1ランクあげるための、その10分の1程度の量でしかない。
 それで200年か。

「礼を言うぞ」
「礼はいいけど、こっちはどうする?」
「こっちとは?」
「これ」

 おれはバスケットをじいさんの前に突き出した。
 蓋をあけて、中身を見せる。
 中はエミリーが腕によりをかけた料理の数々だ。

 じいさんを置いて外に出た俺がエミリーに作らせたのだ。

 バスケットをあけた瞬間、空間に暖かさが広がった。
 エミリーの料理、存在しているだけで優しさと温かさをあたりに振りまくものすごい一品。

 それは人ならざるじいさんにも届いた。
 おにぎりやサンドイッチ類、おかずも一口ハンバーグといった、とにかく食べやすいメニューだった。エミリーの気遣いが現われている。

 それを食べたじいさんはぼろぼろ泣いた。

「うめえ…………うめえのじゃあぁぁぁ…………」

 リアクションが大げさすぎてちょっと反応に困ったが、喜んでもらえたみたいで何よりだ。
 ここに囚われてものもまともに食べられないじいさん、そんな生活を強いられる精霊。
 これからもたまに、料理を持って来てやろうと、おれは思ったんだった。

 そして。
 リョータ・ファミリーの活躍によってアルセニックの死が阻止されたという前代未聞の知らせは。
 常時月殖(モンスター倍増)状態というオプションがついた事と共に、あっという間に冒険者の間に広まったのだった。
面白かったらブクマ、評価してくれるとすごく嬉しいです!

■書籍版一巻、おかげさまで重版です!

ovsadtq5e4x9d2l175yb7dnkd29_sjg_9s_dv_1g
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ