挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
レベル1だけどユニークスキルで最強です 作者:三木なずな

第三章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

101/197

101.不労所得

 次の日の昼、アウルムダンジョン前。
 ダンジョンから出てきた村人たち、そしてまばらにみる冒険者たちの姿。
 全員がほくほく顔になっているのを、おれは遠目でみていた。

「驚いたな、まさかダンジョンのドロップ量そのものが増えるとは」

 横に立つクリントがセリフ通りの驚き顔をしていた。
 村に広まった話を聞いてまたまたシクロから駆けつけてきたクリント。
 最初は半信半疑だったが、ダンジョンに潜った村人、そして買い取り屋・燕の恩返しから話を聞いて信じざるをえなかった。
 実際に数字が出るのだからな。

「こう言うことは今までになかったのか」
「わたしが知る限りないな」
「……その、ダンジョン最下層の特殊ドロップというのは?」

 アウルムの事を知っているか分からないから、できる限りぼかしてクリントにきく。

「ダンジョン最下層? 神隠しの事か」
「神隠し?」
「ああ、世界中で何年か一回そういうことが起きるのだ。時間も場所も冒険者もばらばら、共通しているのはダンジョンの最下層でレアモンスターを倒したあとに失踪するってことだ」
「神隠しか」
「すぐに戻ってくるものもいればそのまま姿を消して二度と戻らないものも多い――まさか!?」

 クリントが更に驚いた顔でおれを見つめる。

「ああ」
「そうなのか。さすがサトウさん、運がいい」

 運か。
 アウルムもいってたっけ。ダンジョンの一番下の階でレアモンスターを倒したら0.000000001%の確率でその階段が現われる、その確率を通って自分のところに人間が来たのは300年ぶりだと。

 昨日、あれからもう一度アウルムにあってきた。
 レアモンスターを倒して、階段を出した。

 その日のうちにまた0.000000001%をくぐり抜けてきたおれにアウルムは驚いたが、おれはそんなに驚かなかった。

 ドロップS。

 この世界でおれだけが持っている、ユニーク(たった一人)の特殊スキル。
 それによってドロップは100%、ドロップする物の品質は他よりも高いし、ドロップしない相手からも特殊な物をドロップさせる。
 0.000000001%でも、ドロップSにかかれば100%になる。

 だから運がいいとかじゃない。

 クリントが村人たち、ドロップ倍増でにわかに活気づく村の様子を眺めながら、感慨深げに口を開く。

「ひょうたんからコマが出た、とはまさにこう言うことを言うのだろうな」
「え?」
「インドールの村人を助ける為だけにサトウさんに依頼したのだが、まさかこのような事になるなんておもいもしなかった」

 そっちは……。

運がよかった(、、、、、、)んだよ」
「そうだな、運がよかったんだ」

 並んで村人を眺めるおれ達。
 ふと、クリントがなにかを横に――おれの目の前に差し出してきた。
 筒状に丸めた紙だ。

「これは?」
「うんが良かった事がもう一つ。昨日の昼にサメチレンとの話にケリがついた」

 クリントから紙を受け取って開く、複雑な文言は契約書みたいで、下の方に二人分のサインがあった。

「インドールは完全にサメチレンとは完全に関係が切れた。ドロップ倍増が向こうに伝わってたらもう一悶着あっただろうな」
「なるほど、それは運がよかった」

 紙を筒状に丸め直して、クリントにかえす。
 肩を並べてまま、笑顔で未来への希望をともす村人たちをみる。
 中には他からきた冒険者もいる、少しずつだがダンジョンを中心にした商活動が活発になっている。

 金鉱山の村としてインドールは軌道に乗りつつある。
 おれの役目は終わった、と確信した瞬間だった。

     ☆

 クリントとわかれて、村長の家にやってきた。

「いかがいたしましたかな恩人様」

 村長は茶をだし、慇懃な態度でおれを迎え入れてくれた。

「そろそろかえろうと思ってるんだ」
「帰るとは? ど、どこへでしょう」

 にわかに慌て出す村長。

「シクロだ、気づけばだいぶ長いこと家を空けてしまったからな」
「い、家でしたらこのインドールに。ちょうどみんなで恩人様の屋敷を建てねばと相談しておったところですぞ」
「屋敷って……」

 苦笑いした、そんな事を相談してたのか。

「いいよ、そんなの」
「ですが、恩人様はこの村にとって――」
「低レベルは縛られない」

 必死に説得を試みようとする村長だが、ドアがいきなり開いてイヴが入って来た。
 自前のウサミミに色っぽいバニースーツ。
 彼女はスタスタとおれの横にやってきて、すわっている村長を見下ろした。

「し、縛られないというのはどういう事ですかな」
「ダンジョンが低レベルを待ってる。他のダンジョンが」
「他のダンジョン……」
「一つのダンジョンと、自分達のワガママで低レベルを縛り付けておくのはよくないこと」
「むっ……」

 村長はイヴに睨まれてたじろいだ。
 イヴの目は珍しく真剣だった。

「そ、そうですな……我々のワガママで恩人様をこんなところに引き留めるのはいけませんな」
「わかればいい」
「でしたら我々の気持ちだけでも受け取って下され!」

 一度引き下がったような村長は、まるで食い下がるように言ってきた。

「気持ち?」
「感謝の気持ちです。村のものたちが是非といっております」

 感謝の気持ちか……。
 別にそんなのがほしくてあれこれやったわけじゃないけど、かといって断るものでもない。

「わかった、気持ちはもらっていく」
「おお! ありがとうございます! さっそく皆に知らせなければ。最初の分だけでも恩人様がお帰りになる前にお渡しせねば」

 村長は立ち上がって外に飛び出した。
 自分の家なのにもかかわらず、おれとイヴを置き去りにして飛び出していった。

「せっかちだな。というか感謝の気持ちってなんだ? 最初の分とかいってるけど」
「うさぎしってる」
「そうなのか?」

 イヴがこくりと頷く。

「うさぎの耳は地獄耳」
「王様はロバみたいな言い方だな!」
「1%」
「1%?」
「この村の税金の1%を低レベルの取り分にするって」
「気持ちがおもかった!」

 思わずつっこんだ。

「っていうか、1%ってどれくらいになるんだ?」
「そこまではうさぎ知らない」
「そうか」

 どれくらいになるんだろうな、とイヴと首をかしげ合う。

「年間で何千万くらいだね、あっ、ドロップが倍になったから億超えるね」

 あとから買い取り屋の立ち上げをしきるイーナからその数字をきいて、この後年間で億単位の不労所得があるということにおれは仰天したのだった。
面白かったらブクマ、評価してくれるとすごく嬉しいです!

■書籍版一巻、おかげさまで重版です!

ovsadtq5e4x9d2l175yb7dnkd29_sjg_9s_dv_1g
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ