挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
塔の管理をしてみよう 作者:早秋

第9章 塔をさらに発展させよう

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

118/1301

10話 別種?

お気に入り登録5000件突破!
ありがとうございます。
 <火の妖精石>を設置した第四十六層の鸞和たちに、変化が起きていた。

 固有名:ランカ
 種族名:青和
 固有スキル:体当たりLV5 飛行LV7 くちばし攻撃LV7 回避LV6 察知LV7 妖精言語 言語理解(眷属)LV4 火魔法LV5 神力操作LV2
 天恵スキル:念話LV5 火属性LV2
 称号:考助の眷属

 ランカを例にとるとこんなスキル構成になっていた。
 全体的なLVアップもそうだが、固有スキルの<火魔法>と天恵スキルの<火属性>が増えている。
 ちなみに種族名は、ランカの場合は<青和>だが、他の個体には<青鸞>となっている個体もいた。
 スキル構成的には違いがほとんどないので、何の違いかとしばらく考えたが、結局わからなかった。
「うーん・・・何の違いなんだろう?」
「何の事?」
 首を傾げる考助に、一緒に来ていたコレットが聞いてきた。
 コレットに個体によって<青鸞>と<青和>があることを説明する。
「もしかしたら・・・・・・」
「何か思い当たることあるの?」
「・・・性別の違いは?」
「いや、流石にそれは・・・僕じゃあ判断付かないな」
 鳥類の性別の違いなど見分けがつくわけがない。
「というか、コレット聞いてみてよ」
 <青鸞>と<青和>には、<妖精言語>がついているのだから、コレットだとある程度の話が出来るはずである。
「あ、そうね。聞いてみるわ」
 考助に言われて、ようやく<妖精言語>のことを思い出したコレットであった。

 鸞和達の中で、今回進化をしていたのは十羽ほどだったので、全ての個体を確認してみた。
 結果、コレットの推測は当たっていた。
 雄が<青鸞>で、雌が<青和>であるということが分かった。
 十羽ほどしか確認できていないが、恐らく間違いないだろう。
 まあ、違っていたとしても特に問題はないので、<青鸞>と<青和>に関しての調査は、今回進化した十羽でやめておくことにした。
 それはともかくとして、それよりも重要なのが、追加されているスキルである。
 進化をしていない個体で<神力操作>を持っている者達はいたが、固有スキルの<火魔法>と天恵スキルの<火属性>を持っている個体はいなかった。
 間違いなく進化が出来たのは、この二つのスキルだと思われる。
 どう考えても<火の妖精石>の恩恵を受けて、付いたとしか思えないスキルである。
 <火魔法>の方は、明らかに効果が想像できるスキルだが、<火属性>の方は、どういう効果があるかいまいちわからない。
「・・・・・・うーん・・・」
 考助は、しばらくの間ランカの前で唸っていた。
「・・・・・・ポ?」
 その考助の様子に感化されたのか、なぜかランカが頭をコテンと傾けた。
 それを見た考助は、我慢できずについつい首筋に手を伸ばしてしまう。
 ランカもそれを嫌がるどころか、気持ちよさそうに目を細めて撫でられている。
 その様子をコレットが呆れたように見ていた。
「・・・どうかした?」
「いえ、別に。いくら眷属だからって、そこまで懐くものなのね。相変わらず」
「え? 普通そうじゃないの?」
「さあ? そもそも人が召喚獣を眷属にするなんて話、聞いたことがないからよくわからないわ」
「うーん・・・。まあ、懐かれて困ることもないよね?」
「個人的にはそう思うけど、他から見たらどうなんでしょうね?」
 コレットの言葉に、考助が首を傾げた。
「・・・どういう事?」
「あのね。狼達にしろ狐達にしろ、普通の感覚で言えば、モンスターだからね」
 当然討伐の対象になるのである。
 それらがここまで懐いているのを見た人が、どういう感想を持つか。
「・・・・・・まあ、良くて変人扱いってところかな?」
「コウスケの召喚した眷属の数を知られたら、コウスケ自身が討伐対象になってもおかしくないかもね」
「ハハハ・・・いや、そんな、まさか」
 考助は、引き攣った笑いを浮かべてコレットを見たが、コレットは小さく首を振った。
 この世界にも、テイマー的な者達は存在しているが、それでもほとんどの者達は数体、一流と呼ばれる者達で数十頭と契約しているだけだ。
 それに比べれて、考助の各種族が百頭単位でいる眷属たちは、他から見れば脅威以外の何者でもないのである。
「・・・・・・知られないように、気をつけます・・・」
「そうしたほうがいいわ」
 項垂れた考助に、コレットは大きく頷いた。
 そもそも全ての眷属を、塔の外に連れて出ることなどまずないだろうが、用心するに越したことはない。
 以前のナナとワンリの様に、数体単位ならさほど警戒されることもないだろう。
 今後、眷属たちを連れて外に出ていく事があるかどうかは、不明なのだが。
 そんなことを話しながらも、考助はランカの首筋を撫でるのは止めていなかった。
 そして、ランカもまた気持ちよさそうに、撫でられるがままになっていたのである。

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦

 折角ランカが懐いてくれたので、考助としては、もう一つの野望を達成することにした。
 早速ランカを連れて、第八十層へと向かった。
 何のためかと言うと、コー達と会わせるためである。
 流石にコーの巨体に、最初ランカは怯えたように考助にくっついていた。
 考助がしばらくの間、コーに騎乗していると慣れて来たのか、コーの背の上で寛ぎだした。
 当然ながら、騎乗しているとはいっても、コーの背に乗っているだけで飛んだりはしていない。
 コーは、ランカが自身の上で寛いでいるのを知っているのかいないのか、ほとんど動いていなかった。
「・・・ポポポ」
「キュオ?」
「ポポ」
「キュオ」
 しばらくして、二羽が通じているのかいないのかよくわからないが、会話(?)をしだした。
 その様子を見ながら、考助は和ませてもらっていたのだが、コーが突然考助を背に乗せたまま空に飛び上がった。
「・・・・・・おわっ!?」
 突然のことにバランスを崩したが、流石に背から落ちることは無かった。
 慌ててランカのいた方を見るが、既にランカは飛び立った後だった。
 コーの少し前方を青い翼を広げて悠々と飛んでいる。
 何となく観察した限りでは、コーの方が飛ぶ速度が遅いようである。
 まあ考助を背に乗せているので、気を使って飛んでいるせいもあるのだろう。
 実際は、どちらの方が飛ぶのが早いのか少し気になったが、比べてみても塔の中にいる限りは、ほとんど意味がないので気にしないことにした。
 コーは考助を乗せたまましばらくの間、第八十層を飛び回る。
 ランカは、その周りを円を描くようにして飛んでいた。
 やがて二羽は満足したのか、先ほどいた地上へと戻ってきた。
 特に考助が指示したわけではなく、完全にコーに任せていたのである。
 空の旅で、二羽の間に何か絆のような物が生まれたのか、会ったばかりの時の様な硬さは、ランカからは取れていた。
 今は完全に脱力しきって、コーの背中の上で寛いでいる。
 相変わらず、ポポポ、キュオキュオと、当たり前だが考助には意味が分からない会話らしきものが、二羽の間で行われていた。
 その会話が途切れたのを見計らって、考助はランカを連れて元の第四十六層へ戻ることにした。
 思った以上に仲が良くなった二匹を見た考助は、野望の一つを達成したのであった。
ランカがデレました?
何となく書いてみなくなったので、二羽の交流(?)を書いてみましたが、いかがでしたでしょうか?

種族名は、青鸞せいらん青和せいわとお読みください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ