挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
天使とヒーロー〜天使と〇〇 番外編〜 作者:Kt
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

12/12

第12話

 肩を叩かれ、私の意識が今回の死確者と出会う直前から現在へと戻る。
 振り返ると、そこにはあの2人——2天使が。

 「まだ来てないのか?」知り合いの天使に問われる。
 「そういうそっちはもう来たのか?」逆に問い返す。

 私たち天使は、魂がどこか勝手に彷徨われてしまわないよう、“先導課”の死神に引き渡すまで待っていなければならないのだ。

「強制連行されてった」

「手荒なことして大丈夫なのか?」

 これまでの様子から察するに、十中八九未練は解消されていないと思われた。

アッチ(・・・)行きはもう決まってっからな」

  アッチ——黒は地獄行きということか。

ハンケツ(・・・・)なしで?」

 通常どの人間にも一律にサイバン(・・・・)を受ける権利はある。

「お前だってこの数分間で十分過ぎるほど分かっただろ? どんな極悪人かってのがさ」

 だが、誰がどう見ても悪い場合は特例として省かれる。
 彼曰く「他にも捌かなきゃならない死者は山ほどいるしよ。ま、作業の効率化ってやつだよ」ということらしい。

「てかぶっちゃけ、こいつがどうなろうが俺には知ったこっちゃない」

「随分な物言いだな」

 私がそう言うと、顔だけから体ごとちゃんと向けてくる知り合い。

「俺たちゃ天使だが、聖人君子じゃない。好き嫌いぐらい程度のことはあったってバチは当たらないって」

 まあ、おかげで私の死確者も未練は果たせたようだけれども推定死亡時刻よりも早く殺されてしまったわけで、その点について私としてもあまり快く思っていないというのも確かだ。
 それには同意しながら、同意できない別のことを指摘した。

「私たちは聖“人”ではないぞ?」

 眉をひそめる知り合い天使。

「その辺はアバウトでいいだろうよ。相変わらず細いね〜嫌われちゃうぞ」

「うるさい」

「冗談冗談。で? まだ来てないの」

「来てないよ」

「そもそもさ……死んでんの?」

「ああ」

「100%?」

「疑ってるのか?」

「多少」

「……胸は動いていないし、口元に手をやっても風がこない」

「ほぉー」

「それにさっき、警官が既に死亡していると言っていた」

 「じゃあ死んでんな……」顎に手を当てて悩みだす。それほどまでに私は信用ならないのか?
 「まあーあれだよ」然程立たずに手を解く。

「お前の担当した死確者は最も遅く死者になったからじゃねえの? いくら先導課の死神は多いとはいえ、数に限りはあるんだし」

 まあそうなんだけれども、私が言いたいのはそこでは——そうだ。

「前の時はどうだったんだ?」

「前?」

「ほらあの、言われてたよりも早く死んでしまった死確者だよ」

「あぁ。ん? てことはお前……」

 理解したように驚く知り合いに「そういうことだ」と告げると、口を不器用な形に開いて数回頷いた。

「なら、まだ問題はない。あん時俺も遅かった」

 「どれくらいで来た?」帰れるなら早く帰りたい。今日はもう疲れた。

「覚えてない」

「なんと……」

「お前だって担当がいつ死んだかなんていちいち覚えてないだろ? そんなん全部覚えてたら、こっちがおかしくなっちまうよ」

 「そんじゃ俺は次の仕事が来たから、お先にこの辺で」と帰ろうとする知り合い天使とヤッちゃん担当の天使に私は「最後に質問しても?」と引き止めた。

 「なんだ?」知り合い天使が反応。

「あっいや……そっちの、彼に」

 「あっ僕ですか?」と隣にいた、ヤッちゃん担当の天使が己を指差す。

「ええ、ちょっと確認しておきたくて」

「大丈夫ですよ。なんですか?」

「姿が見えない時が多かったんですが」

「あぁ……僕の死確者に外に警察が来てないかどうかをチェックしたり、黒瀬さんの動向を見張ったりしてくれって色々と頼まれてたんです。だから、ここに来てからあまり一緒には」

「動向ってことは、前々から怪しんではいたんですか?」

「いや、私が偶然耳にしたので教えただけです。それから色々と探りを入れてみたら計画してる上に、拳銃を入手してることを掴みました。それで、僕の死確者も急いで入手したというわけです」

 そういうことだったのか——

 「あと」私は次の質問に移る。「赤い頰の男は辞めていた銀行強盗を何故再開したんですか?」

「辞めていたこと、よく知ってますね」

「他のメンバーが話しているのを小耳に挟んで」

「そうですか。質問についてですが、正確には再開ではありません。今回限りです」

「というと?」

「死確者の母親は難病を患ってたんです。早急に手術が必要だったんですが、そのために必要な費用が多額でとても払える金額じゃなかった。昔盗みだしたお金は、足を洗うと同時に全て寄付に回してしまった。やむなく、銀行強盗を計画したということになったんです。昔の仲間とともにね」

 続けて、雇ってくれた会社に迷惑をかけまいと、会社を辞めたと教えてくれた。
 そこまで聞いて私にあることがよぎった。

「ということはつまり……」

「はい。僕の死確者も言われてたより早期に死亡しました」

 少年を助けるために、2人の男が死んだのか。同じ境遇にいるのに、なぜ私の方が遅いのか——そんなことを思いはしたが、今は一旦保留しよう。

「じゃあ未練は果たせず終い、ということですか?」

「微妙なところですね。誰かを助けたいというのは強い未練です。それが自分と近しければ近しいほど強くなっていきます。自分の親ならそれは相当なものです。ただ、あの少年を救うために偽りなく放棄していたというのも事実なので、少年を救えたから、というのもあるかと。まあこの先は、先導課の技量次第といったところでしょうか」

 私は「成る程……」と頷きながら視線を落とし、「母親はどうなるんだろうか」と呟いた。
 ただの独り言だった。それも深く考えたとかそういうわけではなく、これもただの思いつき。

「子供の命を助けた」

 知り合いが突然口を開き、私はおもむろに顔を上げる。両者とも私を直視している。

「だから、代償を払わなきゃいけないんだ」

 「突然どうしたんだ?」さっきとは異なり、声のトーンが重い知り合いに問う。

 だが、それには答えず、代わりに何かを取り出した。

「さっき、配達課から渡された」

 そう言って見せられたのは、封筒。

「いつものだよな?」

 「そうだ」つまり、この中には次の死確者の情報が入っているというわけだ。
 次の担当死確者まで時間がない場合、配達課の死神が封筒を渡し現世にやってくることがある。ちなみに私にはまだない。

「それがどうかしたのか?」

「これが代償だよ」

「は?」

 虚空を見上げ、1つ息を吐く。そして、視線を戻す。

「次の俺の担当はその母親だ」

 沈黙が流れる。辺りは人間が行き交い騒がしいけれども、私たち3人は誰一人口を閉じていた。

 「……そうか」理解できなかったわけではない——私はその意を伝えることも込めて、そう告げた。

「そろそろ行くわ」

「引き止めて悪かった」

「いや」

 それ以上は何も聞かず話さず、ただ「またな」と一言。私も「ああ」とだけ返し、2天使はスッと姿を消す。

 思わずため息が出た。

 「おじさんっ」またしても聞き覚えのある声が聞こえたので見てみると、そこには死者に駆け寄ってくるタイチ君が。
 すんでのところで横から両腕を伸ばした警官に止められる。私からは背中しか見えないため、どんな警官かは分からない。

「おじさん、おじさん!」

 タイチ君は手足をバタつかせ必死に解こうとするが、精神がしっかりしていても体は子供。

 「ダメだよ、ボク」警官は姿勢を低くし、同じ目線に合わせる。

 後方には申し訳なさそうに近くの警官に謝っている母親の姿がチラッと見えた。

「はなして、はなしてよ!」

「ボク? ここは勝手に入っちゃダメなん——」

「たすけてなきゃ」

 押し負けた警官は思わず黙る。
 それだけじゃない。その近くにいた警官や事情聴取を受けている大人たち皆沈黙し、タイチ君一点に集中している。誰よりも小さい子が誰よりも大きな声を出したのだ。

「おじさんはわるものからたすけてくれた。おじさんはひーろーなんだ。だから……だからたすけるんだ」

「……行こうボク」

 警官は何かを飲み込んだ後の重苦しい声を出し、タイチ君を軽々と持ち上げた。それでも、抵抗をやめようとはしない。

 「どうして?」タイチ君は首を振り、方々にいる大人たちに疑問の声を浴びせる。

「どうしてみんなたすけないの?」

 残酷にも、死者とタイチ君の距離はどんどん離れていく。何も発しない大人たちにタイチ君は苦悶の表情を浮かべ、再び「はなしてっ!」と抵抗する。

「だれもたすけないならぼくが……ぼくがたすけるんだっ! だから、はなしてよ!!」

 必死に振りほどこうとしている。どんなに遠くなっても一向に諦めない。

「『何かを得るために何かを失わないといけない』。確かにその通りでしょう」

 「ですが……」私は再び死者の顔を見た。満足かどうかは分からないが、幸せそうな笑みを浮かべている。

「たとえ失っても無くなるわけではないものはある——ような気がするんですが、どうですかね?」

 返事は当然ない。私は正面に顔を戻す。

 この後、入っている仕事も私事もない。別に急ぐことはないのだ。
 しばらく待って……そういえば。やろうと思えばいつでもすぐできることだが、なんやかんやしたことがなかった。

 私は腰を下ろす。両膝を山型に突き上げるように立てて曲げ、踵を揃え、最後に膝を囲むように両腕で抱え込む。

 そして、本物のヒーロー(・・・・・・・)の顔を見て、「“体育座り”、ってこれで合ってますかね?」と背を伸ばしながら語りかけた。
お久しぶりです、Ktです。

天使とヒーローをお読み下さり、ありがとうございました。
楽しんでいただけたのであれば嬉しく、そして幸いでございます。

本作は番外編と銘打って、本編とは別枠で公開しました。
理由は幾つかあるのですが、一番はコンセプトが大きく違うから(番外編は未練解消には重きを置いておらず、天使の存在や能力、制約などを活用した別作品的位置付けの小説)、です。
これからも番外編は続けていく予定ですし、本編の方も新作を公開していきますので、お楽しみに。
この他にも推理群像劇や伝奇バトルローファンタジーも投稿しておりますので、もしよろしければそちらも宜しくお願いします!!

では!!

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

優しい殺戮者

大規模破壊後……そこは、「超能力」を使って殺し合う、無秩序な世界が広がっていた。 「小さな悪魔」の異名を持つ少年・主人公ユウは、驚異的な殺傷破壊力で仲間を守る為//

  • パニック〔SF〕
  • 連載(全73部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/11/21 12:12
猛火のスペクトラム

新番組予告! 指名手配中の凶悪犯を追いかける宇宙警察特捜刑事―― その大追跡は地球にまで及び、なんの変哲もないどこにでも転がっていそうな女子高生であるヒロイン//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全65部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/11/18 16:17
雫物語~Myth of The Wind~

北欧神話をモチーフにした、ファンタジー小説です。 祖先から伝わる剣に纏わる話しを説き明かす為、神話の世界の扉を開ける主人公達。 神話の世界では、巨人族と人間との//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全113部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/11/17 11:00
コトノハ薬局

言葉に宿る音色と力・「コトノハ」を処方する薬剤師・音ノ瀬ことの物語。 四季折々の暮らし、人との触れ合い。 やがて物語は、音ノ瀬一族の核心・暗部へと迫る――――//

  • 純文学〔文芸〕
  • 連載(全185部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/11/18 09:00
パッチワークソウル 第一部

 私立柊木高校には、夜間授業があり、それを受けた人間は生きて帰れないというデタラメな噂があった。にも拘らず主人公の冴えない男子高生、木枯唯(こがらし ゆい)は成//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全50部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/11/04 20:27
俺は黒色パンストに転生して、穿いてもらう

俺は黒色のパンティストッキングに転生して、穿いてもらう タイトル通りの内容です。 色々なヒロイン? に穿いてもらう予定です。 ♂♀ 一日一話ずつ(一話//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全128部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/11/20 22:00
《最強》を名乗るだけの簡単なオシゴトです

ある日、空想世界と現実世界が唐突に融合してしまう。亜人や魔神、剣と魔法と冒険と、幽霊、神様、天使だの妖怪だの……なんでもアリとなってしまった現実世界は、まさに混//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全21部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/10/28 18:16
自由気ままな退魔士譚

季節は冬。 数年前にある組織を抜けた男は三人の女性たちと再会する。 ――逃げ出した過去と向かい合う時が来たのかもしれない。 まだ踏み出すのは怖い。しかし見捨//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全62部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/11/07 01:00
異世界道中のお道具屋さん

 深夜のコンビニアルバイトと二次元だけが生き甲斐の平凡大学生・糸場有は、勉強も運動も顔も普通の、そんな“普通”過ぎる自分を忌み嫌っていた。……が、そんなある日の//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全15部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 18:04
満月日和

特技がある訳でも、頭がいい訳でも、運動神経がいい訳でもない女子高校生の南 柚月。物事に対して至極無関心で良く言って平和主義、悪く言って責任放棄な世代、所謂サトリ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全28部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/11/20 23:38
グラニスラ〜アブノーマルな「人工島」〜

日本の相模湾沿岸に、人工島がある。 何もかもが揃い、不自由なく生活ができる理想の島として有名だ。 だが、殆ど知られていない。この島には不思議とワケありな人間や事//

  • 推理〔文芸〕
  • 連載(全75部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/10/26 07:14
え、それは嫌だな。私帰っていいですか?

 どこかの世界、どこかの海───  そこに浮かぶ大きな島「アイリス」────  その島の南に位置する国サウスシスで、半年前国を守る軍の幹部2人が、謎の失踪を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全30部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/10/06 18:11
怪異妙奇譚伝

古の時代からこの世には、幽霊でも妖怪でもない「何か」が存在している。 名前のない「何か」の中には人間に危害を加え、最悪の場合死に至らしめることもあるのも。だが、//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全24部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/11/17 12:20
ニートは異世界で姫として逃亡生活するようです

ニートの俺が目を覚ますと異世界のお姫様と入れ替わっていた。 そして事情もわからないまま、少女の騎士に連れられて城を出ることに! いやちょっと待て、俺は外なんか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全221部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/11/21 19:00
黙示録(アポカリプス)

夏休みの終わり 2人の少女との出会いから、俺 本城アキトは世界の存亡をかけた争いに巻き込まれていく…… 時は、西暦3570年 1500年前の大災害により、人//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全44部分)
  • 8 user
  • 最終掲載日:2017/11/21 17:48
焰夏(エンカ)ノ蝉

(祝)ネット小説大賞六読者推薦第1段に選ばれました( *´艸`)  20××年の夏、人類は新たな局面を迎えようとしていた。  静岡県西部の浜辺市にある蝉町。そ//

  • パニック〔SF〕
  • 連載(全91部分)
  • 10 user
  • 最終掲載日:2017/11/20 17:24
ソフトウェア魔法VS.影の王

 アキムは結論を迫られていた。上空に浮かぶ「影の王」の輪郭――真球の姿をした巨体、圧倒的殺戮能力を持つ人類の宿敵は、現在100年の眠りについていた。目覚めるまで//

  • 推理〔文芸〕
  • 完結済(全65部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/10/28 17:25
再・縁〜前世⁉︎ 私以外は〝転生者〟〜

勝手になろうランキング投票お願いします! 大規模改稿中 《STORY》 幼馴染み達が、前世の記憶を思い出した。 彼らは700年前、深海で滅んだ魔導士達の生ま//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全73部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/11/18 06:19
礼装の小箱

現代、時の止まったような家の中に生きる旧家の令嬢・華夜理(かより)の日常。彼女は過去の出来事により心に傷を負っていた。 彼女を見守り、暮らしを共にする従兄弟の晶//

  • 純文学〔文芸〕
  • 完結済(全82部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/11/12 09:00
半端者

 白玉楼の庭師・魂魄妖夢は先代の教えを胸に剣を振る未熟な剣士。主の命により幻想郷に足を踏み入れた妖夢は初めての敗北を知る。  目が覚めると、己の半身たる半霊の声//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全10部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/09/25 19:30
龍の魔道士

引きこもり高校生の狩屋龍輝は、外へ出た瞬間に異世界に召喚されていた。 金がなければ、知人もいない、自分の居場所さえも分からない絶体絶命少年。 そんな彼が手にした//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全31部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/11/04 21:46
怪異に乙女とチェーンソー

 奏矢ジュリは普段には普通の女子大生であるが、依頼があればその手に大型チェーンソーを持って、異形なる者どもに立ち向かう。 ジュリは普通の人間には手に負えない依//

  • ホラー〔文芸〕
  • 連載(全61部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/11/21 12:19
ターニングポイント

この国の王が言った。この国で一番戦のつよいものに天下の称号を与えるこの一言で各地の強者達が戦を始めた。その乱世の中この世の中を変えたいと思う少年士郎と小さな村を//

  • その他〔その他〕
  • 連載(全87部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/11/14 02:20
平凡騎士の英雄譚

聖魔戦争から千年。 『平凡騎士』ラウル・アルフィム――彼は、「剣技だけなら並以下、魔術を使えて並」「彼の騎士に勝てれば中の上、圧倒すれば上」ユーティリス王国騎//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全21部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/11/21 00:02
僕たちの異世界転生はTV局に仕組まれていました〜最初の犠牲者は最強チート高校生!?〜

「ここは異世界ではないっ。エセ異世界―― ヱ世界に転生してしまったのか」  平凡な高校生だった望月トオルは偶然手にした異世界転生小説によりその生涯を終えてしま//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全25部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/11/14 00:08
魔女的エクアージュ~失恋した腹いせに世界を破滅させる物語~

科学が繁栄した世界エクア。異端の黒髪を持つ主人公のユイは、学園の人気者であるルキノに告白するも、無残な形でフラれてしまう。その晩、途方に暮れていると、突如噴水の//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全175部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/11/17 20:13
勇者だけど冒険ライフは過ごせない

俺勇者です。まあ、ぶっちゃけ言うと引きこもりですが。 勇者の家系に産まれた少年カネラ・シュヴァルツであったが、彼の生後間もなくして魔王は別の勇者に倒されてしまっ//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全42部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/11/21 19:00
は、魔王?そんなのうちのブラコン妹の方が100倍危ないんだが

改稿中!! ある朝、俺は身に覚えのない罪で実の妹に拘束されていた…… 妹は極度のブラコンという病を抱えてるのだ。 無理やりキスを迫る妹、すると直前おばさんの登//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全13部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/09/29 21:16
新卒魔術師

変わりばえのない毎日。 至って普通の毎日。 佐藤 翔太。普通の名前だ。 それは、ある意味幸せなのかもしれない。 そんな何の取り柄もない新卒の社会人、佐藤 //

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全80部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/11/11 18:00
転生ニートは迷宮王

 ひたすら迷宮を作って勇者側の人間に攻略させるゲーム「ダンジョンツクール」  あまりにも時間がかかるため世にクソゲーと評されたダンジョンツクールだったが、ニート//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全16部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 12:05
電撃青年の成長譚〜目指せ、ギルド最強〜

生まれつき"電気を操る"能力を持つ青年、ヒューズは能力のせいでまともに働けないでいた。 機械類はすぐに壊れる。器物破損扱いでクビにされる事、数十回…… そんなヒ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全32部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/11/13 23:04
幽霊彼女 フユレちゃん

 二十歳の大学生・伸一は今まで彼女がいたことが無く、いまだに童貞で、ただ講義とバイトに明け暮れるだけの日々に嫌気がさしているのだった。そんなある日、バイト中に見//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全483部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2017/11/21 00:00
転生したら身動きの取れない魔導書でした

気付けば、 見た事のない幻想的な世界が広がっていました。 こんな展開を何度夢に描いたことか……。 待っていました、異世界転生!碧白い月に地を照らす星々!対を成//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全45部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/11/11 11:00
パラドックス・セリスィ -クロス・W-

突如現れた上半身は女、下半身は蛇の姿をした化け物が人々の日常を壊す。 人を喰う化け物から逃げる少女。 他人を見捨て生き残ろうとする自分が醜い。そう思う彼女はそ//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全20部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/11/05 06:59
この物語はフィクションではありません

ジャンル別月間ランキング77位、日間33位ありがとうございます。 ***** 神堂テルは執筆に追われる高校生作家。長期連載していたアニメ化も果たした//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全25部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/11/09 22:01
学校のアイドルに一目惚れされた俺

小中と全くモテず、恋愛経験ゼロの峰斗晴輝。 そんな彼が綾銘高校に入学した二日目、急にクラスの女の子である久水彩香に一目惚れだと言われ告白される。 友達からとOK//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全42部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 17:32
↑ページトップへ