挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

数々の短編集

主にB級洋画に学ぶタイトルのお話

作者:数々
基本、ネタエッセイです。読み専の人も笑い話にどうぞ!
 みなさん、小説のタイトルに悩んでいませんか?

 小説が、どれほど読んでもらえるか? それは、タイトルで決まると言っても過言ではないでしょう。それほど重要なだけあって、いつも悩んでしまいますよね。そのヒントとしてお勧めしたいのが、洋画の”邦題”です!

 邦題とは、外国映画のタイトル(原題)を日本向けに変えたものです。ただ翻訳するだけではありません。少しでもヒットするよう、創意工夫して日本オリジナルのタイトルとして付けられるのが邦題なのです。

 例えば、大ヒット作『アナと雪の女王』この映画の原題は『FROZEN』直訳だと『凍る』です。このまま日本でもタイトルを変えなかったとすると……。

 この感動は、終わらない。
 ディズニー史上最高の記録的No.1大ヒット! 『凍る』

 こんな微妙な感じになります。あそこまでヒットしなかったでしょうね。

 これは小説でも使えるテクニックです。仮に決めたタイトルを原題として、邦題を決める要領で決め直すのです。その参考になるタイトルは、たくさんありますからね。それをご紹介します!


【お見事! 名邦題】

 まずは有名な作品から。

 原題:修道女の行動→『天使にラブソングを』
 原題:死体→『スタンドバイミー』
 原題:ノート→『きみに読む物語』
 原題:上がる→『カールじいさんの空飛ぶ家』

 シンプル過ぎる原題を、上手く変更しています。このセンス見習いたいですね。逆にシンプルに変えた邦題もあります。

 原題:何事もいつまでも続くものではない→『ダイ・ハード』
 原題:ボニーとクライド→『俺たちに明日はない』

 ポニーとクライドは、アナ雪の逆バージョンですね。あえてシンプルにするのも場合によっては正解のようです。


【言葉選びの妙】

 次は、言葉選びを変えただけで、センスのあるタイトルになった例です。

 原題:風と一緒に行った→『風と共に去りぬ』
 原題:それは素晴らしい生活だ→『素晴らしき哉、人生!』
 原題:誰のためにベルが鳴る→『誰が為に鐘は鳴る』

 どれも直訳の言い方を換えただけですが、明らかに、邦題の方が良いですよね。日本語を上手く使いこなしている。こんなセンスも参考にしましょう。

 いかがでしょうか? 心が洗われる、素晴らしいタイトルばかりですよね……。




 ——————警報! ここからB級エリア——————


 ……さて、長々と紹介してきましたが……今までのは前振りです。あんなお洒落タイトルが使えるのは、大規模な宣伝ができる大作名作だけに許されたものです。残念ながら、web小説では、ほとんど使えません!

 その点、B級映画では、宣伝なんて贅沢は敵です。もっと、タイトルで目立つ必要性があります。タイトルで釣るしかない! タイトル詐欺するしかないのです! あれ、何かに似ていませんか? そうです。本当に参考になるのはこっちです!


【目立てば正義ヤァ!ヤァ!ヤァ!】

 とにかく目立たなければ始まらないB級映画の邦題。その中でも選りすぐりの作品をご紹介します。

 原題:有毒の復讐者→『悪魔の毒々モンスター』

 原題:グリーンキーパー→『殺戮職人芝刈男』

 原題:死霊の乱痴気騒ぎ→『死霊の盆踊』

 原題:ハード・デイズ・ナイト→『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』

 どうです? 素晴らしい邦題でしょう? 批判もありますが、原題のままでは、話題にすらならなかったと断言しましょう! まずは興味を持ってもらわないと、話にならないB級映画の世界では、こちらが正しい邦題なのです。

 これを参考にして、小説タイトルの目立たないワードは改変しましょう。

 聖剣→『聖なる武器武器』
 勇者→『殺戮職人魔物狩男』
 ハーレム→『盆踊』

 こんな感じで! 最後にヤァ!ヤァ!ヤァ!を付けるのも忘れずに!

 ……ただ何物にも限度があります。

 原題:苦境に陥る→『史上最悪のボートレース ウハウハザブーン』

 これはやり過ぎ!


【有名作品に便乗しちゃえ!】

 ここからは詐欺に近いです。読者の方も騙された経験があるのでは?

 映画がヒットすると、必ず現れるのが……便乗タイトル作品です。紛らわしい名前をつけて「あれ借りてきてよ」と頼まれた人を騙す。非常に悪質なやつです!

 原題:正義のスティール→『ランボー者』便乗元:ランボー
 原題:テロリストを捕まえろ→『コマンドー者』便乗元:コマンドー
 原題:地獄のトム→『トゥーム・ソルジャー』便乗元:トゥームレイダー
 原題:訪問→『悪魔と天使』便乗元:天使と悪魔
 原題:ディレクター→『トランスシューター』便乗元:トランス・シューター

 どれも酷い便乗ですね。最後のなんて『・』抜いただけ……。ご覧の通り、原題は違うので、内容は全く違います。邦題をつける人が、勝手に便乗作品に変更しているのです! パッケージも似せて作らせていますので、完全に詐欺ですね。

 他にも二つの有名作を混ぜて両方に便乗した『アルマゲドン・コード』や『ダ・ヴィンチトレジャー』もあります。ここまで行くと、清々しいかも……。

 そう、あなたも有名作二つのタイトルを混ぜてしまえば……。


【数字のマジック! 続編詐欺】

 手抜きだけど、さらに効果的な便乗があります。

 原題:地獄の雨→『ディープ・インパクト2008』便乗元:ディープ・インパクト
 原題:ロットワイラー→『ターミネーター2018』便乗元:ターミネーター
 原題:侵略→『バイオハザード2034』便乗元:バイオハザード

 数字つけただけですが、これが効果的なんです。「あの映画の続編だ! 見てみよう」こんな被害者が続出!? 上手いやり方ですね……。バイオハザード2034がそこそこ売れたので、さらに二年後に……。

 原題:ミレニアム危機→『バイオハザード3077』

 偽続編の偽続編まで現れました……。もちろん、どの作品も繋がりはないです。このやり口で気をつけるべきは、2とか3などの本当に出てしまう数字は避けて、意味がありそうでない数字にするのが常套手段ですね。

 そう、あなたも有名タイトルに適当な数字をつけてしまえば……。


【困ったら対決させろ! VSシリーズ】

 元はヒット映画『エイリアンVSプレデター』の便乗タイトルですが、B級業界は、すぐに対決させる傾向があります。いろんなものがVSさせられています。全て原題ではVS付いてません。タイトルに困ったらVS!

『エイリアンVSエイリアン』
『エイリア VSエイリアン インベージョン』
『エイリアンVSエイリアン ジャッジメント・デイ』
『ニンジャ VSミュータント・ゾンビーズ』
『ゾンビVSチアガール』
『ゾンビVSゾンビ』
『ゾンビVSスナイパー』
『ストリッパーVSゾンビ』

 こんな対戦カードで大丈夫? と心配したくなる組み合わせもありますね……。チアガールとストリッパーに勝ち目があるのかな?

 さらにミステリーファンが混乱するタイトルがこちら。

『シャーロック・ホームズ VS ヴァンパイア』
『シャーロック・ホームズVSモンスター』

 ホームズって、そんなキャラだっけ? 推理はどうしたの? 

 これを見習って、小説家になろうでの人気キャラ同士を対戦させてみましょう。『転生者VS悪役令嬢』あれ? 意外にいけそう……誰か書いてみてください!


【誰も損しない嘘タイトル! 沈黙シリーズ】

 最後に癒しの便乗シリーズを紹介します。その名も沈黙シリーズ!

 沈黙の要塞、沈黙の断崖、沈黙のテロリスト、沈黙の標的、沈黙の聖戦、沈黙の追撃、沈黙の脱獄、沈黙の傭兵、沈黙の奪還、沈黙のステルス、沈黙の激突、沈黙の報復、沈黙の逆襲、沈黙の鎮魂歌、沈黙の鉄拳、沈黙の復讐、沈黙の宿命、沈黙の啓示、沈黙の背信、沈黙の弾痕、沈黙の挽歌、沈黙の神拳、沈黙の嵐、沈黙の掟、沈黙の牙、沈黙の炎、沈黙の刻、沈黙の魂、沈黙の監獄、沈黙のSHINGEKI/進撃、沈黙の制裁、沈黙のアフガン、沈黙の包囲網 アジアン・コネクション、沈黙の帝王、エンド・オブ・ア・ガン 沈黙の銃弾。

 すごい数ですね。しかし、この沈黙シリーズ、本来はシリーズではないのです。原題では、『沈黙』は付いてません。話の関連性はなく、監督も別で、日本の配給会社が独自にシリーズ化してしまった偽シリーズなのです!

 騙された被害者は怒り心頭かと思えば……何も問題はないのです。

 これらの映画の共通点は、主演のスティーヴン・セガールです。内容も細かい設定は違っていますが、なんやかんやでセガールが大暴れして、おなじみのセガール拳が炸裂する。セガール無双映画なのです!

 実際に見ていても、同一シリーズとしか思えませんし、視聴者が望んでいる内容です。むしろ、わかりやすくなって助かってます。これは誰も損しない偽シリーズですね! 優しい嘘シリーズと言っても良いでしょう。

 そう、あなたもタイトルだけでなく、中身も似せてしまえば……。


 最後まで読んでいただいて、誠にありがとうございます! 用量用法を守ってお使いください……。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ