挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

ある日突然運営さんに削除を突きつけられた話

作者:苛談
 12月15日。
 自宅に帰ってなろうを開いてみると、なんと運営さんからメッセージがありました。
 内容は残念ながら朗報ではなく、ざっくり要約するとこんな感じでした。


「あなたの投稿している作品はR18に相当しますので、開示設定を非公開にしました。当該作品を全年齢向けに改稿を行うか、削除してください。12/29までに対応がされていなかった場合にはこちらで削除します。このような投稿が繰り返された場合、あなたのユーザーIDも削除します」


 なるほど。
 驚きはしましたが、言っていることは全くその通りです。
 それが連載中の作品で危ないシーンを投稿したばかりだったとしたならば、の話ですが。

 怒られてしまった私の作品でありますが、ありがたいことに2年と9ヶ月細々と読者の皆様に支えられて投稿してきまして、12/2に完結したものでした。
 いやいやいや、この長い時間の間に私の小説はジャンル別の日刊ランキングの下の下の方に載ったりしたこともあったではありませんかと。
 それを完結してから少し経ってから急に言われるとは全く思いもよりませんでした。

 これだけの期間書かせていただいておりましたので、てっきりセーフなラインに収まっているものと勘違いしていたのです。
 しかしまあ言われてしまったものは仕方がない、改稿をしましょう……ともなりません。
 何しろ長期にわたって作ったものでありますから、本編だけでも180万文字近くあるのです。


 それでもまだ指摘が具体的にいただければまだやりようはありますし、今後どの程度までOKなのかも分かろうというものですが、メールでは「複数の部分にてR18相当であると判断される描写がございます」とだけ。
 あまり文字を打つスピードが速い方でもありませんし、とても2週間でR18らしき箇所(どこからアウトなのかも分かりません)を改稿するなどということは私には出来ません。

 そういうワケで至極残念ではありますが、感想なども含めたバックアップを作成し、削除することになったのです。まだ日付に余裕はありますので、もうしばらく自分の作品がそこにあることを楽しんで、削除をするのはもう少し後に回そうと思います。


 そこで私が運営さんにお願いしたいのが、ノクターンなどのR18サイトに既に投稿した小説を移せるようにすること、なのです。人が1年やら2年やら小説を書いていればその大筋が大きく変化することもあるでしょう。
 そうした時や、今回の私のように後々から注意を受けた際に削除・改稿以外の選択肢を是非ともいただきたいてます。
 取り分け長文を書いておりました身では、いくらバックアップが取れても削除は悲しいのです。

 もしくはよろくしないと箇所をきちんと教えてほしいと思うのです。運営さんも指摘をしたということは当然一通り目を通されておられるはずなのですから、お忙しいとは思いますが、どうかお教え願いたく思います。
 こんなマイナー作者のいうことなど全く届きはしないだろうけど、それでも嘆願するだけは自由でありましょう。何卒よろしくお願い申し上致します。




 追記(12/18):
 運営さんにメールした件につきまして、返信をいただけましたのでご報告しておきたいと思います。

「また、今回ご連絡頂きました投稿済作品の年齢制限の変更に関してですが、
 投稿後に作品の方向性が変わっていく可能性があるということについては、
 創作活動の上で起こりうるものであると運営側でも認識しております。

 その為、今回ご要望頂きました投稿済作品の年齢制限を変更する機能につきましては、
 運営内にて情報共有の上で、今後の対応を検討させて頂きます。

 この度は貴重なご意見を頂きまして、誠にありがとうございました。

 今後とも小説家になろうを宜しくお願い致します。」

  と、このように大変丁寧なご対応をいただけましたので私としましては満足の出来る結果となりました。

  また削除の件についても、やや手間ではありましたが初回と最終回(の一部)以外の話を全て削除するということで対応させていただきました。
  少しでも自分の書いたものを残しておきたいという悪足掻きのようなものですので、感想・評価・レビューも出来ない設定にしてあります。

  この点につきまして誤解を与えしまっているようでしたので、追記させていただきます。初回と最終回(の一部)のみを残したのは見栄えという自己満足によるものでして、確実にR18認定を受けない箇所は当然他にもございます。
  ただ半端に残したところで整合性があるわけではありませんし、始めと最後だけを残すことにしたのです。分かりにくい文章となっており、申し訳ございませんでした。


  機能の拡充がいつになるかは分かりませんが、これから書かれる予定の方は、話数が莫大になる前に保険としてミッドナイト等への投稿をオススメさせていただきます。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ