挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
我流気功、仙道の体験記、実践日記 作者:豚ひき肉
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

2/7

金気瞑想

いきなりだが今の私は仕事をしていない。
したがって収入もない。
というわけで金気を吸収しようと思う。

この金気を集めるというやり方についてだが、詳しいやり方は高藤仙道のとある仙道本に載っているらしい。
その本を読んだことがないので詳しいやり方は知らん。近いうちに国会図書館にでも行こうと思う。
まあ、とりあえずネットのうわさ話を集めて我流でやることにした。
どうせ原本を読んだところで本の編集あたりが過剰表現を用いてわかりにくくなっているに決まっている。

結局の所、気功やらなんやらは全て「氣」という謎思考なわけだ。
ならばそもそも難しいことは何もないはずだ。
原始の氣を集めるなり金の氣を集めるなり何なりしてやればいい。

ある程度気功について知っている人なら気を熱として感じられるはずだ。
熱の代わりにお金を集めてやればいいだけのことだろう。

やり方は次の通り
1.頭頂部から丹田に、あるいは会陰から丹田に気を流す。
2.適当に丹田の中でこねこねする。
3.お金の気に変換する。

最初は熱感から初めて金の気に変換するのが楽かもしれない。
ちなみに金の気は一万円札を眺めてればなんとなくわかるはず。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ