挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人人人皿毒 作者:禍影

1日目

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/36

1

「くそっ、こんなとこに閉じ込めるなんてふざけてんじゃねぇぞ!」
 俺は苛立ちを込めて目の前の扉を蹴飛ばした。
 学校からの帰宅途中、突然俺の目の前に現れた真っ黒なリムジン。中から出てきた黒服の男たちは、呆気に取られて動けないでいる俺をあっという間にリムジンの中に押し込み、車を発進させた。ようやく自分が拉致されかけていることに気づき抵抗しようとしたところ、何やら変な薬品を嗅がされ意識を消失。気づいたら物が何もない、真っ白な立方体の部屋の中に横たわっていた。
 自分の身に起こった理不尽過ぎる事態に、ただただ苛立ちが込み上げる。
 自分を善人だと思ったことはないが、だからと言って拉致されるような恨みを買った覚えもない。俺はどこにでもいる一般人。そんな人間を拉致するなど一体何を考えているのか。
 考えれば考えるほど。怒りがあふれ出してくる。
 その衝動に任せ、飽きることなく扉を蹴飛ばし続けていると、根負けしたかのように扉が音もなく開いた。
 取り敢えず、真っ先に目についたやつをぶん殴ってやろう。
 もちろん俺は一般人。相手が死ぬまで殴ったりはしない。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ