挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
歴史探究 作者:暗落底狂楽
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

43/60

今回は姉について纏める。

『nes』が『姉達』で女神信仰であると言うのは依然述べた。

『ニードル』『ニード』『マグネシウム』『マグネット』『マヨネーズ』『レモネード』
『アマゾネス』『ヘルセポネー』『セレーネー』『オーケアニス』
『ジャパニーズ』『チャイニーズ』

かなり多くの姉が付く言葉が有る。

姉が女と市の合成文字なのも市場を表し『蓬莱』の事を表している。

そして時代が下り『セフィロト』の木が出来た事で、『姉』が『根』に変質する。
『根子』は『nes』の漢字表記になった。
ここら辺は『クロノス』の『オノス』が『おのこ』という『男』の別読みである事と同じだ。

『大日本根子彦太瓊尊』『大日本根子彦国牽尊』『稚日本根子彦大日日尊』『白髪武広国押稚日本根子天皇』『大倭根子天之広野日女尊』『日本根子天津御代豊国成姫天皇』『日本根子高端浄足姫天皇』『日本根子皇統弥照尊』『日本根子天推国高彦尊』『日本根子天高譲弥遠尊』『日本根子天璽豊聡慧尊』

日本書記に書かれているだけでこれだけの『根子』がある。

そして『持統天皇』こと『大倭根子天之広野日女尊』から『百人一首』に繋がって行く。



『姉』を『ne』と表記するのがここまでの話。
『ネーさん』なのか『ネィさん』なのかと言う話だが、『na』も姉の表記として使われているようだ。
『ネーブル』『ネイル』『ネイビー』『ネビュラ』『ニブルヘイム』辺りも同一語源の可能性が高い。

最も気になるのが『アン』の女性系『anna』は『アナ』あるいは『アンナ』と読む。
『アン姉』が本当の意味で『安寧』の語源になっている可能性が高い。
ここら辺は『ん』が『nn』と表記される事と関連が有る。
ただし、『女(onna)』とも混ざっているのが、『おのこ』と『クロノス』の『オノス』から『自ずと』分かる。

『ネーブル』が『臍』の意味が有り、『中央』つまり、『ミッド』や『センター』とほぼ同一の意味が有るのもヒントの類だろう。



突っ込むところが無いのでここに入れる。
『姦』について『女三人寄れば姦しい』と言う言葉が有る。
似た言葉に『女三人寄れば市をなす』と言うのが有るが、どう考えても『姉』に『市』が付いている事と繋がりが有る。
三人の女神を祀る場所が『市』として使われていた事が分かる。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ