挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
歴史探究 作者:暗落底狂楽
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

41/60

天使の語源

今回は天使、『エンジェル』の語源についての話。

『アーク』の話で、『アルカンシェル』が『アークエンジェル』だろうと言うのに触れた。
『エンジェル』の『エン』が元々は『アン』だった確率が非常に高いと言う話もした。

で、もう一つ同じ語源だと思われる物がバビロニアに有る。
『アンシャル』と言うそれなりに時代が流れた時の神だそうだが。
これは『ans』にウルク・あるいはウルと言うシュメールの王朝の名前を足した物だと思われる。
『ans+ulu』に前後の発音の区別を付ける為『h』を中間に挟む。
『anshulu』で、これをヘボン式の読み方にすると、『アンシュル』になり、『アルティメット』と『ウルティマ』の事から、『アンシャル』になった事が推測できる。

この状態から『アン』が神である事から『シュル』『シャル』『シェル』が別の意味だろうと言う推測で言葉が出来たのがフランス語になり『シエル』となる。

エジプトの方は日本の影響で『植える』と単語と混同されているようだ。

『ロミオとジュリエット』が『ローマ男と宝石女神』、『樹植える』が『ジュエル』など。


『アンシャル』と言う言葉が出来た辺りで日本に与えた影響もそれなりにある。
『○○する』と言う形の動詞はここから来た物だと推測できるし、『案ずる』等はそのままの発音に意味が付いた物だろう。
敬語で『おっしゃる』とか、語尾の『おじゃる』なんてのも、ここら辺からの転用だ。
『アンシャル』とアッシリアの『アッシュール』の関係を見ると『おっしゃる』の『っ』についても説明が付く。



『仰る』と『卵』、干支の国のヒントの一つかな。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ