挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
歴史探究 作者:暗落底狂楽
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

10/60

日本語

今回は日本語に残る、歴史の証拠を取り上げて行く。

日本語だけを並べても関連が分かる物


『蚕』『オシラ様』『白』『城』、八白『社』『柱』『織姫と彦星』
天皇
『天皇』『皇帝』『三皇五帝』『皇』『統べる』『昴』『全て』
『雛祭り』『端午の節句』『三人官女』『五人囃子』『宗像三女神と五柱の男神』
比売神・神道
『比売命』『比売神』『姫』『秘め事』、『奥宮』『億劫』『奥様』『大奥』、『神』『女将』『上』『かみさん(嫁)』、『神輿』『輿入れ』『腰』『要』『興す』、『高嶺の花』、『社交(社の交流)』『降らない』

『王』『黄』『黄帝』
支那
『麒麟』『麒麟児』

『玉璽』『玉将』『七宝』『宝塚』

『七味』『七福神』『七支刀』『七転八倒』『七転び八起き』『七草粥』『七曜』『七つの大罪』『親の七光り』
王冠
『冠』『鳥頭』『雉も鳴かずば撃たれまい』


外国語と並べると関連が分かる物

照らす
『寺』『照らす』『Tellus・ローマの神・テールス』『tell・話す・テル』『terrace・丘・テラス』『Terra・地球・テラ』『Αἰθήρ・ギリシャの神・アイテール』『ΔΗΜΗΤΗΡ・ギリシャの神・デーメーテル』

蓬莱
『蓬莱』『Holy・聖なる・ホーリー』『horizon・地平線・ホライズン』『ホルス・エジプト、スラブ神話』

三・三皇
『三つ』『光』『密』『満』『御簾』『ミトラ』『ミスラ』『ミスリル』
『寅』『try』『アナトリア』『three』
『三・サン』『山・サン』『son・息子』『sun・太陽』『アレクサンドロス』『カサンドラ』『サンダー』『孫・ソン』『尊・ソン』
『ミッドガルド・北欧神話』『ミドガルズオルム』『middle・中間』『medium・中サイズ』

酸素
『息嘯』『oxonium』

秘密
『秘伝』『ヒドゥン』

参る
『参る』『マイル』

自ずと
『(クr)オノス』



解説が必要な物

『不孝鳥』『梟』『枭首』『枭将』『イナンナ』『babylon』
梟が母親を食い殺す鳥と言う伝承と、中東の龍を殺したり追い出したりする話とバビロニアと言う名前。
イナンナの像の横には梟が置かれている事から文明を与えてやったのに戦争を吹っ掛けられた事が分かる。

『島』『ジャズィーラ』
ヤクザ用語のと同じように『ジャズィーラ』は島の縄張り両方の意味で使われる。

『故里』
読んで字の如く、故人の方と同じ文字で使われていて国が滅んでいる事を明示している。

『億』
『オクト』『オクターブ』『オクトパス』等と同じく八を表す。
具体的には0を八個書くと『億』になる。

『ロクデナシ』
ロックでは無い。
ロックが風刺である事に由来する。

『糞喰らえ』
糞の山の王ベルゼバブを信仰するカルト宗教への批判。
『ホーリーシット』聖なる糞の日本語版。

『奈落』
『奈』示す星が落ちる。

『冥途』
『メイデン』の元、冥途アン。
舞い人、あるいは舞い徒。

『匕』
座っている女性の事。
『匙』『さじ』女神崇拝が伝わるまで手づかみで食べていたようだ。
『壱』一番最初の文明。
『牝』『めす』これも女性が『匕』だった証拠。
『蛇』蛇神崇拝が女性崇拝だった証拠。
『尼』死んだ女性。
『泥』尼とほぼ同じ意味、これもエジプト関連。
『死』地の底の夕の女。
『屍』死が省略される前?
『陀』山に有る女性の家。
『比』自分の命と結納品を比べる。
『匕首』自害用に女性が持つ刀『アイ』は外来語の『一』、王権神授説は匕首を自害する必要が無いと預けた形か?剣と言うには壁画の刃物は短すぎる。
『七』日本の作った最初の国連。
『與』バアルに乗っ取られて臼が付けられた。
『与』『與』の新字。
『指』女性が道を指し示す、共通語が生まれた事等、女性がより良い未来を指示した事例は多い。

『至』
『蛭』エジプトの偽ファラオ。『蛭子』『蛙』に変化。
『到』行き着く、偽物のファラオが太陽王を僭称し周囲を弾圧した。
『咥』啄む、ファラオの悪行、『クル』が『ガルーダ』に変化『狂う』との関連も。
『窒』神は八人の女性なので、社は塞がっている、偽物の入る余地なし。

『尻』
ファラオの王朝。
九人の神に屍辺。
ベルゼバブから糞が出る穴。

『窮鼠猫を噛む』
鼠は日本で猫がエジプト。
『ベルゼバブ』に乗っ取られた『ファラオ』に噛み付いた事が残った形。

『夜の食国』
『ヨルノオスクニ』夜の雄国。
『食』は『蝕』の『むしばむ』を当てるのが正解。
『古事記』にのみ書かれていて、この時の『ツクヨミ』はファラオの事になっている。

『土用の丑の日』
『鰻』を『蛇』に見立てた『ウル』の日、喰われる鰻は日本かエジプトか。

『克己』
古い八つの蛇。十の兄ではないと思われる。
『己』が『乙』と同じで『蛇』の意味が分かる単語。
克服された八つの蛇が、糞だと良いが『天国排開広庭天皇』の事も有り日本を潰して喜んでる奴等の可能性も有る。

『己の頭の蝿を追え』
蛇だと分かれば『ウル』王朝の事で『ベルゼバブ』以外の何物でもない。

『起』
走る蛇、起こす。
『あの鐘を鳴らすのは貴方』とでも言えばよいのか?

『巴』
巴投げの例もあるが、二つの蛇が絡み合っているさま。
三つ巴などは三つの勢力が争っている事を指す。

『巽』
二つの蛇が共に。
エジプト系と妥協したと捉えるのが自然か?
『都の辰巳鹿ぞ住む』?
別読み『ゆずる』

『星』
生きる日。
セト信仰の後に出来た漢字だと思われる。
『亡』『望』と関連付けて歴史を残した物。

『彦』
『ひこ』『日子』からの変形か。
『彦星』なんかも女神崇拝を表す物として遺された物だろう。

『望』
日本から見たエジプト。
亡くなったのは日。
『朢』異字体、亡が臣になっている。
『琞』異字体、明の下に玉。

『亡』
頭のずれた七。

『屡』
『しばしば』女性を神と崇める山の上の宗教施設が襲撃され亡くなる。

『法螺』
『蓬莱』で使われた楽器。合戦で吹く物。
『法螺吹き』ホルスだと嘘を吐く、蓬莱だと嘯く等エジプトの事を指す。

『暗い』
『クライネ』と同じ、『クル』『壱』『姉』から出来た造語。
『クロノス』、エジプトのファラオが作った偽王朝は『暗い』と言う意味。
『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』等も風刺の意味の強い言葉だと思われる。

『井の中の蛙大海を知らず』
エジプトのファラオの事。
ツタンカーメンがオシリスと同一視されている事から、この辺りの事だと思われる。

『飛車』
将棋の駒。飛ぶ車、龍になる。
山を結ぶ交易路を往く車がやがて龍と呼ばれるようになった。
当然山を行き来するだけで空は飛ばない。

『角』
将棋の駒『かく』、別読み『つの』。
成ると『馬』になる。
ホルスが『horse』英語の馬の語源だから。
『つの』自体は鬼の角。

『鬼』
角の生えた人間。
モデルはシュメール神話の『エンキ』。
牛の角だったので『ブル』や『バアル』と呼ばれる。

『鬼畜』
鬼の家畜。
いわゆる悪魔崇拝者。
キリスト教徒とイコール。

『独活の大木』
『兎徒』あるいは『卯徒』の大木。
シュメール神話のウトゥの事。
エルフが耳が長い事にされているのは干支の卯と関係が有ったようだ。

『兎に角』
兎の国が鬼の国に。


漢字

『悪』
『亜・つぐ』と心、過去を継ぐ事が悪い。

『惑』
『或』には武装集団の意味が有り、『國』が旧字の国。
武装集団の心を纏める事が、惑わすに変わり、『七曜』『惑星』等、過去に存在した七つの国の貿易圏を貶める意味に変わっている。

『圀』
水戸光圀の名前にもなっている則天文字。
遣唐使を派遣した結果。

『社』
示土と書くのでどこから見ても大地母神。

『鉄』
失われた金属。『アイアン』ローマ数字の一とアンを繋げた言葉『アイロン』同じように一と龍を繋げた言葉。

『花』
八姉が『ha』+『na』これの読みが変った物。
草冠の下に人偏と『ヒ』。
『尼』の漢字に使われている物と同じで女性を表している。
『与』と同じように人の座った姿。
高嶺の花、『アナトリア』等のアナと同一。
『花嫁』も本当の意味は八姉が付いている。

『穴』
女神の名前『アナ』と同じ読み。
八人の家を意味する構造。

『羽』
これも八姉、姉が『ネー』と『ネィ』でぶれている結果。
『羽衣』は八姉衣、『八乙女』の意味が良く分かる。

『奥』
『おく』から八人が『オクト』に変化。
『奥宮』の発生時期はエジプト人に文明を伝える前だと思われる。

『屋』
『やね』これも八姉。
漢読み『おく』は『オクト』から。

『糞』
異なる米。
『ばば』『ババ抜き』『ジョーカー』『女媧』『猫糞』など。
アメノウズメ事、ベルゼバブに乗っ取られたエジプト王朝が用意した偽物の女神を指す言葉。
『泥棒猫』もここからの関連語。
『牡馬』これも『ばば』、『horse』が『ホルス』から来ている事からとも関連、もっとも『馬』自体は東洋から出ていると思うが。

『狂』
クロノスと呼ばれていたエジプトの王、ファラオの事。
バアルがホルスを名乗りエジプトを乗っ取り、アメノウズメと言う偽物を女神とした事を『狂った』と言った。元々は車が変化した物。

『米』
中央に対して八方から集まる、八女、八乙女、山、奥宮と関連付けられた物です。
『よね』本来は一興姉で『いおね』。
『マイ』と読むのは漢読みですが、『舞い』が当てられたから。
『メ』の読みは『女』と同一。
『ベイ』は丑の鳴き声からで、悪魔崇拝者が頑張った結果。

『臼』
壊れた白。

『閻』
『閻魔大王』の『えん』、壊れた臼が入っている。
シュメールの『エンキ』の事。

『臽』
『カン』小さな落とし穴の意味が有る文字。
訓読みが存在せず日本語に入れて良いかは微妙。

『陷』
『おとしいれる』
『こざとへん』が付いている事から山や市の話だと分かる。
『閻魔大王』が実際に、どこぞの山の交易所に居た人物がモデルだと分かる漢字。

『春』
三人から日が生まれた。三人は『ラー』より上。
宗像三女神の事。

『遥』
『はるか』『比売』が語源『hiul』が『heal』や『hell』になった時『e』に長音記号が付いていた事から『a』になり『はる』ドイツ語圏の陸軍『Heer』ドイツ語の万歳『Heil』等、『ハルク・ホーガン』の『ハルク』。
『オリハルコン』は高確率で織遥安と書き、匕首の事。

『鳳凰』
『鳳』が雄で『凰』が雌。
『皇』が付く方が雌である。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ