挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
君の瞳の中で 作者:ザクロ

第二章 鳩

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

12/12

日常パート。ここから動かしていきます。
「……で、和仁は世界の欠片を使えるのじゃな?」
「完全体じゃねぇけどな。俺のことに気づくのも時間の問題だぜ?」

神社の一角、アサシンと、角をはやした謎の少女は向かい合っていた。近すぎず、遠すぎない、ちょうど良い距離を保っている。

「まぁ、世界の欠片を誰よりも恐れておるのは世津じゃ。良いではないか、彼自身の持つべき力を取り戻しつつあるのは」
「……!? おいおい、ちょっと待て。あの世界の欠片って、あんたのオマケじゃねぇのかよ!?」
「そうじゃが?時を操れるなら、とうの昔に間違いを正しておるわ」

謎の少女は、平然とした顔をする。アサシンは流石に顔を歪めて困惑していた。

「じゃあ……あいつって……」
「ようやく気づいたか、アサシンよ。やはり、相当頭が回らないと見た。これでは見込み違いかの。14年前から変わらず、勇気も覚悟も、決意もないのだろうな」

そう言い残すと謎の少女はパッと消えた。アサシンは左手を強く握り締め、恨めしそうに睨んだ。

「んだよ……言いたいだけ言いやがって……じゃあ、和仁は……もはやバケモンじゃねぇかよ……」

その場にへたり込み、ゆっくりと倒れた。空を見上げる。今日は、月が綺麗な夜だ。

「さて、俺はここからどうするかな。俺には手に負えねぇよ。あーあ、よかった。この町を救うヒーローは和仁でさ」

虚しく、風にかき消される。その心の叫びは、誰にも聞こえないのだ。


「あ、あの……似非さん。本当に俺が泊まっても……」
「いいんですよ。先輩は、しばらくうちに泊まってください」

俺は、あの一件……つまりは孝人さんとの力のぶつかり合いの後、家にいるわけにも行かなくなったので、そのまま放浪していた。するとアサシンが「じゃあ、怜花の家に泊まればいいじゃねぇか」と言ったもので、断られること承知で来てみると、このとおり、似非さんは笑顔で歓迎で……。
「俺は、ちょっとブラブラするわ。そのうち帰ってくるし」とだけ言い残して、アサシンはどこかに行ってしまい、完全な二人きりである。
正直、思い出せる記憶の範囲内では、女とはほぼ無縁な人生を送ってきた。それがどうだ、急にも程がある。正直言って、似非さんは可愛い。俺は爆死しそうで耐えられない。

「お風呂入ります?お先にどうぞ、先輩」
「は……ふぁい!」

ぼーっとしていた。いかんいかん。無断ながらキッチンの水道をお借りしよう。

「ちょっと……どうしたんです、先輩!」

水道の蛇口をひねり、冷たい水を出した。流れ出る水の下に、頭を置いた。ジャバジャバと冷たい水が頭にかかる。冷えろ、俺の頭、俺の心!
あ、鍋がある。そこに水を満タンになるまで入れて、その中に顔を思いっきり突っ込んだ。このまま溺れて死のう、賛成だ。もうこのような姿、女子に見られた時点で死すべきだ、そうだ。

「何やってんですか馬鹿!」
「ぶべふぉっ!」

こんな声を出すのも無理はない。顔を水の中に入れた状態で頭を叩いてみろ。こうなるさ。

「あっ、溺死しそう!起きて、先輩、帰ってきてー!」

アサシン、間に入ってくれ。俺一人で女子の家に泊まるのはキツイ。

「ただいま、怜花」
「遅い、馬鹿じゃないの!?」

家に白髪のアサシンが帰ってくる。怜花は思わず声を荒らげ、怒鳴った。和仁は、精神的なショックで風呂に入ったあとから意識を失ったように眠っている。

「おいおい、静かに。和仁眠ってるんだろ?」
「……そうだけど。大変だったのよ! 先輩ったら、急に水の中に顔入れて、自殺しようとするんだもの」

すると、アサシンはきょとんとした顔をして「へぇー」と言って、ニヤリと笑った。

「ちょ……ちょっと、何考えてるのか、そろそろ教えなさいよ。14年ぶりに姿を見せた理由とか、先輩の記憶を取り戻さなきゃいけない理由とか……隠さないでよ、もう、これ以上……」

俯きながら、声は小さくなっていく。こういう女子の姿には、どうであれ、困る。どうしたらいいのか、男なら悩むはずだ。

「一つなら、言えるぜ」

アサシンの声に、怜花は泣きそうな顔を上げた。

「何……?」
「和仁、怜花のこと好きだぞ」

プククッ、とアサシンは小学生のように笑いをこらえる。次第に怜花の顔はゆでだこのように真っ赤になり、アサシンを感情の赴くままにビンタした。
どうやら、慰め方を間違えたらしい。

目を覚ます。見慣れない天井での朝だった。そうだったか、似非さんの家に止まっているんだった。
そして、昨日どうやって眠ったかわからないが、男用の部屋で寝ていたらしい。
それはきっと、いや、確かに。俺の親友、似非怜治の部屋だった。部屋を色々見て回りたいところだが、記憶が砂嵐のように荒れている。今はやめておこう。心が耐えられない。
さて、部屋を出てみると、そこには似非さんがテレビをつけて、朝食を用意してくれている。そういえば、孝人さんの家には、テレビなんてなかった。パソコンも、スマホもない。まるで、俺を外の世界から遮断していたかのようだ。

「……さて、次のニュースです。先日から取り上げています「二上町連続殺人事件」についてです。先日から、何者かにナイフで首を切られ、殺害されている事件が相次いでいます。昨日、また、二上駅周辺で、殺人事件が起こりました。被害者は……」

随分物騒なニュースだ。俺がテレビを見ない間に、こんなことになっていたとは。似非さんも、不安そうな顔をしている。

「周辺の目撃情報では、白い髪の毛に、黒いシャツ、白い短パンを履いた、少年のような人物が度々目撃されており、警察が注意を呼びかけています」

白髪、黒いシャツ、白い短パン……?聞いただけだと、想像する姿は、アサシンの姿だった。

「物騒だよなぁ。本当にこの町って平和じゃねぇよな」

俺の朝食であったパンを後ろから、ひょいっと取り上げ、誰かが食ってる・・・・嘘だろ?
振り返るとそこには、食パンをかじりながら頭をボリボリ掻く、アサシンの姿があった。

「アサシン……!?」
「なんだよ、いたら悪いか」

だって、そこに似非さんがいるぞ。お前を見て驚くんじゃ……と思いながら目をやると、似非さんは困った顔をしてため息をついた。

「それ、先輩に用意した朝食なのに、なんであんたが食ってんのよ」
「悪いか。腹はもう空かねぇが、飯は食うぞ。怜花、俺にも焼いて」
「それ食べとけば?先輩にはもう一枚焼くから」

その似非さんは、よくある、兄に呆れる妹のように見えた。きっと、どこにでもいる、平凡な女子校生。少し安心した。完全な可憐なる女の子ではなかったのだ。だが、妙にドキドキするのはなぜだ?

「先輩、ごめんなさいね。アサシンが迷惑かけて」

困ったような笑顔を見せると、似非さんはすぐに、もう一枚食パンを焼き始めた。あ、やっぱり、俺の目には可憐に映る。
……そして、数分後、俺の目の前には食パンが置かれた。アサシンはパンを食べ終わり、のんきに牛乳を飲んでいる……俺の。

「で、さっきのニュースを見たとおり、死神が本格的に動き出したぞ。と、いうわけで作戦会議だ」

ダンッと音を立て、アサシンは机にコップを置いた。やれやれ、と首を振りながら、似非さんはため息をつく。

「アサシン……で、いいのよね。どうすればいいの?」
「……ちょっと待ってくれ、二人はいつからの知り合いなんだ」

気になる、とても気になる。親しげに話す二人に。そもそも、アサシンの存在そのものが謎なんだ。こっちは全くついていけない。

「先輩にはまだだった。アサシンは私の……」
「待った、今は伏せてくれって言ったろ。14年ほど前からの知り合いだ。腐れ縁と思ってくれて構わない」

似非さんの会話を、思い切り遮るアサシン。その表情に、さっきまでのガサツさはなかった。真面目な顔、どこか悲しい目をしていた。それを見て、似非さんは小さく「……ごめん」とつぶやいた。

「あぁ、しみったれたな、すまねぇ。で、話を戻すぞ。今、動き出したのは「死神」簡単に言えば殺人鬼だ。2年ほど前にこの町を騒がせ……そして、怜治を殺し、和仁がほぼ動きを止めた」
「そこは、少しだけ覚えている。高校の屋上で、死にかけたやつがいて、そのあとに俺は屋上から飛び降りたんだ。確かその容姿は……」

ザザザッ、と記憶に砂嵐が入る。必死に、チャンネルを合わせまいとするが、まるで電波ジャックをされたかのように、だんだん、そのチャンネルへとあっていく。

「お兄ちゃん、やっと気づいた?早く僕に殺されてよ」
「お前は……」
「僕らはみんな兄弟なんだよ。そして僕らは、殺し合う運命さ」

アハハハハハハハハッと狂った笑い声が頭に響く。その顔は、包帯で全く見えないというのに、右目の赤い目と、僅かに開いた口元だけで、恐怖を感じる。包帯の隙間から出ている白髪は、アサシンを彷彿とさせる。
やめろ……やめろ……入り込むな、俺を食い荒らすな!

「お前は誰だ、入り込むなよっ!」
「侵食されてんじゃねぇ、この馬鹿!」

またも、アサシンのビンタで、正気に戻った。チャンネルは全くあわなくなり、さっきまで俺を支配していた死神とも呼べる狂気はたち消えていた。

「うーん、これは危ういな」

アサシンも困った顔をする。それを少し離れた場所から、似非さんは心配そうに眺めていた。

「今の状態は、なんなの……? 目が両方赤くなって……」

目が、両方赤くなっていた?アサシンの言う、神の目とは少し違うようだ。アサシンの苦い顔を見るに、神の一部でも無さそうだ。

「仕方がない。「鳩の子」は魂レベルで繋がっている。死なない限り、その繋がりは消えねぇんだ。まぁ、相手の心に入り込めるのは、相当力を高めた状態だがな。この場合「心に入り込む」じゃなく「記憶から入り込む」んだ。ここまで侵食されると、記憶に障害が生じるはずだ。忘却や、記憶が不完全なのはそれもあるかもな」
「鳩の子……そこまで繋がっているの?」
「怜花、お前も例外じゃねぇんだ。気をつけろよ。不安なのはわかるが、記憶の中に姿を止めなければ大丈夫だ。つまりは、お前は見なかったらいい」

まったくもって、話についていけない。鳩の子とは、なんだ?

「よーし、じゃあ作戦決定!和仁、鳩に会いにいくぞ!」

疑問なんか解決するはずもなく、むしろ増やしていく。これがアサシンのスタイルなのだろう。
和仁は怜花が好きでも、その思いに気づけていない・・・・
鳩の話に入ります。少々説明が難しくなる予感。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

黙示録(アポカリプス)

あの夏の夜、あの時刻にあの場所に居なかったら、俺はきっと知ることなどなかっただろう。この世界の《真実》なんて。 2人の少女との出会いから、俺 本城アキトは世界の//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全53部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2018/02/16 20:48
最強も最弱もなしから始まる~異世界生活見聞録~

地球とは異なる、何処かの世界の生活模様。 サラリーマン谷村 翔一は、ある日拳銃を使う魔法少女と魔物の戦いを見ていて死んだ。 そして、死後の世界の役所で異世界転//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全126部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/02/18 18:10
当然のごとく俺たちの街に平凡な日常などない。

この街は普通の人が普通に暮らすような街ではない。 外部からの通信も出入りも一切禁じた孤高の大都市ヘブンイレブンは人口の8割が何かしらの能力者である。 能力適正値//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全21部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/02/13 08:00
その本、一度栞を挟みませんか? 君に見せたい世界があります。

高校二年生なった黒木結人。 好きになったのは儚い雰囲気を纏う冷静な先輩。 好きになってくれたのは素直じゃない幼馴染み。 お人好しでお節介な彼の日常は、二人の少女//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全64部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/01/05 19:00
ナミダ忘れて異世界舞踏

『悲しみ』を失った世界。 それは、人の死すらも笑う、狂った世界。 目が覚めたらそんな異世界に召喚されていた平凡な高校生、夢望勇気。笑い、苦しみ、怒り、嘆いた先//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全7部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2018/02/15 22:05
限度を知らない神様にチート級の力を貰いました!

平凡に暮らしていた高校生の河西俊(かわにし しゅん)は高校の帰り道に事件にあって殺されてしまう……。 だが彼の人生は終わらなかった。 神様によって新しい世界//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全39部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/02/19 00:39
バイオレット、バイオレット、シークレット

人の発する負の感情から生まれる汚濁という異形の化け物や人に害を為す妖怪。 それらを滅することを生業とする隠師(おじ)の一人、神楽菫(かぐらすみれ)。 彼女は幼//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全13部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2018/02/18 09:00
三十路のオッサンで異世界行ってもなー…できればもう10年早く行きたかった。だって連れが近所の女の子とウチの姪だもん──だから俺はDVDを隠し持つことにしました

30代後半、異世界へ行く─── えぇ、そりゃもう! ワックワクの異世界ですよ? えぇ…… もうちょっと若けりゃね。 最近、体力落ちてるし、 近頃、腹もちょ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全11部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2018/02/16 12:37
チート・ザ・昔話

 何十年何百年もの時を得て尚、色褪せる事なく語り継がれる物語。  ────人はそれを『名作』と呼ぶ!

  • 童話〔その他〕
  • 連載(全12部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/02/09 18:35
剣と魔法と能無しクズと

昔、この世界トルティナの人々は魔物達に滅ぼされかけていた。 血で血を洗い、人の肉を食料とし、海は血色に染まった。 そんな理不尽な虐殺は、三柱の神達によって終わる//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全29部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2018/02/07 17:01
私(ストーカー)の恋

小学4年生の時、とある事情でストーカーと成った美沙はその後、橘くんを知り尽くそうと、メルアド交換を彼に申し込んだのだが、あっけなく断られてしまう。 それでもめげ//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全18部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/02/01 20:00
社畜OL、異世界へ異動する

鈴木桜(20代前半)は、典型的な日本の社畜だった。 朝から晩まで働き、努力しても営業成績も伸びず、毎日上司に怒られる日々を送っていた。 そんな毎日に嫌気がさし//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全27部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/02/17 16:12
竜の力を宿した俺が、美人魔導師に敵わない ~ここから始まる碧色閃光の英雄譚~

消息不明の兄から届いた一本の剣。 でも、俺が手に入れたのはそれだけじゃない。 伝説の存在である竜の子供に取り憑かれ、 大型魔獣も凌駕する、強力無比な力まで。 //

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全92部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2018/01/27 22:06
九月の蝉の鳴き声

 すべてに絶望し、死を決意した俺は校舎の屋上から飛び降りた際、学校の真向かいにある病院の一室のカーテンが開きそのなかの少女と目が合ってしまう。鮮やかな自殺を汚//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全3部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/02/11 09:14
精霊の社

ほのかに薄暗い月明かりが森を照らす。 ひしめく樹木が夜を抱えこんでいる。 幹の太さからして、どれも樹齢を数えるのは困難に思える。 花びらの舞う夜桜色の世界に心は//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全3部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/02/18 23:08
晴れのゆく末

敵対的な宇宙人、コスモリアンの襲来によって地球人類は絶滅した! 主のいなくなった地球で起動した最強のサイボーグ「トレヴァース」はコスモリアンを打倒せよという自身//

  • 空想科学〔SF〕
  • 連載(全17部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/02/19 02:03
異世界でスライムとドラゴンを女の子に変えて仲間にしたら食費がヤバかった件

 異世界転生で魔物を退治して女の子にするのはいかが?  主人公の宙〈はるか〉は16歳の男子。  同い年の幼なじみの凛太郎と自転車に乗っていたところ、電柱にぶつ//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全36部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/02/18 09:56
闇金に追われて勇者に転生したけど異世界まで追いかけられ泣く泣くお仕事を手伝う事になってしまいました

この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。 闇金は犯罪です。 1日の集中力が少ないので1つの話を5分割//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全14部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2018/02/14 14:00
甦身(よみ)への終電

※アルファポリスでも投稿始めました。 【この物語は『心』をテーマにしております。復讐や恨みはアクセサリー程度にお考えください】 ※欲望編の結末は少し時間がかかり//

  • その他〔その他〕
  • 連載(全18部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2018/02/19 07:02
娘を産んで異世界から地球に帰るとアポカリプスになっていた(仮)

 ある日間宮空は異世界に漂流した。そして、ちょっと無口な神様を宿す呪われた鎧と出会い、契約を結び、最終的にマオウを倒した空だったが、有名になりすぎたのと、異世界//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全72部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2018/02/17 18:15
拝啓、天国の姉さん…勇者になった姪が強すぎて──叔父さん…保護者とかそろそろ無理です。

 姪が強すぎる…  叔父さん、頑張ったよ?  猟銃2丁でできることはすべてやったよ…  だけど、姪よ…  エリンよ…  お前は俺の保護なんかいらないんだな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全59部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/02/19 02:54
Lv.1なのにLv.MAXよりステ値が高いのはなんでですか? 〜転移特典のスキルがどれも神引き過ぎて他の勇者の出る幕ゼロ〜

序章まで完結済み 2/3より三日連続で総合日間ランキングに載せていただきました! ◇◇◇  全校集会で体育館に集まっていた人間達が全員異世界に召喚された!//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全22部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/02/18 08:03
狂った世界の進化論-Hack the Clockwork World-

神様って残酷ね。 高遠リサは世界を壊す旅をした。 大学二年生のうだるように暑い夏、彼女は異世界の『ゲーム』に巻き込まれてしまった。 確固たる主義や主張なん//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全43部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/02/13 12:20
愛した人を殺しますか?――はい/いいえ

とある海賊少女メアリは、"海賊のプリンス"の船に乗ることになった。消える島、チグハグな森、意味不明の言葉を話すフェアリー。殊人や異世界転移者を巻き込みながら、彼//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全45部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2018/02/17 21:21
チート&ハーレムで異世界を楽しむ余裕なんて僕にはない!

自信過剰な高校生、伊神 明(いがみ あきら)は、異世界生活に微かな憧れを抱いている。 そんな彼が、もう一人の自分を倒すため平行世界へと転移する。失敗すれば世界は//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全4部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/02/10 23:47
異世界に転生したけどサムライやってます

亡国の長の後継ぎとして生まれたリューズ=ヤマト 大太刀を振るい、邪魔するものは片っ端からぶっ断つ! お国の復興のため、今日もかわいい許嫁やらエロい従者とともに頑//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全33部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/02/18 19:04
精霊楽士のオトロギア

異世界×音楽。 物語と呼べる新たな楽譜を奏でよう。 雑音(ノイズ)を扱う技能者、それは精霊楽士。 その一人である言霊転寝は相棒の紅崎縁離と共に、探偵業を通じて//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全34部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2018/02/19 06:00
機械仕掛けの天使は闇夜を翔る

鋼鉄の翼で空を飛ぶ死の天使。フェイヴァと名づけられた少女は、軍事大国で造られた兵器だった。 母を名乗る女とともに兵器開発施設から脱出した少女は、一年間の平穏な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全37部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2018/02/17 22:29
↑ページトップへ