挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ゲーム実況による攻略と逆襲の異世界神戦記(アウタラグナ) 作者:かすがまる

第1部

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

35/44

35 童女は奮闘し挨拶する、世界へ分け入る少女たちへ

 ワタシはひとりじゃない。
 たくさんの想いが、ワタシを通じて、世界へ戦いを挑む。


◆◆◆


 神様はいつもいてくれるわけじゃないって、シラは知ってるよ。

 戦いの神様だってことも、知ってる。戦いの鬼。鬼の神。鬼神様。

 でもね、それだけじゃないよ。教わったことだけじゃないよ。クロイ様をずっと見てきたから……クロイ様が見つめるどこかを、クロイ様を見つめるなにかを、ずっとそばで感じてたから……わかるんだ。

 神様は、きっとクロイ様とそっくりさん。

 強いけど弱くて、器用だけど不器用な、優しい頑張り屋さん。たくさん怒って、たくさん悲んで、とっても疲れちゃう。心がクタクタになっちゃう。

 それってつらいよ。何かをしてもらってばかりじゃ苦しいよ。一緒に頑張りたいんだよ。お父さんもいつも無理してばかりで、シラは苦しかった。それでも、おかえりなさいって言うために我慢したよ。そしたらお父さんは……。

 だから、ね。

 少し休んでていいよ。休むのも大事だよ。大丈夫。大丈夫。大切なものはなくならないんだ。傷ついても汚れても、皆で一緒に護るから、大切なままなんだ。

 シラも、戦うんだから。

「ヒトガキめえっ! 枯れ葉に飼われた家畜の分際でえ!」

 暗い路地に、大きな声と大きな体。ヴァンパイア。ギザギザのついた棒が武器。

「ひき肉になれ!」

 真っ直ぐに思いっきりだから、横に跳ぶ。凄い音と風。でも当たらない。すぐにまた跳ぶ。もっと跳ぶ。ピョンピョン行ったり来たり。こうすると、たぶん次は。

「ええい! 鬱陶しいわ!!」

 やっぱり横にブンってきた。イライラの大振り。お家の壁をえぐって。

 高く跳ぶ。お父さんの手が引っ張ってくれる。おごり高ぶるものは下しか見ないって、お父さん言ってたもの。うん、そのまま前へ押して。ヴァンパイアを跳び越えて、後ろへ。暴力を遊ぶものは前しか見ないんだもんね。シラは知ってるんだ。

「ぐおっ」

 防具のない背中を、お父さんが斬る。膝の裏側も斬る。頑張って。

「ちょ、ちょこまかと……!」

 振り向かれるより、シラがお尻へお尻へ回り込む方が速い。オデッセンおじさんがもうやめてって言うくらい、シラはこれが得意だよ。

「おぐあっ!?」

 脇の下へ突き刺さる、お父さんの剣。いつも見せてくれてた技だね。強いんだ。

 一度離れる。まだ倒せそうもない。ヴァンパイアはとっても頑丈だ。少しずつ少しずつ。絶対につかまらないように。

「おいおい、苦戦してんじゃねえかよ。だっせえ」
「そろそろ交代でいいんじゃね? 捕まえた奴が喰っていいんだろ?」
「おいおいおい、腹ペコさんかよバッキャロウ。ギャハハハ!」

 ヴァンパイアは多い。何骨もいる。屋根の上にもいて、こっちを見てる。シラを戦わせて、シラで遊んでるんだ。どうやって食べるかとか、どこを食べたいとか、そんな怖いことばっかり話してる。

 でも、これでいいんだ。こうしてないと、シラじゃ止められない。

 ここは長屋街。路地の奥には、逃げ遅れた皆が隠れてる。通しちゃダメなんだ。シラが頑張らなきゃ、皆を食べられちゃうもの。

「なあ、ちょっとだけ手助けしてやろうぜ」
「お、いいねえ。当てた奴は当てたところ喰えるってのはどうだ?」

 石。後ろのヴァンパイアたちが拾って投げてくる。暗いし、シラにはよく見えないけど、平気。全部お父さんが防いでくれる。怖くない。遠くから遊び半分に傷つけようとするものは、相手にしちゃダメ。そうだよね、お父さん。

 わ、何、お父さん。急に引っ張るなんて……わあ。

 おっきな水の玉が落ちてきて、それが地面に弾けて、沢山の水飛沫。すごい。お父さんの手が何本にも見える。それくらい速く全部を手で払ってくれてる。

 ヴァンパイアたちは……痛がってる? それとも苦しんでるの?

 今の水玉、毒なんだ。そういう魔法なんだ。

 じゃあ、エルフに助けてもらったの? そうなるの?

 でも、シラ、すごく苦しいよ。水、全然浴びてないのに。息が、しづらいよ。

 あ……もしかしたら、空気かも。オデッセンおじさん、研究室で、鼻と口を布で押さえてたもの。そうしないと、湯気じゃなくても、吸っちゃうんだって……。

「うがあっ! どいつもこいつも……腹立たしいわ!」

 来る。トゲトゲの棒が来るよ。でも、足が動かないよ。跳べないよ、お父さん。

「あうっ」

 打たれた。吹き飛ばされちゃった。痛い。すごく痛い。でも、シラ、まだ生きてるよ。お父さん、剣で防いでくれたんだね。地面にぶつからないようにもしてくれたんだ。頑張ってくれてありがとう。すごく嬉しい。

 シラも頑張る。苦しいけど大丈夫。ひとりじゃないから大丈夫なんだ。

 剣は……あんなところにある。シラの手もお父さんの手も届かない。

「手こずらせおって。大人しくしておればひと絞めで済んだものを」

 手。恐ろしい手が来た。奪うばっかりで痛いばっかりの手。自分のためだけに伸ばす手。人間を適当にあつかう手。シラを殺す手。

「……そんな手になんか」

 お父さん、お願い、シラを起こして。最後まで戦うために。負けないために。

「シラは、絶対に……!」

 黄色い爪の、毛むくじゃらの手が……あ……斬られて落ちた。

 お父さんの剣だ。でもお父さんの手じゃない。黒くて赤い兵隊さん。誰だろう。顔はよく見えないけど、どこかで会った気がする。

「な、き、貴様らは……ぐがあっ!?」

 もう二人、同じ色の兵隊さん。三人でヴァンパイアを倒してくれたんだね。あ、剣を返してくれるの。ありがとう。これはお父さんの剣なんだよ。

 頭を、撫でてくれる。三人とも優しい手……撫で方がそれぞれ違うね。

 この感じ……あ、なんだ。シラわかっちゃったよ。

 ポンポンしたのはラキアルお兄ちゃんだ。サスサスするのはアポロスおじさん。それで、頭全体をつかんできたのはロクトンくん。シラたちと一緒に遊んでくれた三人だ。エルフと銀豹に殺されちゃった、三人だ。

 わあ。屋根の上のヴァンパイアたちも倒しちゃったんだ。赤と黒の……あれは傭兵さんたちだね。さっきまで一生懸命シラたちを護ってくれてた、赤獅子団の人。

 そして、石を投げてきたヴァンパイアたちを倒したのは……クロイ様たち。

 馬も赤と黒だ。死んじゃった馬も、また一緒に戦ってくれるんだね。騎兵の人たちも、きっともうたくさん頑張ってて、それでももっと頑張ってくれるんだね。

 あったかいな。皆して赤く灯って、夜なのに夕焼けが戻ってきたみたい。

 胸の苦しさが、ゆるゆるとあったまって、溶けてくよ。

 この色、シラは好きだな。お父さんが帰ってくる時の色だもの。疲れた疲れたって笑うお父さんは、この色に染まって、ただいまって言うんだ。だから皆も。

「おかえりなさい」

 赤と黒の皆はシラを見てるだけ。クロイ様だけが、小さく頷いてくれた。そして待ってる。シラの次の言葉を待ってくれてる。

 うん。お返事はなくても、シラはわかるよ。皆の想いを感じるよ。

 お家に帰ってくるのとは違うんだ。逆なんだ。休むためじゃないんだ。もう戦わなくてもいいよっていうところから、皆は戦うために帰ってきたんだから。シラは笑って言わなきゃなんだ。

「ありがとう。頑張ってね」

 大きく頷いて、クロイ様は行く。皆と一緒に行く。戦いにいく。

 この世界をこのままにはしておかないって、クロイ様は言ってたね。人間がいなくてもいい世界なんて、我慢できないって。怒ってたね。それが戦う理由だって。

 エルフも、ヴァンパイアも、クロイ様を知るよ。知らないふりなんてもう無理。

 朝と夜との間には、いつも夕焼け色があるもの。

 朝焼けも同じ。世界ってそういうところ。

 クロイ様がいるんだぞってことは、空が教えてくれる。人間がいるんだぞってことも同じだね。叫ぶよりずっと遠くまで伝わるんだよ。

 だから……いってらっしゃい、クロイ様。いってらっしゃい、皆。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ