挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ゲーム実況による攻略と逆襲の異世界神戦記(アウタラグナ) 作者:かすがまる

第1部

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

27/44

27 影魔は嘆息する、男の意地に/二等は憎悪する、女の世界を

 神が戦いを告げている。
 荒ぶる神気……暴の気配が、濃い。


◆◆◆


 何て厄災だろうかね、これは。

「ねえ、ターミカ。かあふぇあ色って知っていて?」

 いつか取り入ろうと企図していた『黄金』が、向こうの方から一足飛びにやってきて、私を側近に抜擢する……何という僥倖。しがない下士官の大出世だけれど。

 嫌だ。嬉しくない。今すぐにでも逃げ出したい。

「知らないでしょう? 神から拝聴した御言葉でね、蕩けるような極上の茶色のことを意味するの……そう、貴方の肌のようにね」

 頬を撫でるな。首へ降りるな。うわ、胸元へ滑り込んでくる気なのか!?

 石洞内とはいえ、周囲には近侍の兵が立ち並んでいる……とか、そういう問題ではなく、素直に気持ち悪い! いき、息遣いが、明らかに発情している!

「お、お、黄金様! 御戯れを!」
「んふ、大きくて柔らかね……それに少ししっとりとしているわ。緊張しているのかしら」
「そそ、それはもう! だって! ほら!」

 大げさな身振り手振りで……ほどけない! 何て怪力なのさ! この女!

「戦闘! 戦闘中ですから! エルフとおんっ!?」
「木っ端の物見よ。放っておけばいいの。それよりも、私はこの小粒に興味をそそられているわ……何色なのかしらね?」
「いひいっ」

 もう、駄目だ。諦めた。これはもう、身体を欲しいままにさせるよりない。

 まったくヴァンパイアというやつは……どいつもこいつも。

 せめてもの抵抗に、気を失ったふりをしよう。ついでに《陰見》でもして、精神だけは逃しておこう……処女は奪われないだろう。うん。血の味的に考えて。

 魔力を込めておいた蠅を意識して、切り替えて……と。

 ふむ。結構、激しいね。

 木々の間を縫って矢が来る。鎧に当たった彼は、よし。肌を傷つけられた彼は、ダメ。苦しそうだ。ヴァンパイア殺しの猛毒。カエルから採取するのだとか。

 落ち葉の隙間からは、水が絡みついてくる。《水蛇》だ。これも毒入りとは恐れ入る。普通、口へ侵入して窒息させるもののはず。獰猛な戦術だ。それを選択し、実行することの意味はなんだろうね。

 見たところ、戦死者はヴァンパイアの方が多い。こちらが三千人、あちらが五百人という人数差を鑑みれば……無理攻め以外の何でもないけれど。

 エルフに有利な朝日の時に、地形を調べ上げたらしき森で、小勢の猛攻……か。

 ん? あの水使いが部隊長かな?

 ああ、そうだ。開拓地でエルフの主力部隊を指揮していた男じゃないか。

 強いね。本格派だ。《水鞭》の長さも速さも一級品だし、指揮も的確。熟達している。ああいう古兵は敵に回すと厄介なんだよね。見切りが早いから、寄せるにしろ下がるにしろ隙が少ない。

 そんな部隊長が、こんな、無謀ともいえる攻撃をする。

 近くに伏兵は……バッタの眼……いないか。側面や背面から別動隊が……甲虫の眼……いない。じゃあ空……蜂の眼……いい天気だね。鷹が一羽だけ。

 とにかくも、不可解だ。

 ということは、普通じゃない心理なのかもしれない。

 んんー……あ、そうか。

 不平不満か。

 開拓地にはエルフの増援が二千五百人も入った。当然、数百人を率いる将でしかない彼は、全軍の指揮権を失うことになったろう。伏撃にあった退却したこともあるし、きっと叱責もされたはず。

 自尊心を損なわれたろうね。自負心の強さは、戦い方を見れば明らか。激昂しているわけだ。憤懣やるかたなしなわけだ。

 つまり、威力偵察では満足できないんだね。

 せめて先鋒による前哨戦にしたいという、切ない意地の表れだ。この猛攻は。

 馬鹿だね。男というやつは得てしてそういう無茶をする。自分がやるだけで済まずに、誰かのやった無謀を誉めそやしたり、憧れたりする。亡びの美学を語る。

 私にはわからない哲学だな。

 それで魔神に勝てるのならば、協力するのもやぶさかではないけれど。

 ほら、男の浪漫だか純情だかを逆手に取って、ベアボウ隊が回り込んだよ。因縁の対決だとか思っているのかな。実際は馬鹿にされていると思う。

 次々と死んでいく部下を見て、美しく誇らしいと、思えるものなのかい?

 こんなことだから、戦争ってやつは……ア痛っ!

「んっふ、ようやく気がついたわね」

 か、噛まれた! こいつ、この黄金、私の首筋に噛みついた!

「大丈夫よ。吸ってはいないわ……少し舐めただけ。あんまり起きないから、少し無茶したくなっちゃって」

 舐めるなふざけるな。無体だ。うわっ、身体のいたるところがヌメヌメするっ

 これだから!

 こんなだから、ヴァンパイアってやつは!


◆◆◆


「どうしたい、アルクセム! 随分と必死な顔をして!」
「気安いぞ、吸血……!」

 戦槌の一撃を避けて、水の鞭を強振。当たらずともいい。間合いが開けばいい。鞭をのたうたせて、罠を仕込む。森の土は木の根に固められていて水を多く含む。土魔法は働きにくく、我が魔力はよく馴染む。

「敵が大勢だと、まさか当たってから気づいたのかい? それで我武者羅かい?」
「貴様らと、一緒に、するな!」

 鞭を振って頭上を奪う。跳べまい。そして喰らえ。百を超える数の《水蛇》の群れを。どの一匹とて触れれば呼吸を奪いにいくぞ。

「小細工だねえ!」

 馬鹿な、足元から《石盾》だと? そうも容易く発動するなど……そうか、先の一撃か。戦槌を空振った際に、地中を砕き魔力を仕込んでいたな。

 盾を踏み倒し、来るか。吸血種め。

「ほうら、死んどきな!」

 戦槌。魔法で硬度を増した、硬ければよかろうなどという発想の、醜い鉄塊。

 鞭をしならせる。手元に引き戻す。間に合ったが、しかし、呆れた強撃だ。鞭を構成する水を半ば以上も散らされたとは。

 だが、それら水に染み渡った魔力は、留まり残る。魔法の一発分にはなるのだ。

 味わえ……水流の円環による吸血種封じの魔法……《流界》。

「ちっ! 厄介な!」

 離れる方へと跳んだか。猪突してくればいいものを。動きの鈍ったところへとどめをくれてやったのに。

 だが、瞬時でも足を捕捉していた。感覚が鈍ったろうよ。追い打つ。

「搦め手ばかりで、意気地のないやつだね!」
「獣は罠にかけるものだ」
「はん! その獣の罠にはまって負けた奴が、ほざくんじゃないよ!」

 放られた石つぶては、魔法だな。それぞれに加速する、見えぬ速度の飛来。土魔法《石弾》の応用か。回避だ。立ち木を盾に。石が樹木に食い込む異音が複数回。これも呆れた威力だ。

 む。気配が消えた。今の隙に逃げたか。退くとなれば一目散だな。吸血種には恥も外聞もない。闘争本能だけで動く野蛮さよ。

 そして……そんなものに、私は負けるのか。

 意を決しての攻め入ったものの、結局のところ『黄金』を引きずり出すこと叶わなかった。多勢に無勢の中でも多くを討ったが、被った被害もまた大きく、敵中にて包囲されつつある。援軍もない。

 こんなはずではなかった……ようやくつかんだ好機だったはずだ。

 ヒトの領域への、魔物を使った支配工作。いかにも地味で、面倒ばかりが多く、功績になるべくもない作戦行動。それを吸血種誘引作戦へと昇華した。非正規戦でもいいと、武勲をあげる機会にすべく工夫したのだ。

 そのはずが、急に機会を覆された。竜帥と竜侍官がやってきて、ヒトの領域にて過ごすための世話を命じてきた。女の護衛をしろということだ、それは。

 策を講じて、吸血種の誘因は成功した。しかし女の奸計により勝ちを逃がした。今も邪魔され、挙句に逃がしたな。そもそも『黄金』などという女を動かすことにも失敗した。吸血種であれ男ならば、出向き、名乗ることくらいはするだろうに。

 女だ。女が俺の邪魔をする。いつでも。どこでも。戦場ですらも。

 そういえば、エルフ殺しの容疑がかかったヒトも、雌だったな。ありえぬ話と聞き捨てていたものだが、ヒトの雌とて女といえば女、ありえぬことをして俺に仇を為したのかもしれん。

 いや、それよりも何よりも……女神であったな。竜神も魔神も。

 そんな二柱が争う世界だ。俺の居場所なぞ、こんなもので当たり前か。戦場の端で死んでいくのが神の望みに叶う生き方か。

 認め……られるものか。こんな生も。こんな死も。

 足掻いて、足掻いて……必ず、目に物見せてやるぞ。女どもめ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ