挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
コトノハ薬局 作者:九藤 朋

花屋敷編 第一章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/185

主要登場人物紹介

ネタバレに抵触する箇所もあります。ご了承の上でご覧ください。

・音ノ瀬 こと

言葉の音色と力・コトノハを処方する一族・音ノ瀬一族の現当主。
美酒・美食・風情をこよなく好む。
五年前より行方不明となった両親に対して理由あって負い目を抱いている。

挿絵(By みてみん)



・山田 俊介

第2話「私の名前」初出。
私立探偵事務所所長。とある事件をきっかけにことに惚れ込む。
以降、依頼を彼女に持ち込む等して接触を図る。

挿絵(By みてみん)



・音ノ瀬 秀一郎

第7話「恋嘘」初出。
ことの従兄弟。女性の身ながらのことの重責を気遣い、また、思慕もあるゆえに音ノ瀬本家の婿養子となることを願っている。

挿絵(By みてみん)



・水木 楓

第18話「ひとひらの楓」初出。
音ノ瀬の血筋ではないながら、コトノハの力を発揮でき、それゆえに身内に疎まれていた。
ことが彼女を引き取り、ことにとって何より大切な存在となる。引き取られた時点で八歳。

挿絵(By みてみん)



・音ノ瀬 (ひじり)

第22話「僕らのコトノハ」初出。
音ノ瀬一族の中でも本家に次いで尊ばれる(そわ)(いえ)の主。
副つ家の体質として見た目より長く生きている。
一族の聖地でもある「ふるさと」の古寺の守り人。
コトノハの力を増減できる異能を持つ。
それに加え白髪赤目ゆえに「鬼兎」と恐れられる。
五年前、ことの両親の行方不明に関して責任を感じている。

挿絵(By みてみん)



・音ノ瀬 隼太(はやた)

第26話「禍異者(まがいもの)」初出。
戦前、音ノ瀬本家を出奔した男・音ノ瀬隼人の孫。
祖父の影響を色濃く受けて育ち、コトノハによるある野望を抱いている。

挿絵(By みてみん)


おまけ

挿絵(By みてみん)

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ