挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

ブクマ外しの悲しみを全世界に訴えるうた

作者:黒塔真実
あれぇ? そんなに面白くなかったですか?
わたしは神展開だと思って書いたのになぁ

あれぇ? 今回の更新はかなり自信あったのに
そ、そ、そんなに駄目な内容だった?

あれぇ?
あれぇ……

そのうちだんだん更新ボタンを押すのが怖くなる
またブクマが減るんじゃないかと思って

いっそこのまま放置してエタろうか? 
悪魔のささやき

いやいや駄目だ
まだ読み続けてくれている読者さんがいる
天使のせっとく

しまいには感想欄でも炎上すれば
それを言い訳に即行エタ宣言できるのになとか思いだすほど追いつめられる

まさに破滅願望

ああ

更新ブクマ外しされたこの悲しみを
全世界に伝えたい
訴えたい

少しぐらい数が減っても平気だろ? と人はいうけど

ブクマ数とはただの数字ではない
物語の続きを読みたいと思っている人の数なのだ

つまり向こう側には人がいる

すなわちブクマ外しとは
お前のする話は面白くない
これ以上は読むに値しないという
誰かの無言の駄目だしあるいは最後通知

そう、ブクマ外しの悲しみは
人に去られる悲しみ
誰かに見捨てられた悲しみ

ああ

つきあおうなんて言わないで欲しかった
後から「イメージと違った」
と言うぐらいなら

好きだなんて言わないで欲しかった
後から「嫌いになった」
と言うぐらいなら

でも分かってる
期待はずれだった自分が悪いのだと

実力不足と偏った趣味のゴリ押しで
多くの読者を失望させたのだ

なんて自分の駄目さ加減に落ち込むあまり
とうとう幻覚が現れる
ちっこいおっさんが肩に乗って話しかけてくる

「お前の書く展開はクソだ」

思わずおっさんを握りつぶし
自分で自分を慰める

「わたしは物凄く面白いと思うし大好きだよ」

しかし一向に癒やされない心臓ハート

ああ

更新ブクマ外しされたこの悲しみを
全世界に伝えたい
訴えたい

一つ外れただけで
飯がまずくなる
10個外れると
息切れと動悸
20個で目が霞み意識が遠のく
50個も外れた日には
もうショック死寸前

たとえるならブクマはHP
今日も一個減って−1

これが0になった時
静かにこの世界(なろう)から消えようと思う

1ブクマは希望
0ブクマは絶望

まだけっこう残っているから大丈夫
とはいってもね

ほんのちょっとだけ回復期間が欲しいんだ

どこか景色のいい場所へ行き
なにか美味しい物を食べ
好きな映画を観て音楽を聞き
ソシャゲをやり倒してショックが薄れたら

さあ
心を奮い起こして
再び筆をとろう

自分にとっての真に面白い物語を追求して
多くの人に押しつけ
……もとい伝えるのだ!
他の人には決して書けない物語もうそう

誰かの暇つぶしになれば本望
楽しんで貰えれば感無量

合わなかった人が去っていくのは仕方がないこと

最悪ブクマが0になっても
自分がつけた見えない1ブクマが残る

なにより書き上げた瞬間
全世界がわたしに微笑みかけてくるはず

肩の荷が降りて心が軽くなり
天上から祝福の光が降り注ぎ
この身は深い達成感に包まれる

さあ
その日を目指して
ひたすら最新話を投稿しようじゃないか

時には休んでもいいから最後まで投げ出さないで

見えない1ブクマがある限り
きっと書き続けられるから


評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ