挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。

異世界でも超能力は使えるのか

作者:CHITA
 俺がいた世界では超能力と呼ばれる力があった。炎を出したり、水を操ったり、空を飛んだり、物を操ったり。だが、俺は事故によって超能力を使えなくなってしまった。超能力が仕事や生活で重宝されている時代だ、超能力が使えない奴なんてもう用なしだ。それでも俺は頑張ったんだ。意地になってもいたけど。
 それで死んだ。と思う。
 気づいたら薄暗くて、臭くて、汚くて、そういう場所にいた。薄暗いとこを出てみたらレンガ造りの家屋が立ち並ぶ街の下水道にいた。俺は呆然と立ち尽くす視界の端で下水道を女の子が流れてくる。その女の子がまるで・・・。

 そしてこの見知らぬ土地で俺は生きていく。
第1話:気が付くと
2017/10/02 11:00
第2話:ここはどこか
2017/10/04 11:00
第3話:空腹の音
2017/10/06 11:00
第4話:削られる精神
2017/10/13 11:00
第5話:流されてきたもの
2017/10/15 11:00
第6話:不格好
2017/10/20 11:00
第7話:沢山持ってくるからな
2017/10/23 11:00
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ