挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
Free 〜フライパンから始まるエトセトラ〜 作者:もじゃ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

42/51

41.開戦

本日は2話更新です。
この話は2話目ですので、ご注意ください。
 さて、やると決まったらそれはそれで問題があった。
 大集団との距離が遠すぎるのだ。
 その距離およそ200メートル。
 私達から見て、横切る形になるため、戦うには追いつく必要があった。

 でもどうやって?
 走ったところで相手はモンスターだ。
 追いつけるとは思えない。
 追いつけないのであれば、今度は逆に呼び寄せないといけないのだけど……

「そうだ! 2人とも少し離れてて!」

「あ、ああ」

「カノン何するの?」

「ちょっと、大きい音を出してみようかなと思ってね」

 うまくいくかどうかはわからない。
 でも、気づいてこっちに来てもらえればラッキーくらいの感覚でとりあえず。

「さぁ……いっくよぉ~!」

 私は相棒を取り出すと、2人が距離を取ったことを確認したのち、大きく深呼吸をして気合を入れた。

 私はその場で【宛転えんてん】によるステップを開始。
 2回転したあとに相棒をそのまま地面へと叩きつけた。

 周囲に轟く爆音。
 どうだろう。
 届いたかな……って!?

「ひぃいいい! 手がぁあ! 手がぁあああ!」

 直後、私の両手に襲いかかる衝撃。

 痛い痛い痛い!
 あと痺れるぅ~!

 地面みたいな物なんて今まで攻撃したことなかったんだけど、こうなるんだね! ひぃ! へ、ヘルプミー!
 ち、違う! 私にはアレがあるんだ!
 早速出番だよ!

 私は急いで先日取得した【光魔法】を使い、その光を両手に押し当てた。
 この光にはどうやらそれだけで、回復作用があるとのこと。
 『忘備録』にもパーティーメンバーの内、最低でも1人は持つようにと書いてあったので、取得しておいたのだ。
 本当に取得しておいてよかったと、改めて実感。
 みるみる痛みが引いていくのがわかる。痺れも急速に取れていった。
 それらと入れ替わるように私を襲う倦怠感。なるほど、これが精神力を消耗するってことか。
 連発は控えた方がよさそうだ。気をつけよう。
 でも、まさかこんなに早く使うことになるなんて思わなかったなぁ……

「ああ~染み渡るわぁ~……」

「カノンなんだかお年寄りみたいだよ?」

「し、仕方ないでしょ~! 実際、超痛かったんだから。それよりも……」

「ああ、どうやら成功したみたいだぜ」

 見れば大集団の一部が大きく進路を旋回させ、こちらに向かって来ていた。

 来たのは2種類。オオカミとクマだ。
 また、よりにもよって強そうなのが来ちゃったな……ま、仕方ないね。
 それだけ、好戦的な種族ということなのだろう。

 モンスター名はわからない。
 だって、まだ誰も倒したことがないからね。名前は、そのモンスターを倒してインベントリに入れて初めて確認できるのだ。

 一応、オオカミの方はこの世界の住人からは【オオオオカミ】っていう名前で呼ばれているみたいだけど……うん、凄く呼びづらいです。
 もう少しどうにかならなかったの運営さん?

 でもって、クマはの方はというと……掲示板にすら挙がっていなかったモンスターだ。
 大きい。たぶんあの大集団の中でも1つ2つ抜けた大きさだ。
 きっと強いんだろうなぁ。

 一方のシカとフクロウ、その他の小動物に関しても同様で名前はわからない。
 だから強さも当然わからない。

 ただ、こちらは私が出した音に驚いたのか、オオカミとクマ達から離れたあとは、その後バラバラと散開しているようだった。
 中には、やたら遠回りして森に帰っていく姿も。
 この分だと、街に着くころには、その数もかなり減らしていることだろう。よかった。
 よし。これで、とりあえずは街のことを気にすることなく、目の前のモンスター達だけに集中できそうだ。

「でも、まだ結構いるね」

 大集団から別れたとは言え、元に大がついていたのだから、未だ集団には変わりなく。

「ん~大体、50匹くらいか?」

「かなぁ?」

 オオカミが多い。数えるのが嫌になるくらいいた。
 その逆に、クマは、オオカミよりも図体がデカイぶん数えやすい。
 たぶん、10匹前後? それくらい。
 双方、まっすぐにこちらに向かって来ていた。おそらく、すぐに戦うことになるだろう。

 幸いなのが、クマの足が遅いこと。
 そのお陰で集団が縦に伸び、とりあえずは、オオカミとクマ、同時に襲われることはなさそうだ。
 まぁオオカミに手こずってると、すぐクマも来ちゃうんだろうけど。

 2人を見れば、すでに準備万端って感じだ。
 巨大な刃物と銃。
 うん、物騒極まりない。
 でも、今回はその物騒さ加減がとても頼り甲斐のあるものに見えた。
 私も相棒を再度持ち、戦闘に控える。

「ん~一応、こっちも頭数は増やしておくか」

「え?」

 シズクは唐突にそう言うと、目線を下げ、何やら片手を動かしていた。
 おそらく、メニューを操作しているのだろう。
 【砕辰さいしん】片手に器用なことするなぁ、と思う。肩に担いでるとはいえ、重くないのだろうか?
 ってか、なんだかこの前見た時より【砕辰】が大きくなってるような?
 私の気のせい?

 でも、頭数ってどういうことなんだろう。
 フレンドでも呼ぶのかな?
 それはさすがに間に合わないと思うのだけど……

 私がそんなことを考えながらその光景を見守っていると、シズクの脇の地面が突如光りだした。

 そして……

「久々の出番だな! 頼んだぞ【虎吉とらきち】!」

『ガウッ!』

「……へ?」

 大きな黒い虎が姿を現したのだった。



「え……えと。シズク……それ……は?」

「あーカノンにはまだ紹介してなかったな。俺の相棒の【虎吉】だ。こう見えて耐久無限装備なんだぜ?」

「え……えぇえええ!?」

 耐久無限装備!?
 あれって生き物もオッケーなの!?
 ランダムにもほどがあるよ!
 もう武器じゃないじゃん!
 有機物じゃん!

 いや、でも一緒に戦ってくれるという意味では、ある意味武器だとも言えなくも無いような……もういいや。
 諦めた。
 これが『Free』なんだもんね。

 それは簡単に言えば黒い虎だった。
 虎独特の黒い縞模様はあるんだけど、特徴的なのが、体表。
 普通の虎とは違ってこちらは限りなく黒に近いグレーだった。
 体長は2メートルほど。
 おそらく立ち上がれば3メートルにはなるだろう。
 虎を間近で見るのは初めてだけど、正直格好良かった。

 まぁ、今はシズクの手をペロペロ舐めてるんだけどさ。こういう仕草は猫っぽい。私も少しだけでいいから触らせてくれないかなぁ。

 同時に、シズクが【砕辰】を欲しがった理由も理解できた。
 たしかに虎は持って戦うもんじゃないもんね。

 ってか、耐久無限装備ってことは、実質無敵なんじゃ?
 ある意味、自立型の武器とも言えるわけなんだし……

「こいつさ。すげー強ぇんだけど、燃費がすこぶる悪くてなー。ほら、今も腹ペコらしい」

『ガウッ!』

「そ、そうなんだ」

 え!?
 ペロペロしてるのってそういうの意味だったの!?
 怖いよ! 噛まれないよね!?

「でも、今回は相手も数が数がだからな。素材も気にせず食い散らかしていいぞ」

『ガーウッ!』

 シズクが指差した方向を見る【虎吉】。
 途端に口から流れ出る涎。
 剣呑な雰囲気。
 だ、大丈夫?
 シズクはちゃんと制御できてるんだよね?
 なんだか、今にも走り出して行きそうなんだけど。

 ってそんな場合じゃない。
 目標の集団は約50メートルの距離まで迫っていた。
 いい感じでまとまってきてくれている。

 50メートル。
 まだまだ遠い気もするけど、私達の中には1人、すでに射程距離の人がいたりするんだよね。

「【ウォータートルネード】!」

 アクアの放った魔法はまっすぐ集団の中心を貫いた。
 クマまでは届かなかったものの、その威力は絶大で。
 オオカミ、3分の1くらい負傷したんじゃ……明らかに動きが鈍くなっていた。

「アクア、次どんくらいで撃てる?」

「ん~10秒頂戴」

「わかった。できたら声かけて」

「オッケー」

 あれだけの大魔法だ。
 準備にもそれ相応の時間はかかるのも仕方がない。
 その間は、私達2人と1匹が頑張りましょう!

「シズク、行こう!」

「ああ。【虎吉】、ゴーだ!」

『ガウガウガーッ!』

 こうして、私達の集団戦の火蓋が切って落とされた。


 巨大な包丁を持ち、片割れに同じく巨大な黒い虎。
 なんだが、主人公より主人公らしいんですけど。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ