挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
Free 〜フライパンから始まるエトセトラ〜 作者:もじゃ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

23/51

23.とある掲示板にて

初めての掲示板回です。ちょっとドキドキ。
気づいた点などあれば感想にてお知らせくださいm(_ _)m
【運営よ】Free雑談スレ Part8【応答せよ】

1:名無しのフリーター
ここは『Free』の関しての雑談をするスレッドです。
攻略、スキルなどに関することは下記のスレッドで発言してください。


・・・


84:名無しのフリーター
鬼が出た。

85:名無しの旅人
>>79
まだ武器になりそうな耐久無限装備じゃねぇか。俺なんて……

86:名無し武器商人
>>84
お前は何を言っているんだ。

87:名無しの情報屋
>>83
お、新情報か?
このゲーム、ホント話題に事欠かねぇな。

88:名無しの弓エルフ
>>85
いい武器を欲するから失望するんだ。
最初から私みたいに防具を選択していれば……どうしてこうなったorz

89:名無しの情報屋
>>87
すまね。>>83じゃなくて>>84に対してね。
>>83じゃ俺が変態になっちまう。

90:名無しの錬金術師
>>84
うぐっ! や、やめろ! 
俺の左手に封印されている鬼の話はやめるんだ!
どうなっても知らんぞ! ぐぁあああ!

91:名無しの武器商人
>>90
お前はずっとうなってろ。

92:名無しの情報屋
それで、どこに出たんだ? イベントか?

93:名無しのフリーター
昨日、西の高原でな。夜中狩りしてたんだよ。
そしたらな。どこからともなく高笑いが聞こえてきてさ。

94:名無しの錬金術師
ほうほう、それでそれで?

95:名無しのフリーター
声のした方向を見ると、何かが物凄い勢いで通り過ぎていったんだよ。

96:名無しの弓エルフ
夜中に高笑いとか何それ怖。

97:名無しの武器商人
>>94
結構お前の左手言うこと聞くじゃねぇか。制御出来ないんじゃなかったのかよ。

98:名無しのフリーター
通り過ぎた場所を見たらさ……それはもう酷かったよ。何もかもバラバラでさ。

99:名無しの旅人
ほほう。そんなことが。

100:名無しの錬金術師
ぐぁあああ! やめるんだ! それ以上鬼の話は本当n……ぐぁあああ!
>>97
そんな細かいこといちいち気にしてたらハゲるぞ?

101:名無し弓エルフ
へーそれでどうなったの?
>>98も、なます切りにされたの?

102:名無しの旅人
>>100
ぐあぐあうるせぇ、アヒルかよ。

103:名無しのフリーター
俺は呆然と見送りながら、素材になりそうな物をただただかき集めることしかできなかったよ。
ホントとんだ棚ぼただったぜ……

104:名無しの情報屋
得してんじゃねぇか!

105:名無しの錬金術師
裏山!

106:名無しの武器商人
>>100
ハゲだと……いいだろう。ならば戦争だ。

107:名無し弓エルフ
いいなぁ~私もそんなイベントに巡り会いたいよ。

108:名無しの情報屋
そういや、東の門を出た平原でもなんかそれっぽいのがいたとかいないとか。

109:名無しの錬金術師
>>106
俺の鬼と貴様の武器。
どちらが強いかとうとうその因縁に決着をつける時がきたってことだな。

110:名無しの旅人
>>108
いや、どっちだよ。

111:名無しの弓エルフ
>>108
それも夜だったの?

112:名無しの情報屋
いいや、それは昼間だったっぽい。
俺のフレンドが見たらしいんだけどよ、なんかはっきり言わないんだわ。
で、最終的には「夢だった」とか言い出して……
動画も撮ってるみたいだから嘘ってことはなさそうなんだが。
せめてその動画だけでも確認できればいいんだけどな。

113:名無しの武器商人
>>109
そんな因縁最初からねぇよ。
よくわからん世界に巻き込むんじゃねぇ。

114:名無しの旅人
>>112
まぁ『厨二病』の1件以来、本人の許可無しでアップや見せびらかせたりするのはマナー違反ってことになったからな。
それは仕方ねぇべ。

115:名無し弓エルフ
なんなのそういう定期イベントなの?

116:名無しの情報屋
草原と高原で発生したと仮定すると、残るは北の街道、南の山、東の森林のどっかか。
っつっても、あくまで推測の域はでない情報だな。

117:名無しの錬金術師
すげぇ本当に情報屋みたいなこと言ってる!
>>113
うぇるかむとぅーあんだーぐらうんど。

118:名無しの武器商人
やめろ! そんな世界に興味はねぇ!


・・・


【鬼畜の】ニューディール森林攻略スレ Part2【所業】

1:名無しの名無し
ここは【ニューディール】の東にある【ニューディール森林】についての攻略スレッドです。
それ以外の話題は以下のスレッドでお願いします


・・・


623:名無しの戦士
えっぐいよ。なんなんだよあの森の奥。
気づいたら喉元に噛みつかれてて……

624:名無しの名無し
ああ、お前もか。
ようこそ森林の闇へ。

625:名無しの木こり
だから、あれほど注意しろと。
このスレッドの阿鼻叫喚を見ていなかったのか。

626:名無しの弓エルフ
初見なら仕方がないよ。
あれは誰しもが通る道だと思って諦めなさい。

627:名無しの戦士
ちなみに打開策ってあるの?

628:名無しの弓エルフ
ない。
だから、諦めなさいと言っているの。

629:名無しの戦士
なんだよそれ……

630:名無しの名無し
一応、試行錯誤してはいるんだが、あまりにも足場と視界が悪すぎてな。
現状、まったく探索が進んでいないんだ。
スレが未だにPart2なのもそのためだ。

631:名無しの木こり
ってか、こちとら戦闘素人なんだぞ。
もうちょっと難易度どうにかならんかったのかとは思う。
これじゃぁ森の木が切れねぇよ……

632:名無しの戦士
初っ端から倒せない芋虫とかいるわ、ちょっと隣の場所行けば難攻不落だわ……
やっぱり北か西に行くしかないんかなぁ。

633:名無しの名無し
だからこそ、救済措置的に【魔法】があるんじゃ?
っていうのが最前線組の出した結論だからな。

634:名無しの弓エルフ
たしかに最前線組は魔法使いばっかだったね。

635:名無しの戦士
俺の友達で格闘技習ってる奴いるんだけどさ、それでもきついって言ってっからなぁ……
はぁ~……俺も自称戦士から転職すっかなぁ……

636:名無しの木こり
格闘技経験者でもダメなのか。
どうりで万年運動不足の俺じゃ歯も立たないわけだ。

636:名無しの名無し
お前は運動しろ。

637:名無しの弓エルフ
運動しなさい。

638:名無しの戦士
それは運動しろよ。

639:名無しの木こり
お前らよってたかって……


・・・


【攻略ってなんだ】Free最前線攻略スレPart13【諦めないことさ】

1:名無しの火魔法使い
このスレッドは最前線攻略を目的としている!
そのための情報共有の場として使ってほしい。
それ以外は他でやってくれ!
健闘を祈る!


・・・


312:名無しの火魔法使い
βの時にあった村はなくなってたらしい。

313:名無しの商人
>>298
すまないがイベントの話はよそでやってくれ。
鬼というのは気になるが、スレ違いだ。

314:名無しの情報屋
>>312
なんかそうらしいな。
地図の更新が忙しくなりそうだ。

315:名無しのドワーフもどき
ん? どういうこと? 丸々なくなってたってこと?

316:名無しの火魔法使い
いや、システム的な移動とかじゃなく、完全な廃村になってたらしい。

317:名無しの風使い
何だよ、またホラーかよ。

318:名無しのフリーター
アーシャちゃんは!?
あの村には俺の嫁のアーシャちゃんがいたはずなんだが!?

319:名無しの商人
>>316
まじかよ。あの村って確か中継地点だったよな。痛ぇ……

320:名無しのドワーフもどき
嫁って……もっと怖ぇのが現れたよ……

321:名無し火魔法使い
>>318
廃村なんだから、居るわけねぇだろ。

322:名無しのフリーター
そんなぁ……orz

323:名無しの情報屋
>>318
悪いことは言わん。諦めろ。

324:名無しの弓エルフ
あ、でも私、【ニューディール】で同じ名前の女性は見かけたよ。

325:名無しのフリーター
まじか!? どこにいたの!?

326:名無しの火魔法使い
人探しは別のスレッドで頼むわ。

327:名無しのドワーフもどき
フリーターの反応が光速すぎてこえぇ……

328:名無しの弓エルフ
>>325
えっと、たしか西側の大通り沿いの花屋だったかな?
>>326
ごめんね。これでやめとく。

329:名無しのフリーター
オッケー! マジサンキュー! 早速行ってくる!

330:名無しの商人
なんかスゲーのがスゲー速度で来て去っていったな。

331:名無しの情報屋
せめて捕まらんことだけを祈っといてやろう。

332:名無しの火魔法使い
その情熱を少しでも攻略に傾けてくれれば……

333:名無しの弓エルフ
あ、でも……ってまだ見てるかな?

334:名無しの商人
どした?

335:名無しの弓エルフ
いや、私が見かけたのはたしかにアーシャって名前の女性だったんだけどさ。
めっちゃおばあちゃんだったんだよねぇ……

336:名無しのドワーフもどき
なんでそれを早く……完全に別人ジャマイカ。

337:名無しの火魔法使い
絶対わざとだろ。

338:名無し風使い
運営以上に鬼畜な奴を見た。

339:名無しの弓エルフ
わざとじゃないよ!
ちょっと言いそびれただけで……

340;名無しの情報屋
いや、β締めてからサービス開始まででゲーム内時間が結構経ってるって話だからな。
案外、同一人物って可能性も。

341:名無しの商人
それはそれで残酷だな……

342:名無し弓エルフ
わ、私は悪くないよね!? ね!?

343:名無しの火魔法使い
……その廃村の先の話なんだが、ボスは居そうなのか?
今のところ高原の先のエリアボスしか発見できていないが。

344:名無しの弓エルフ
無視ぃ!?


・・・


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ