挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

短編集 冬花火

寂しがり屋の朝

作者:春風 月葉
 子供の頃から一人というのが苦手で、いい歳になり妻を持ってもそれは治りませんでした。
 今日もいつものように妻と酒を飲み、もうそろそろ結婚から二年が経つなどという話しをしてから二人で寝室へ向かい眠りにつきました。
 おやすみと妻に一声かけ、目を瞑りますが、あまりすぐに寝たい気分ではありません。
 今は布越しに妻の温度を感じますが、一度眠りについてしまえば夢の中に堕ち、一人になってしまうからです。
 恥ずかしい話、夢の中でまでも妻と一緒にいたいとすら思っています。
 あぁ、早く朝にならないかと思いながら明日を待ち、夢の中で妻の姿を探し続け、はっと目が覚めると隣でまだ眠っている妻の横顔を見てほっとする。
 もう三十になろうという歳なのに恥ずかしいことですが、これがいつもの私の日常です。

 しかしある日、例の如くはっと目を覚ますといつもは寝起きが悪く寝ているはずの妻の姿が見えず、まだ自分は夢の中にいるのかと頰をつねってみても、しっかりと頰は痛みを感じていて、焦った私はガバッとベッドを飛び出してリビングへと向かいました。
 するとキッチンの方でなにやら料理をしていた妻がひょこんと顏を出し、
「おはよう、今日は結婚記念日だから朝から頑張っちゃった。」
 と自慢気に料理をキッチンへと運び出して、へへッと可愛いらしく笑いました。
 私は色々な感情を伝える術がなく、静かに妻を抱きしめて、
「ありがとう、これからもよろしく。」
 とだけ言いました。
 妻はうんうんと頷きながら抱き返してくれました。
 だんだんと登る太陽を見ながら、ずっと夜が来なければいいのにと私は思いました。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ