挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
名門貴族の変嬢 作者:双葉小鳥

【true end】のその先

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

78/104

【true end】~~~

 ゼシオがリビングの明かりをつけ、傍に戻ってきてくれました。
 そして。
 戻って来たゼシオの表情は――無。
 …………あぁ。
 どうしましょう。
 皆、怪我していないと良いのだけれど……。

「心配だわ……」

 思わずつぶやいた一言。
 それにゼシオはこちらを向いて、またすぐに扉に目を向けた。
 その際。
 無言で彼が言ったのは、『心配し過ぎ』。

 …………あのね、ゼシオ。

 体の自由を奪われ、両目を抉られて、爪を一枚一枚剥し。
 そして指を一本一本落とされて。
 耳に美引くのは楽しげな笑い声。
 おまけに『痛い? ふふ。痛いよねぇ』って。
 いくら『やめて』と『たすけて』と叫んでも、言葉にならない言葉が響くだけなのよ……?

 『心配するな』っていう方が無理だわ。

 ……ねぇ。
 ゼシオ。
 私。
 【私】ね。こんなことをされて、殺されたのよ……?
 しかも。
 首を飛ばされない限り、どこを切られても死なない。
 死ねないのよ……?
 狂ってしまいそうなほどの痛みと、恐怖。

 …………でも。

 狂う前に正常に戻される……。

 死しか、【私】に希望を与えてくれなかった――いいえ、それは違うわね。

 狂えない【私】は、死を選ぶことすら恐ろしくて……絶望しか、感じなかった…………。

 非力な【私】はただただ絶望し、襲い来るであろう痛みに怯えるしか、できなかったのだから……………。

 …………とにかく。
 あの男にあの術を使われてしまったら……いくら料理長たちであっても、無事なはずは無いわ……。

 いや。
 いやよ……!
 皆が怪我をするなんて、絶対イヤっ……!

「っ……ぅっ…………」

 悔しい……。
 悔しいわ。
 あの槍が無ければ何もできない、自分自身が………。
 守られてばかりで、自分の力だけでは何もできない。
 そんな自分が嫌……。

 ――――ガチャ……。

 ドアノブが回る音が、静かなリビングに響いた。
 私はそれに弾かれるように顔を上げ、扉を見つめ。
 そこに料理長と、テノール、ゼシオ、マリアたちの無事な姿を見て。
 心の底からホッとするのと同時に、ぼやけていた皆の姿がさらにぼやけた。


「みん、な……。けが、ない…………?」
「?! ひ、姫さん?! な、なんで泣いて……?」

 料理長が激しく動揺を示しています。
 でも、それどころではありません。

「ぶ、じ……? 怪我、していない?」
「「「「姫さん……」」」」
「「「「お嬢様……」」」」
「「「姫様……」」」

 問うと。
 歪んで見えにくい視界の向こうで、皆様々な反応を示し、すぐに笑ってくれました。
 だから私は皆に――――

『こんな夜中に騒いでしまってごめんなさい。ゆっくり休んでちょうだい。無理はしないで……』

 と伝え。
 テノールと料理長、ルシオ、ゼシオを残し。
 他の皆はリビングをあとにしました。
 もちろん。
 当然なのか、私もリビングに居ります。

 …………部屋に帰ろうとしたら料理長に呼び止められたのです……。

『話があるんだ』

 と……。 
 何のことか分からなかったのですが、料理長の真剣でいて、どこか強張った表情と声音に素直に頷き。
 私は腰を浮かせていたソファに再び腰かけました。


 ………………。


 …………………………。


 …………………………………。



 長い沈黙。
 誰一人として言葉を発することなく、十分ほど経過しました……。
 そして、ゼシオ以外。
 困惑気で、『何を話せは良いのか分からない』と言った様子です。

 …………みんな、どうしてしまったの……?
若干リスティナが変わってしまって居るように感じますが、ストーリーとリアルの時間の経過と思ってくださると嬉しいです……。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ