挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
名門貴族の変嬢 作者:双葉小鳥

【true end】のその先

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

77/104

【true end】~~

「? 姫さん……と、双子の片割れじゃねぇか。どうしたんだ、こんな夜更けに……」

 と。
 物騒な顔をきょとんとさせ、顔を覗かせたのは、料理長。

 私は彼女の顔を見て、いつの間にか強張っていた肩から力を抜いた。

「料理長……。家に、帰ったのではなかったの……?」
「あぁ。なんか、嫌な予感がしてな。『気のせいなら』と一応確認に来たんだ」

 すぐさま表情を引き締めて、そう言った料理長はどこか不安げ。
 私はそれに気づかなかった。
 だって、自分の事でていっぱいだったのですもの……。 

「…………そう、なの……」

 やっとのことで紡いだ言葉。
 でもそれに料理長は眉を寄せた。

「……その様子だと、何かあったな?」

 す、鋭い……。
 鋭いわ、料理長……。

「……………………そ、そんな、こと――――」
「侵入者」
「何だと? どこのどいつだ!」
「知るか」
「チッ。使えねぇな……」

 料理長の悪くなりかけていた機嫌は少ないゼシオ言葉で急降下。
 そして、彼女はそっと腰の物に手を伸ばし……って、ダメ!!

 慌てて正面に立っていたゼシオの袖をグイッと引いて、首を振った。

「り、料理長! ち、違うの。ゼシオは悪くないのっ!!」

 だからゼシオにソレを向けないでっ!!

「と、突然男が、あらわれ……こ、ころ、され―――」


 『殺されそうになった』
 そう言う前に一瞬でゼシオを握っていた手を外され。
 ふわりと抱きしめられた。

「すまねぇ、姫さん。……怖かったんだな」

 あまりにも、料理長がらしくなくて。
 ……どうしたら良いのか分からなくて、戸惑った。

「い、イヤだわ。大げさよ! り、料理長ったら、私が……そんな――」
「無理しなくて、良い。後はアタシたちに任せな」
「っ…………」

 本当に、らしくない……。
 私もだけれど。
 料理長がそんなに落ちついた、優しい声なんて…………。

「安心しろ。すぐ、終わらせてくる」

 料理長はそう言って私から離れ。
 大きな手のひらで、優しく頭を撫でてて微笑んだ。

「任せたぞ」
「あぁ」

 料理長はゼシオは短く会話した後、何かの術式を発動させ、スッと消えた。
 あの男の恐ろしさは私が一番よく知っている。
 だから、皆が心配だった……。
 不安で、不安で……何より怖かった…………。
 だって。
 相手は頭のおかしな殺人者。
 何より残酷に殺せるかを考えるようなモノが、敵……。
 あの男の頭のおかしさは――――

「…………」

 ――ぽんぽん 

 ――ぽんぽん 

 優しく、私の頭の上でやわらかく弾む手のひら。
 そしてこの手は……。

「ゼシオ……?」
「…………」

 無言で無表情。
 でも、完全な無表情ではなくて……。
 …………心配をかけてしまっているのは、事実。

「ごめんなさい。ゼシオ」

 『なんでもないの』
 そう、取り繕うように微笑むと、ゼシオが若干無表情を崩して困った顔をして。
 またもぽんぽんと、私の頭の上で優しく、やわらかく、手のひらを弾ませた。

 …………もしかして、慰めようとしてくれている。の、かしら……?

 だったら――

「ありがとう。ゼシオ。元気が出たわ」
「…………」

 そう微笑んでみたけれど、『嘘つくな』って。
 『無理しなくて良い』って、言われてしまったわ……。

 お見通しみたい。
 困ったわ……。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ