挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
名門貴族の変嬢 作者:双葉小鳥

最終章 変嬢の行く末

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

59/104

第六話 忠告

 さて。
 私の祖国を蹂躙しようとしている不届きものどもへ、忠告しなくては、なりませんわね……。

「ごきげんよう。皆さん、これ以上の進軍は辞めて、お引き取りくださいませ」

 にっこりと。
 出来るだけことを荒立てないよう言うと、正面の彼らは激しく困惑したわ。
 でも、それもすぐに収まってしまい。
 各々手にしていた武器を持ち直したの……。
 困ったわ……。
 私。
 出来れば戦いたくなど、無いのです。
 だからここで引いていただければと。
 そしてそれから穏便にお話をと考えたかったのですが…………無理のようです。
 …………悲しいわ……。
 だって、私が持っている武器はこの槍のみ。
 それでいて。
 この槍はお姉――じゃなくて、サラ様同様に危険なのです。
 何故なら、槍が教えてくれた(?)内容の中に、『私が明確に殺意を持ち。槍に魔力を込めれば、あっという間に全てを火の海に変えられる』と言うものがありました。
 ですが、今の私は殺意なんて物騒なもの、みじんもありません。
 あるはずがないのです。
 ちなみに、この槍は私の考えていることを私の内にある魔力から読み取り。
 それを実現するそうです。
 と言うことはです。
 私が面白半分、好奇心半分でこの戦場を焼け野原に……なんて考えようものなら――――

「ひっ、火がっ……!!」
「ど、どこから?!」
「ぎゃあぁぁああああああ!!」


 悲鳴のような断末魔。
 続くものもまた、断末魔でした……。

 ………………………………。

 ……………………。

 ……どうしましょう…………。
 困りました。
 だ、だって!
 目の前で突然黒い劫火が発生したのですよ?!
 人が……人が、あっという間に焼失したのです……!
 信じられません……。
 …………今も黒い劫火はふくらみ。
 戦場を焼き払わんばかりの勢いで敵がいる場に広がっております。

 ……これでわかりました。
 変な事は考えないようにします。
 それが一番だと分かりました。
 なんて私が納得していると、黒い劫火は敵の大勢いる場に行く前に、少しづつ鎮火しました……。
 よかった。
 あまり犠牲を出さずに鎮火してくれて……。
 もう。
 勝手に解釈するみたいですね、この槍は。
 ……あら?
 何かこちらへ近づいて……?
 あれは……弓? 
 それと、槍と剣……?
 …………どうして無数のそれらが私の方へ飛んできているの?
 変よ。
 だって、それらを持った人間がいないの。
 武器だけが私の方を目がけて、飛んできているのです。
 ホラーチックだわ……。
 それにしても、一直線に向かってきているのね。
 このままだと私。
 ずたずたなのかしら?
 それは困るわ。
 だって、この体はおそらく本体。
 ……と言うことは。
 ……………………あ、このままじゃ死んじゃう。

 私の頭がそう結論を出した時。
 それらはもう。
 回避不可能とあきらめざるを得ない距離。 
 あ。
 私、死んじゃった。


 そう思ったと同時に響いた無数の金属音と、打撃音。

 そして。
 見慣れた多くの後ろ姿。


「ご無事ですが。お嬢様」

 背を向けたままの大勢の中から、軽くこちらを振り向いて微笑んだその姿は――――

「てのー……る……? みんな。どぅ、して……?」
「ここだろうと思ったんだ。怪我は……してねぇな。よし」

 ぺたぺたと私の頬をさわり。
 槍をもっている方の手を見て、持っていない方の手を握って手のひらと甲を見て。
 料理長は安堵の笑みを浮かべ、そう言ったわ。
 双子はと言うと、正面を向いたままです。

「マリア、メイサ。お嬢様のお傍に」
「「はい」」

 そう返事が聞こえて、大勢の中からマリアとメイサが私の方へやってきた。

「お嬢様! ご無事で、ご無事でなによりです」
「本当に、心配しました」
「ごめんなさい。マリア、メイサ。家族が、心配だったの……」
「お嬢様……」
「姫様……。大丈夫です。安心してくださいませ。私どもがついております」
「そうですよ。お嬢様! 私たち皆が力を合わせ、本気を出せばこのような大陸、あっという間に掌握できます!」

 無邪気に笑って断言したマリアの言葉に、軽く恐怖を覚えたのは……うん。はい。気のせいと言うことにしておきます。

「ありがとう。マリア、メイサ。元気が出たわ」
「さて、お嬢様。ここからは俺達が引き受けます」
「え? あら、大丈夫よ」
「いいえ。さっさと終わらせて帰りませんとお昼を過ぎていますので、おやつの時間に間に合いません」
「あぁ、そりゃいけねぇや。今日は姫さんの好物。ドライフルーツを入れたマフィンを焼こうと決めてたんだからなぁ」
「まぁ! 料理長、それは本当なの?」
「あぁ。材料はもう買ってきてるからな。作るだけだ」
「嬉しい! じゃぁ、早く終らせて、帰りましょう」 

 そう言うと、皆は一斉に返事を返してくれて、消えてしましました。
 ……どこに行ったのかしら?
 まぁ良いわ。 
 早く終わらせて、帰らなきゃ!

 …………………………。

 ……………あ……。

 ついつい嬉しくて、ここがどこだかわからなくなりかけましたけど、大丈夫です。
 ちゃんとわかっていますわ。
 戦場です。
 戦場なのです……。
 でも大丈夫。
 ほら。
 あちらこちらで聞こえる断末魔と共に、真っ赤な真っ赤な花が開いているでしょう?
 ……ところで。
 殲滅、なんてしなくていいのよ? 
 敵を後退させてくれればそれで……あら、私。ちゃんとそのように伝えたかしら?
 …………伝えていないような気が……。


「ひゃあはっはっはっ! おらおら逃げ惑え雑魚どもぉっ!!」
「ふふふ。さぁ、これはどうでしょうねぇ……」
「うは! これこれぇ!」
「血の匂いだ……うひゃひゃひゃひゃひゃ!!」
「戦いってのは、やっぱこうじゃなくきゃなぁ!」
「つーか、雑っっ魚っ! 弱すぎて話にもならねぇってぇのっ」


 なんて物騒な雄叫びをはじめ、凶悪な集団が出来上がっています。
 中には冷静な者もいるようですが、一人だけです。
 一号だけなの……。
 どうして一号だけしか落ち着いていないの? 
 いつも皆顔は怖いけど、そんな凶悪な感じじゃないじゃない? 
 『ほんわか』――は違うけど、その……『優しい』感じ? も、なんか違うような気もするけけれど!
 と、とにかく! 
 凶悪な感じなんてみじんもないじゃない!!
 どうしちゃったの?! 
 テノールたちはいつも通りな感じだし、双子の方だってそうよ。
 ……いや、まぁ。
 あの三人が率いる場所に近づけるかって言われたら、私は全力で拒否するけれど……。

「やっぱり、厨房の番号たちは鬱憤が溜まってたみたいですね」
「本当。凶悪さに磨きがかかっているわ」

 ……えっと。
 マリア、メイサ。
 なんでもない事のように、しみじみと解説しないでちょうだい。
 私がどうしたら良いのか分からなくなるから……。
料理長の部下はまとめて言うと、『厨房の番号』。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ