挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
名門貴族の変嬢 作者:双葉小鳥

第一章 名門貴族の変嬢

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

5/104

第五話 綺麗ごと

 さて。
 どうしましょう。
 こころなしか、頭痛が……。
 というか。
 一人になりたい……みっちり考え込みたい…………。
 そうだわ。
 ミリー達を部屋から出しましょう。 
 私はそう決めて、口を開いた。 

 ――――ドカンッ!

「おぅ、姫さん! 落ち込んでるんだって?」
 あぁ。
 片手にワンホールケーキと紅茶をもって、我が家の顔の怖い料理長が来たわ……。
 しかもまた、扉を蹴破って…………。
 私の部屋の扉は何度彼――……いえ、彼女だったわ――に破壊されれば良いのかしら?
 フッと若干遠い目をしてしまった私。
 視界の端に移る双子は無言。
 でも。
 でもね……。
 酷く馬鹿にしたような雰囲気を醸し出しているの……。
 そうね。 
 言葉するとしたら。
『馬鹿め』
『破壊されると分かっていながら扉を閉めるからだ』
 って、とこかしら?
 そして『ざまぁ』って。
 ……腹立つわね。
 まったく。
 誰のおかげで生きていられると思っているのかしら?
「はぁ…………」
 なんてつらつら考えていたら、ため息が出た。 
「お嬢様? お疲れですか?」
「……えぇ。そうね、色々あって疲れたわ…………」
「まぁ……――」
「そうか! んじゃアタシの作った劇物ケーキでも食って元気だしなっ!!」
 豪快に笑ってミリーの言葉を遮った顔の怖い料理長。
 腰には常に、何本もの包丁がぶら下がっていて、怖いの……。
 何かのはずみで怪我をしそうで…………。
「……【劇物】…………?」 
 料理長の言葉から、不穏なワードを拾ったミリー。
 これに満面の笑みを浮かべる料理長。
「あぁ、間違えた。【劇的】だ!」
「【劇的】……?」
 ミリーはなおもわからないと言った様子で、こてんと小首をかしげた。
 え?
 私には意味が分かるのかって?
 そんなもの、分かるわけないでしょう?
 だって、彼女は変なんですもの。
 女性なのに、女性じゃない体つきと、顔の右半分に酷いやけどの跡。
 体中の傷、肩にあったであろうものを隠したかのような丸い焼印。
 そこらのボンボンが見たら失神するんじゃないかしら……?
 て、程に壮絶なのよ、彼女。
 まぁ。
 初対面の時、幼い私に出刃包丁を手に襲ってきたときは、彼女の姿から、彼女が感じたであろう痛みを考えて泣いてしまったくらいですもの。
 『きっと壮絶な痛みだったのだろう』って。
 『辛かっただろう』と。
 だから彼女に問われたとき、幼かった私は『痛い?』と、問うたほどだったわ。
 まぁ、彼女はそんな場違いなことを問うた私の喉元に、出刃包丁をそえ、鼻で笑ったのだけれど……。
 ついでに、私は彼女の名前すら知らないわ。
 教えてくれないの。
 ルシオも、ゼシオもね。
 ミリーだってそう。
 皆、私がつけた名前ですもの。
 私は彼らの性格は知っているけれど、生まれた場所や、年齢、名前。
 すべてを知らない。
 でも、それで良いと思うの。
 きっといつか……。
 そう、いつの日か…………教えてくれるはずだもの……。
 誰かの秘密を暴くのは嫌いよ。
 誰だって、知られたくないことの一つや二つ。
 抱え込んでいる者でしょう……?

 なんて、綺麗ごとで私は自分を誤魔化すことにしているの…………。

 だけどね。
 私は、私を慕ってくれている皆を、疑わない。
 だって、そう決めているから。
「お嬢様。冷めた怪しい紅茶を見てばかりいないで、料理長の【劇的ケーキ】。召し上がらないのですか……?」
 突然聞こえた優しいテノール。
 それに私はハッとして、いつの間にか視界に広がる茶色い液体を見つめいたことに気づいて、ゆっくり顔を上げた。
「あら、テノール。あなたも居たの? ごめんなさい、気がつかなかったわ」
 微笑んで本当の事を言うと、黒い燕尾服を来た男は、目を細めて笑う。
 彼はテノール。
 どこからか流れてきたようで、ひどい状態だったから、拾って。
 元気になったら名を問うたけれど、頑なに何も言わなかった。
 でも、声が綺麗なテノールだったから、私が勝手にそう名をつけて呼び続けている。 
 そのおかげが、今では確実に反応してくれるようになったのよ。
「左様でございますか」
 テノールはそう言って、私の手から紅茶をするりと奪ってそれを口に含んだ。
「あ。テノール、それ私の……」
「……冷たくなっているではありませんか」
 眉間にギュッと皺をよせて、なぜか非難された……。
 なんで?
 って。
 ちょっとテノール!
 それを窓に持って行ってどうする気なの?!

 ――…………バシャッ

 あぁ。
 捨てられちゃったわ……。
 せっかく飲みやすくなっていたのに…………。
「まったく。この屋敷は虫が多すぎる」
 と。
 何やら呆れた様子でテノールが言った。
 また、いつものかしら?
 なんて思いながら彼が私から取り上げたのカップに、紅茶を淹れてくれるのかと待ってみた。
 でも彼は私のカップをテーブルに置き。
 アツアツのポットを抱えて再び先ほど私の紅茶を捨てた窓に向かっていく。
 そして、タパタパと流した。
「テノール……。紅茶がもったいないわ」
「申し訳ございませんお嬢様。少々ムラし過ぎておりました。淹れ直してまいります」
 彼はそう言って、ポットを手に扉がなくなった出入り口から出て行った。
「さて。アタシも仕事だねぇ。おら、双子。仕事だ!」
「「…………」」
 料理長の言葉にルシオとゼシオは、【無】の感情で頷き、テノール同様に部屋を出て行った。
「まだこの辺りに【勇者】は居たのね……」
「【勇者】?」
「あぁ、何でもないわ。ミリー」
「???」
 ハテナマークを飛ばすミリーに私は曖昧に笑って、料理長が扉の破壊という代償と共に持ってきてくれた【劇的ケーキ】を口に運んだ。
 うん。
 今日のは柑橘系ね。
 とてもおいしいわ。
 料理長にもちゃんとそう伝えないと……。
 だって彼女、拗ねちゃうんだもの。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ