挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
名門貴族の変嬢 作者:双葉小鳥

第三章 伯爵家末娘となった変嬢

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

47/104

第十一話 朝

 ちゅんちゅん、と鳥がさえずる声。
 淡くて明るい光を感じ、ふっと目を開けてみました。
「やぁ。お目覚めかな? 可憐な眠り姫。今日の僕はその菫の瞳に誰より早く映れることが出来て光栄だよ。嗚呼……。君の瞳に映る僕は、なんと美しいのだろう……。ねぇ、そう思わないかい?」
 絵に書いたような『王子様』が居ました。
 …………あぁ。
 自分に酔いしれている自己陶酔症で、重度のナルシストでしたね。
 所詮変態で変人です。
「嗚呼。そうか、僕があまりに美しくて。いや、美しすぎて声も出ないんだね! 良いよ。さぁ、たんと見惚れておくれ」
 ………………さて。
 今現在の私なのですが、薄い寝間着です。
 私の肩は布ではなく、細い紐で吊ってあるような形の淡い紫のネグリジェです。
 ちなみに、これは私が選んだものではありません。
 料理長チョイスですわ……。
 さすがに『露出が過ぎる』と言ったのですが、『可愛いからコレ』って言って聞いてくれなかったの……。
 テノールだって加勢してくれたわ。
 でも、料理長が『爺は黙ってろ』って……。
 もちろんテノールの額に青筋が浮かんだわ。
 それからはもう口論。
 最後は『もうお好きにどうぞ』ってテノールが不機嫌になって席をはずしちゃって……。
『石頭のくそ爺め。姫さんをいくつだと思ってやがる。もう少し流行に乗っからせてやりてぇとか、思わねぇのかねぇ?』
 だそうよ?
 ……私、流行とか疎くて良くわからないのだけれど。
 料理長の優しさは十分に伝わったわ。
 だからそれを着ているの。
 嬉しそうにしている料理長を見るのは、嬉しいわ。
 まぁ。
 そのせいで私のネグリジェは露出が……。
 って。
 そんなことより、今です。
 今。
 そう、私は薄いネグリジェ。
 しかも肩が激しく露出。
 その上、寝起き。
 …………つまり、つまりですよ?
 こんな(寝間着)姿で赤の他人。
 しかも男性と会うなど、とてもとても破廉恥なことです。
 ちなみにこんなことが祖国で起こっていたとしたら、不法侵入して来た男性から莫大な慰謝料。
 もしくはその命を奪うか、一生の責任を取ってもらわねばならぬほどの事。
 そして私。
 つまり女性の立場から言えば、嫁ぎ先がすべて消え。
 『不法侵入してきた男のもとに嫁がねばならない』という、とても屈辱的なことになるのです。
 それほどに破廉恥極まりないことで。
 普通のネグリジェであれば、私が来ている物ほど露出が無いのです。
 なのに、私の着ているものは……っ――――。

「きゃぁぁあああああ!!」

 私は布団をぎゅっと握りしめ。
 顔に熱が集中するのを感じ、あまりの事に叫ばずにはいられませんでした……。


 ―――――――――――

 ―――――――


「あぁ。今日の姫さん昼飯だな」
「えぇ。最近は少し―――」

『きゃぁぁあああああ!!』

 アタシと執事が朝食の支度を終え。
 姫さんの食事について台所で打ち合わせをしていた時。
 響いた悲鳴。
 それは間違いなく――――

「お嬢様っ?!」
「馬鹿なっ!!」

 執事は驚愕に目を見開き、その漆黒の瞳に同じような顔したアタシが居た。
 いや、だってな。
 知らない奴がいねぇって程で、泣く子も(怯えて)黙る化け物級の女侯爵。
 セフィニエラ・サティ・ルフェイドが、この屋敷に『侵入不可能』の術式を張ったと言ってたんだぞ?!
 『破ることは不可能』と自信満々だったんだ!
 それなのに、まさか……っ!
 執事もそれを考えていたのか、アタシと同じ位で顔色を無くし、走って行った。
 アタシはそれを視界の端に少し映したが、問答無用で姫さんの部屋に飛んだ。
 そしてそこで見たものは。
 ベッドに腰かけ、姫さんの髪を撫でまわす……つい先日の変態。
 姫さんは半泣きだ。
 …………おいおい。 
 テメェ……姫さんに何してやがる。
 きったねぇ手で姫さんに触れてんじゃねぇぞ?
 誰に許可とって触れてやがんだ。
 アタシの姫さんが嫌がって泣きかけてんだろうが。
 死ぬか?
 あぁ?
 死にてぇのか?
 嗚呼。
 良いだろう。
 アタシが直接ヤッてやろうじゃねぇか……。
 そう言う訳で、そいつに狙いを定めた。

「死にさらせえぇぇっ!!」


 ―――――――

 ――――― 

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ