挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
名門貴族の変嬢 作者:双葉小鳥

第二章 元、名門貴族な居候

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

29/104

第十話 生き物……?

「よし。出来たわ」

 ついつい嬉しくて声が弾んでしまった。
 そしてそんな私の目の前に引っ張ってきたローテーブルには、片腕で持てる大きさのビクスドールがお行儀良く、座っている。
 私がただひたすらに『生きてないモノを』と考えた末の、形です。
 人形です。
 もちろん脈なんて恐ろしいものは打っていません。
 なんと嬉しいことでしょう。
 人形は黒髪で菫の瞳で――……って、何故私が出来たのかしら?
 変ね。
 依頼とかで脈を打つ人形を作るときは、私になんて似ないのに…………。

 …………あぁ……。
 そう言えば私。
 依頼主の頭の中をのぞいて、それに合わせて作っていたわ……。
 まぁ。
 似て当然なのかもしれないわね。
 だって、私。
 『生きてないモノ』に執着していたから……。
 それに、あの子もこれを見たら馬鹿なこともやめるかもしれないわね。
 こんなにも私に似てしまったのですもの。
 私はそう思って、お行儀良く座っているビクスドールに手を伸ばし、抱き上げた。

 なんとなく自分と同じ菫の瞳が嫌で、瞳を閉じた形に変更。

 えぇ。
 これでいいわ。

 少し満足して、それをローテーブルに戻す。

 ――――ドガーン

 そんな音を立て、私の部屋の天井から壁が一部壊れてきました。
 天井に張り付いていた明かりはかろうじて無事ですが、私が人形をおこうとしていたローテーブルはぺしゃんこです。
 隣室はひどいありさま……。

 ……でも良かったわ。まだ手を離してなくて……。

 そう、ホッとした。
 で。
 天井の一部と共に降ってきたモノに目を向けた。

 降ってきたモノは、長くて美しい黒髪に藍色の瞳の女性。
 それと、変な……そうね…………。
 生き物って呼ぶのは変な感じだわ。
 だって、腐敗臭の様なものを漂わせているのよ?
 腹部から赤い何かを『だらりとたらして』?
 いえ。
 これは『引きずって』? いるし……。

 まぁ、そんな感じなの。
 で。
 顔は骨みたいになっていて、皮? みたいなのが顎? それとも首? にぶら下がっているわ。
 これは【生き物】って分類で良いのかしら?
 そう思いながらそれを見ていた。

「チッ……。しぶといわね」 

 そう言ったのは落ちてきた女性。
 これに生き物かな何かわからないものが、低く唸った。
 その唸り声は屋敷中に響いたようで、部屋の扉がノックもなく。
 勢い良く開いた。

「「「「お嬢様っ!!」」」」
「「「「姫さんっ!!」」」」
「「「姫様っ!!」」」

 血相を変えたテノールと双子、バリトンだけでは無く。
 彼らの部下が血相を変えて部屋に飛び込んできました。
 その中には料理長の部下もいます。
 身重の料理長が居ないことにホッと安心しました。

「あら、皆。どうしたの? そんなに慌てて」

 なにやら青ざめている皆。
 何かしら?
 そう思っていたら、頭上に影が差した。
 変ね?
 だって、四号がつけてくれた明かりは無事なはずなのに。
 なんて思いながら、明かりを遮った何かを見上げた。

 落ちてきた低く唸る、腐敗臭の様なモノを漂わせる生き物が正面で歯を見せています。

 犬歯がとても大きくて鋭いわ。
 これで噛まれたら痛そうね。

 なんて考えていたら、黒髪の女性が魔術を展開するよりも早く。
 テノールと双子、バリトンが動いた。

 四人はそれからどこかにいったようで、居なくなったの。
 どこに行ったのかしら?

 そう思っていたら、落ちてきた生き物がばらばらになって床に落ちた。

 次の瞬間。
 その生き物は淡く発光して、小さな犬に姿を変え。
 可愛らしく、一階だけ吠えて消えた。

 なんだったのかしら?
 今の……。

「ねぇ、テノール。今のは?」
「………………」

 沈黙し、目を逸らすテノール。
 彼が言いたくないと言外に訴えてきたので、双子に問うけれどその双子もまた、沈黙。
 だからバリトンに目を合わせる。
 これに彼は気まずそうにして、頬を掻いて困った顔で笑った。
 だから彼らの後ろ。
 使用人をしてくれている皆に目を向けてみた。
 でも。
 反応はテノールたちと同じで、沈黙を返してきた。

「皆、教えてくれないの……?」

 どうして?
 皆は分かっているのでしょう?
 なのに、教えてくれないの?

 ……私。
 今まで生きてきてこんな生き物は初めて見たのに…………。

「…………えっと、良いかしら?」

 突然聞こえた声。
 それがした方に目を向けると、そこにはさっき降ってきた女性が居た。
 なので『はい、なんでしょう』と声をかけると、女性は屋敷を破壊したことについて謝罪して、その壊れた場所を直してくれたの。
 だから素直に礼を言うと、その女性が急に抱き着いてきました。

 なぜかしら……?

 ―――――――――

 ――――――
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ