挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
名門貴族の変嬢 作者:双葉小鳥

第二章 元、名門貴族な居候

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

28/104

第九話 苦笑

 泣いている間、四号はただ黙って頭を撫でていてくれた。
 そんな彼の優しさに甘えてしまったのが…………少し、恥ずかしい……。

「ありがとう、四号。忙しいのに手間をとらせてしまってごめんなさい……」
「なぁに、姫さんが気にするほどの事でもねぇさ。俺が抜けたくらいでまごつく訳もないですしね」 

 へらっと笑う優しい四号に、ついつい苦笑した。
 だって。
 この今の時間はお昼前。
 調理場はとても忙しい時間なのよ?
 きっと料理長代理の一号に叱られちゃうわ……。
 ……そんなの絶対だめ。
 だって、私が引き留めてしまったようなものなんですもの……。

「四号。私も調理場に一緒に行くわ」
「え? なんでですか?」

 きょとんとする四号。
 …………そう言えば私。
 彼がへらへら笑っている顔以外、あまり知らないのね……。
 ……もう、彼が賊だったなんて事実を疑いそうなほどにね。

 て。
 今はそんな事考えてる暇じゃないわ。
 このままだと四号が……。 

「なんでって……私のせいであなたが一号に叱られちゃうわ」
「え? あ、あぁ。それなら心配ご無用ってもんです」
「何を言っているの?! 『一号怒らせたら怖い』って料理長が言ってたのよっ!」

 以前。
 料理長が一号の愚痴を零していて。
 私はそれを聞いて、優しくておいしい料理を出してくれる調理場の皆(と言う名の、料理長の部下)。
 そんな彼らの中で特に、一号だけは怒らせないようにしようと心に決めたほどなのよ?

「あ。俺、いつも抜け出してるんで」

 ハラハラする私とは対照的に、四号はいつものへらへらとした笑みを浮かべ、そう言ったの……。

「…………それも、どうかと思うわよ……? 四号………………」
「ははは! 見逃してくださいね? 姫さん」

 笑う四号。
 でも、そんな彼に怒りと言った感情は浮かんでなんて来ない。
 代わりに笑みがこぼれた。

「……もう。しょうがないわね……」
「ありがとうございます。じゃ、今日は俺は姫さんのために菓子でも焼くとしますかね」
「ふふ。ありがとう。いつも楽しみにしているわ」
「んじゃ。今日の担当は俺なんでリクエスト、聞きますよ。何が食いたいです?」
「え? そうね……カップケーキ――」
「に、『クリームなしの素朴なの』とか言うんでしょう?」
「………………なんで分かったの……?」
「俺が聞いたらいつもそう答えるの、どこの姫さんですかね……?」
「…………………」

 笑いつつ、そう言ってきた四号に沈黙を返す。
 まぁ、間違いなく私の事をいっているのよね……。

「ま。姫さんが言いそうなことぐらい、想像つきますよ」

 へらっと笑う四号は、それだけ言って部屋を出て行った。
 私は彼を見送って、ベッドに座ったまま。
 ミリーについて、考えることにしました。


 ――――――――

 ――――――
読んで下さり、誠にありがとうございます。
評価とお気に入り、ありがとうございます。
気になってくださっている方が居て下さると言うことが分かって、嬉しく思っています。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ