挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
名門貴族の変嬢 作者:双葉小鳥

第二章 元、名門貴族な居候

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

20/104

第一話 使用人の種類

新章突入、しちゃった……。orz
 広い屋敷。
 廊下は迷路のように入り組み。
 私の部屋は二年前からこの屋敷の中心。
 だだっ広くない、程よい広さの室内。
 私はこの広さが好きよ。
 寂しくないもの。
 ただ残念なのは窓がなく、朝も昼も蝋燭が無ければ暗くて何も見えないし、四季の移ろいを感じられないということだけ……。
 私はせっかく庭師が整えてくれている庭がみれないから、この部屋にあまりいない。
 なので、この部屋は基本的にベッドルームね。
 などと考えながら、私はリビングに向かう。
 リビングは大きな窓があり、庭が一望できるの。
 素敵でしょう?
 誰が考えてくれたのかなんて、分からないけどね。
 私は黙々と迷路のような廊下を進む。
 時折、使用人に会うから、挨拶を交わす。
 ついでに使用人は三つの種類に分けられるわ。

 一つ目の種類。
 愛想の良い、メイドと使用人。
 薬とか、病気、怪我に詳しい。

 二つ目の種類。
 顔とか体に大小さまざまな傷があって、料理長を『長』と呼ぶ、料理長の使いっ走りたち。
 名前は番号。

 三つ目の種類。
 【返事をしない。無表情】がデフォルトな、目つきの鋭い使用人および庭師。
 数名、返事を返してくれて、つつましく微笑む綺麗なメイドさん……。


 …………お気づきでしょうか?
 一つ目がテノールの手下で、二つ目が料理長。
 三つ目がルシオとゼシオの手下だということを……。

 ついでに、皆。
 ファスティ家に居た人たちなのよ……。

 勝手な推測だけど。
 テノールの手下は闇医者とか、薬師だと思うの。
 料理長と双子の手下はそのままだと思うわ。

 て言うか!
 どうして私、いつでも殺せるポジションに居るのかしら?
 使用人たちは、四人に忠誠を誓っていたとして!
 私はどうなるの?!
 違うの?
 ねぇ、やっぱり違うのかしら?
 嫌よ、私。
 後ろからブスリとか、ドスリとか……。

 なんてね!
 嘘よ。
 嘘。
 とか思って振り返ってみた。

 …………鋭く銀色に光る何かを所持した人が居ました。 


「あら? どなたかしら?」

 顔に布を巻いて、目元しか出ていないけれど……。
 『暗殺者です』
 なんて言わないでよ?
 お願いだから……!
 私の顔引きつってるから!!

「この館の主人だな」

 そう言った声は男。
 バリトン、かしら……?
 でも『この館の主人』なんて、誰かしら?
 私、テノールたちが作ったこの屋敷に居座って、金持ち相手に商売しているだけ。
 この場合は、どうなるのかしら?

「さぁ……少なくとも私じゃないわよ? だって私、この屋敷で勝手に金持ち相手に商売して、使用人の人たちにお給金を出してるだけだもの」
「………………」
「あら? どうしたの? 急に黙って」
「…………馬鹿なのか」
「え? 何……? 小さくて良く聞こえなかったわ」
「……もう一度聞く。この館の主人だな」
「いいえ。違うわよ? さっきも否定したでしょう?」
「……では質問を変えよう。金持ち相手に商売をしているのは、お前か…………?」
「えぇ。さっきそう言ったでしょう? あなた、耳でも悪いの?」

 声からして若いと思ったのだけれど……違ったのかしら?
 でも若くて耳が遠いのは可愛そうね。
 お医者様を呼んであげようかしら?

「…………………はぁ……。興が冷めた」  
「あら、寒いの? だったら温かいお茶でも出してあげるわ。こっちよ」

 そう言って、私はバリトンボイスな彼の手を引いた。
 彼はなぜか驚いていたけれど、手に持っていた凶器はどこかにしまって、私に引かれるままについて来る。
 だから私は彼に問う。

「ねぇ。あなた、なんて名前なの?」
「………………」
「……………………」
「………………………………」
「………………あなたも無言で何か言いたいの? でも、ごめんなさいね。私、あなた達みたいな人は初対面だと何を考えているのかなんて、分からないのよ」


 だから数日一緒に居たら『何を考えているのか』とか、『何がしたいのか』が分かるのだけど……。
 ちなみに、この屋敷に居る使用人はたいてい『何を考えているのか』、とかは分かるわ。
 でも。
 本当にそうなのか、自身はないのだけどね?
 ルシオとゼシオは絶対間違ってないって自信はあるわ。
 彼らほどわかりやすい者はいないわよ……。


「…………それはそれで恐ろしいぞ?」
「あら、そう? でも、一緒に居たらわかる様になるじゃない?」
「……あぁ。そうだが…………もういい。手を離せ」
「え? これからお茶に付き合ってくれるのではないの?」
「………………誰が付き合うと言った」
「? ついて来てくれているし、凶器もしまってくれたじゃない」
「…………俺は帰る」
「良いじゃない。少しくらい……付き合ってくださらない?」
「嫌だ」
「もう、酷いわ……。テノールと料理長、双子。メイドに使用人、庭師。皆、私とお茶してくれないのよ? あの子が居たら――」

 そう言って。
 微笑みを浮かべ、紅茶を入れてくれていたミリーを思い出し、ジワリと視界がかすんだ。
 嗚呼、いけない。
 別れて二年もたつのに、まだ悲しいなんて……。

「ごめんなさい、何でもないわ。ただ、誰も話し相手をしてくれないの……だから少しだけ、少しだけで良いの。話し相手をして下さらない?」
「…………はぁ……良いだろう…………」

 バリトンボイスの彼が付き合って下さるのですって!
 嬉しいわ。
 最近。
 皆、忙しそうで私の相手までしていられないって感じだったんだもの。 
 だから。
 大金を落としてくれる豚――じゃなかった、良い金づるとしか会話がなかったのよ?
 ……普通の話がしたかったの。
 たわいもない話が、ね……?
読んで下さり、誠にありがとうございました。
リスティナが落ち着いてくれなかったので、続けちゃいました……。
もう勢いです。
『うらぁぁぁあ』って感じです。(笑)

進む方向性は、【彼女の日々】。
ほのぼの、のらりくらりです。

もう一話続きます。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ