挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
名門貴族の変嬢 作者:双葉小鳥

第一章 名門貴族の変嬢

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

17/104

第十七話 別れ

「そ、そなたたちは……? っ……?! その娘はっ…………!」
 ベッドで上体をお越し、震える声でそう告げた陛下。
 私はスッと膝をつき、頭を垂れた。
「ご無礼をお許しください、陛下。彼女は記憶と、二年もの年月での成長を封じられております。解除を試みたのですが、私の力では不可能でした」
 じわりと目が熱くなり、鼻の奥が痛い。
 それを必死に抑えて、涙が出そうになるのを堪え、続けた。
「なので、どうか……どうか、彼女にかけられている術を、解いていただきたいのです」
 上手く言葉が見つからなかったわ。
 でも、言いたいことは言えたと思う。
「…………分かった。最善を尽くそう」
 心強いお言葉をいただけた。
 陛下のお言葉が嬉しくて、堪えていた涙がこぼれ。
 床に落ちた。
 ………………これで、私の役目も終わり……。

 そして。


 私は殺されたくないから…………【リスティナ・ファスティ】を殺して、この国を出るわ……。


 だからミリーに会えるのも、これで最後……。
 だって彼女はこの国の王女様。
 私は名門とはいえど、ただの貴族。
 王族の方々から見れば、ただの臣下。
 ……これまでのように、親しい間柄であってはいけない。

 私は陛下の許しを得ずに立ち上がる。
 そして、彼女を抱きしめた。


「【起きて。ミリー】」

 耳元に小さく囁きかけると、ミリーは小さく『んぅ……』と呻いて、ゆっくりと目を開けた。
 だから抱きしめるのをやめて体を離した。

「りぃすぅ……? どーしたの?」

 目をこすりつつ、ぽやんとした様子で問いかけて来たミリー。
 私はそんな彼女が微笑ましくて。
 つい微笑んで、彼女をまた、抱きしめた。

「ミリー。私、あなたのことが大好きよ。愛しているわ。私の可愛いお姉ちゃん」
 笑顔を浮かべて言って、すぐにミリーの肩に顔を押し付けた。
 そうしたら、ミリーが酷く狼狽えたわ。
「え? リースと私、同い年だよ……?」
「…………いいえ。違うわ、違うのよ……。ごめんなさい、もっと……もっと、早く、気づいていれば……っ…………」


 こんなに……こんなにも、離れるのがつらいなんて…………思わなかったはずなのに……。

 別れたくないわ。
 離れたくないのよ……。
 姉のように、妹のように大切な……家族と…………。

「え、な、なんで。なんで泣いてるの? リース」

 良くわからないと狼狽えているミリー。
 私は……そんな彼女に『さよなら』を告げなければいけない………。
 だからせめて、最後くらい…………笑顔で……。
 そう考えて私は彼女から離れ、料理長の傍に向かった。

「え? なんで……?」

 酷く戸惑ったようなミリーの声が聞こえた。
 理由は分かっているわ。
 私が、ミリーがついてこれないよう、彼女に足止めの術を使ったからよ。
 後。
 料理長に何も言っていないのに、彼女はさっき展開させたモノと同じ術を展開させていたわ……。

 本当、良く気がつくんだから…………。 

 なんて思いながら、彼女の陣の上に向かい。
 ミリーを振り返る。
 そうしたら。
 戸惑い、泣き出しそうな顔のミリーと目があった。
 だから。
 私はいつも通りに、笑顔を浮かべた。
 上手く出来たのか、なんて分からない。


「さようなら、ミリー。幸せになるのよ」

 そう私が告げるとともに、料理長が術を発動させ。
 私の言葉に絶望の表情を浮かべたミリーを置いて、私たちは屋敷の私の部屋に戻った。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ