挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
名門貴族の変嬢 作者:双葉小鳥

第一章 名門貴族の変嬢

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

12/104

第十二話 足音

「「…………」」
 二人の表情は変わらず固い。
 どうやら、私を見極めようとしているようね……。
 まぁ。
 いくら見ても、私は私。
 変わりはないのに……。 

 ――――ぱたぱた。

 扉の無くなった入り口から聞こえた、遠く、小さな音。
 私はそれがミリーのモノだと分かった。
 ……まぁ。
 あの子ぐらいなのよね……。
 こんな足音たてるのって…………。 
 第一。
 父様も母様も走ったりなんてしないし、屋敷の使用人たちにおいては、足音なんてたてないもの。
 …………変ね。
 私。

『一大事以外、走るなんてみっともない事してはいけません。優雅に歩きなさい』

 と。
 教えてはずなのですが……。
 ま、まぁ、今は忘れます。
 聞かなかったことにしますわ……。
 それより。
 テノールと料理長よ。
「返事は早い方が良いわ。……詳しくはまた後で話すわ」
 私がそう言って、口を閉ざしたと同時に、ミリーの足音が近くに来た。
 だから話をかえましょうね。
「ねぇ料理長。私ね、明日。あなたの作った【びっくりディナー】が食べたいわ」
 私は静まり返っていた室内を和ませるように、いつものように笑顔で笑った。
 これにテノールと料理長が、なぜか安堵の表情を浮かべたわ。
 なぜかしら……?
「あぁ。もちろんだ。腕によりをかけて作ってやる」
 ニコリと笑った料理長。
 ……やっぱり、その辺のボンボンがみたら失神すると思うわ…………。
 まぁ、私は見慣れてしまったのだけれど……。
「お嬢様。まったく貴女は、なんでまた、起きて早々にあんなゲテモノ料理を……」
 呆れ顔なテノール。
 でも、その顔はすごく優しい。
「あぁん? んだゴラ! あれのどこがゲテモノだってんだ? あぁ?」
 眉を吊り上げた、がらの悪い料理長。
 ……何度も言うけど、顔が怖いわ…………。
 そして怒ってる雰囲気がだだ漏れ……。
 って。
 こらこら!
 廊下から小さな悲鳴が聞こえたわよ?!
 そして一つだった足音が増えたわ!!
「チッ……雑魚が…………」
 と、料理長。
 苦笑するテノール。
 このことから、料理長の手下と判断したわ。
 きっと調理場でこき使われてる何号かの人ね……。
「たっだいま~! りーいす~ぅ!」
 とか考えてたら、ミリーが戻ってきた。
 そして笑顔でベッドにダイブしてきたわ……。
 ……楽しそうね……ミリー…………。
 私は、近いうちに自分の首が飛びそうで怖いわ……。  



 ………………………………。

 ………………なんてね。

 嘘よ、ウソ……冗談。

 …………まぁ。
 このままだと私。
 九分九厘、首が飛ぶのだけれど……。

 綺麗な青い空を舞うの。

 ……それだけは遠慮したいわ…………。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ